ニュース
» 2014年01月06日 11時00分 公開

廃道家、石井あつこさんによる「廃道」見学ツアーで「歴史」と「山」を存分に味わって来た

密かに話題のスポット「廃道」。その見学会に喜び勇んで参加した筆者が体験することになったのは、本物の歴史、そして、山だったのです……。

[種子島健吉,ねとらぼ]

ツアーでは、群馬の廃道スポット2つを見学

 みなさんこんにちは。フリーライターの種子島健吉です。今回、私は以前インタビューした廃道家の石井あつこさんがガイドを務める廃道見学会に参加してきました。

※「廃道」は観光地ではありませんので、訪れる場合は自己責任となります。今回のツアーでも、参加者は足回りを固め手袋を着用しています。ハイキングではなく、登山の装備です。隊列の前後にはスタッフがおり、遭難者が出ない配慮もされていました。

 見学会当日は、東京都江東区にある古石場文化センター(センター内には、区ゆかりの映画監督「小津安二郎紹介展示コーナー」もあり)の近くに集合しました。今回の見学会、センターが主催する講座「廃道を往(ゆ)く」の一環で講座と見学会がセットになったイベントなんです。

廃道 講座で廃道について解説中の石井あつこさん

第1見学地、幻の明治隧道「数坂隧道」

 さて見学会当日、バスに乗り込むと石井さんが本日の行程を説明してくれました。まず、群馬県沼田市、国道120号線椎坂峠(しいさかとうげ)の2世代前の道である「数坂隧道(かっさかずいどう)」に向かうとのこと。

廃道 ガイドは、廃道家の石井あつこさん。前職が某メーカーの工場見学ご案内係だっただけに、説明が分かりやすい。「廃道」初心者でも安心だ

廃道 筆者のラクガキのような地図で恐縮だが、第1見学場所は「数坂隧道」だ


大きな地図で見る
なんとなくこのへん

山の中に「隧道」へ続く失われた「峠道」が!

 高速道路を走ること3時間あまり、最初の見学地である「数坂隧道」へ続く廃道の入口に到着しました。ちなみに隧道とはトンネルのことです。

 石井さんを先頭に参加者のみなさんが山の中へ踏み込んで行きますが、かなり険しい。ついていくのがやっとです。

廃道 道路脇に「廃道」への入口が!

種子島 あの……険しい「ヤマ」しか見えないんですが、ここに廃「道」があるんでしょうか?

石井 地図には一度も記載されなかった、明治の道の痕跡をたどっています。倒木があるので険しいように感じますが、勾配は意外とゆるいでしょう? 車馬を通すためにゆるやかに造ったのでしょうね。

廃道 地図には一度も記載されなかったという、明治の道の痕跡をたどって行く

 ゆるやかといっても運動不足のため息が上がりがちな筆者。最後尾付近をついて行くと、みなさん立ち止まりました。何かあるようです。

廃道 峠道(廃道)の途中に忽然と現れた地蔵

種子島 これはお地蔵さんですか? あ! 頭がない!!

石井 台風などで倒れたりしたときに破損したのでしょう。急死した馬をまつっていることが多い、馬頭観世音があるということは、本当にここが昔から使われていた道だという確信がもてますからうれしいですね。

廃道 峠を越える明治の人々を見守り続けていたであろう、地蔵の頭部はなくなっていた

119年前の忘れ去られた「隧道」が出現!

種子島 あ! いま木々の合間にグレーのものが見えたような……。

廃道 木々の間に何かグレーの石のようなものが見える

廃道

石井 着きました! これが「数坂隧道」です。おおかた竣工(しゅんこう)したところで崩れてしまい失敗してしまったという幻の隧道です。

種子島 でも、こじんまりとしてますね。なんか地味というか……。

石井 石積みが美しいじゃないですか。扁額(へんがく)もぜひご覧ください。

種子島 扁額というのは字が書いてある石ですね? 「数坂隧道」って書いてありますね。

石井 反対側も見てください。

種子島 明治二十七年!!

廃道 トンネルの向かって左に刻まれていたのが「明治二十七年」の文字

廃道 そして、右に刻まれていたのは「数坂隧道」の文字

石井 明治27年、いまから119年前にここを車馬が通れる道にしようと、熱い思いで工事に携わった人々がいたんです。いまは利根村史に数行の記録しか残っていませんが……。

種子島 よく見ると100年以上もの風雨で、石の表面が削られていますね。開通していれば、国道になっていたかもしれないのに……。

石井 数坂隧道工事の失敗後、北にある栗生峠(くりうとうげ)に隧道が作られて、大正9年に開通しました。その際、数坂工事の発起人の方が寄付や応援をしたそうです。当時の人々の村の発展を願う気持ちを想像すると、胸が熱くなりますね。

廃道 急斜面のため今回のツアーからは外されていた峠の向こう側には、反対側の入口工事の跡も残っている。この画像は2011年9月に石井さんが撮影したものだ

第2見学地、身近な廃道「迦葉山隧道」

 次に向かった廃道ポイントは県道266号線付近にある「迦葉山隧道(かしょうざんずいどう)」です。

石井 第2見学地の「迦葉山隧道」は、気にしなければ通り過ぎてしまう日常の風景の中にある廃道です。そんな身近な「廃道」の魅力に触れてみてください。

廃道 「迦葉山隧道」のだいたいの場所はこちら。再び、筆者のラクガキみたいな地図で恐縮ですが……


大きな地図で見る
だいたいこのへん

「迦葉山隧道」は道ばたにあった!

 どんな感じで日常の風景なんだろう――? バスを降りて、道路を横断したら、そこは「迦葉山隧道」でした。今は倉庫になっているんですね。

廃道 トンネルは塞がれて、倉庫として使用されている

廃道 かたわらの石碑には「明治三十九年」という文字が見える。明治39年は西暦1906年だから、107年前「迦葉山隧道」が現役だったことが分かる

種子島 でも、反対側の入口はどうなっているんでしょうか?

石井 やっぱり気になりますよね? みなさんこちらへどうぞ

 道路を150メートルぐらいでしょうか。進んだ先に、道の跡のようなものが出現しました。右にUターンするようにその場所へ入って行きます。

廃道 右側にトンネルの反対側の入口が、左側に何か赤白の丸いものが見えてきた

廃道 近寄ってみると朽ちた道路標識だった! 確かにこれは「廃道」だ!!

 草を踏み先へ進んで行くと、やはり塞がれたトンネルの反対側の入口がありました。そして、その前には倒れてさびた道路標識が……。今は倉庫となったトンネルと、そのトンネルが廃止されたために不要となった廃道を確認して、100年もの時間をさかのぼった廃道見学会はこうして終了したのでした。


 「廃道」は、登山道のように整備されておらず安全ではありません。でも、発売予定のDVD「廃墟賛歌 廃道ビヨンド」(ハピネット、2014年3月4日発売、3990円)なら誰でも安全に「廃道」を見ることができます。

廃道 今回、ガイドを務めた石井あつこさんほか、平沼義之さんも出演。ロケ地は神津島、元名石切道など

廃道 神津島

廃道 元名石切道

廃道 入川森林鉄道

(C) 2014 O-PROJECT ALL RIGHTS RESERVED.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」