ニュース
» 2013年10月18日 10時00分 公開

このマンガを読んで人生で初めてファンレターを書きました 第6回「ひまわりさん」虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!(1/2 ページ)

「日常系」「空気系」などと呼ばれるマンガのなかでも社主イチオシ。声を大にして「読め!」と言いたい、そんな作品です。

[虚構新聞・社主UK,ねとらぼ]
画像

 ねとらぼ読者の皆さん、こんにちは。虚構新聞・社主のUKです。

 2004年に開設した本紙「虚構新聞」ですが、おかげさまで今年4月で9年を迎えました。「もう9年書いてるんですよ」と話すと、「そんなに昔から!?」と驚かれる方も多いです。

 本紙は元々友人に読ませて楽しむつもりで立ち上げた内輪サイトだったのですが、どういうわけか、開設半年後の12月、すでに廃刊した某ネット系雑誌のランキング企画で、当時すでに超有名テキストサイトだった「僕の見た秩序。」さんなどを押さえて、テキストサイト部門金賞をもらうという奇跡の大金星を挙げてしまい、社主自身も何だかよく分からない方向に進みつつありました。

 せっかくの金賞受賞と、その上「更新支援金」として賞金3万円をいただいたにもかかわらず、その後は初代iPod touchをいじるのが楽しすぎたあまり、半年間記事を更新せずに放置するなど、管理はいい加減なまま。まさに「更新支援金とは何だったのか」状態です。

 今ではGoogle先生に「虚構」と入力するだけで、検索結果のトップに本紙サイトが表示されるまでになりましたが、まあとにかく何か野心があってサイトを作ったわけではないということです。本紙の成り立ちについてはいつかどこかでお話しする機会でもあればよいのですが、今回はひとまず脇に置いておきます。

 そんなこんなで社主本人の意図とは関係なく、勝手に育っていった感の強い本紙ですが、最近は広告掲載の問い合わせや、記事へのクレーム対応など、執筆以外の仕事も増えてきました。最近は「そういう雑務を引き受けてくれる秘書の1人でもいれば……」と夢想する日々です。

 そんなわけで、本紙秘書としてどういう人に来てもらいたいか、その条件をリストアップしてみました。

  1. 残念気味な黒髪ロングメガネ女子
  2. 自然体で飾らない性格
  3. クールビューティー
  4. でも意外に感情豊か
  5. 頭が良い
  6. 猫好き

 「……んー、他に何があるかなあ」と、あれこれ考えているうちに、社主は気づいてしまったのです。

これ、ひまわりさんや!

 思わず関西弁が漏れ出すほどでした。そうなのです、社主が今必要としているのは、ひまわりさんその人だったのです。

 読者「(誰だよ、ひまわりさんって……)」


長い前振り失礼しました

 ……と、長い前振りでしたが、今回取り上げるのは菅野マナミ先生の「ひまわりさん」(1〜4集、以下続刊)。連載誌は「月刊コミックアライブ」(KADOKAWA)です。

ストーリー紹介

 学校のまん前に建つ古くてちいさな本屋さん「ひまわり書房」。店主の「ひまわりさん」がいつでも迎えてくれるその書店に、今日も誰かが尋ねてくる…。本と本屋に集まる人たちをめぐるハートフルストーリー。


画像

 本来ならば、連載第1回で取り上げるつもりだったほど、今の社主にとっては「マンガ=ひまわりさん」という等式が成り立っているのですが、この第6回まで紹介を我慢したのは、10月23日に待望の第4集が発売されるこのタイミングを狙ったためでした。

 この連載タイトルにもあるように、社主としては毎回「読んでみろ!」と声を大にして主張してはいるものの、やはり何か具体的なきっかけがないと読もうという気にならない人が多いのも事実。なので、今月の最新刊発売をそのきっかけとして、ぜひぜひ読んでみてほしいのです!


 「何だ、記事風宣伝か」と思ったかもしれませんが、そうではありません。どれくらい“そうではありません”かと言うと、社主が人生で初めて作者・菅野先生にファンレターを送ったほか、応募者全員サービス「ひまわりさんから年賀状」に申し込んだほど“そうではありません”。何度も言うように、これはガチなんです(ちなみに、この年、社主に届いた年賀状は、ひまわりさんからと、送付確認用として自分で自分にあてた2通だけでした)。


「日常系」「空気系」と呼ばれるジャンルです

 さて、そんなわけで内容紹介に入りましょう。

画像 ひまわりさん(右)とまつりちゃん(左)

 本紙秘書としてぜひお迎えしたいひまわりさんは、「ひまわり書房」の店主さん。「ひまわりさん」の呼び名はこのお店の名前からつけられたもので、本当の名前はまだ謎のままです。そんなひまわり書房にはほとんど毎日、お店の向かいにある高校から1人の女子高生がやってきます。

 その女子高生とは風祭まつり。ひまわりさんに一目ぼれしてからというもの、ひまわりさんに会うと所構わず「好きだあああああああ!」と叫んでしまう、クールなひまわりさんとは対照的な元気少女。その空回りっぷりは、運動音痴とも相まってしばしばひまわりさんを当惑させるものの、自分にはないまつりの率直さに多々気づかされるところもあるようです。

 このマンガは、そんなひまわりさんとまつりの2人を中心に、ひまわり書房の日常を描いた作品。ケンカや争い、憎しみのようなネガティブな場面はほとんどなく、この小さく、そして少し古ぼけた書店の中で起きるゆったりとした毎日を眺めるようにして愛でるのが大きな特徴です。

画像

 こういうジャンルの作品を、最近では「日常系」「空気系」などと呼ぶのですが、ひまわりさんはその中でもストーリーに起伏があるタイプの作品です。そもそもなぜ彼女は「ひまわりさん」と呼ばれることになったのか。読み始めたときから誰もが抱くこのような疑問も物語が進むにつれ次第に明らかになっていきます。

 最初はひまわりさんとまつりだけだった登場人物も、ストーリーが進むにつれ、まつりの妹・風子やまつりの同級生、近所の子どもたち、ひまわりさんの兄でラノベ作家の黒井里先生、そして初代ひまわりさんなどが続々登場。ひまわり書房だけだった舞台も、温泉旅行に行くなど少しずつ世界が広がっていきます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」