インタビュー
» 2014年01月23日 10時00分 公開

美味しい日本酒で酔っ払った女の子――「酩酊女子」の世界へようこそ『酩酊女子 〜日本酒酩酊ガールズ〜』著者インタビュー(1/2 ページ)

冷え切った心にお酒で火を灯そう。酩酊女子とともに。

[あびこ,eBook USER]

 酒への情熱が高まるこの時期――そんな中、お酒に酔った女子とともに日本酒を紹介する書籍『酩酊女子 〜日本酒酩酊ガールズ〜』(ワニブックス)が1月25日に発売される。

 「酩酊女子」の仕掛け人である人気イラストレーター・漫画家のアザミユウコさんと、作中「むむ先生」として登場する日本酒ライター・料理漫画研究家・醤油研究家の杉村啓さんにお話を伺った。

酩酊女子 〜日本酒酩酊ガールズ〜 酩酊女子 〜日本酒酩酊ガールズ〜

―― 最初に『酩酊女子』を出版されるまでのいきさつを。アザミさんが同人誌を作り始められたのはどういったことがきっかけだったんですか?

アザミ もともと、自分の作品を発表する目的で漫画を中心とした同人誌を10年以上作っていました。ジャンルも現在の「飲食」ではなく、まったく別の創作漫画で。

 そんな中、実家が酒屋を営んでいる友達に誘われ、「新潟酒の陣」(新潟酒の陣公式サイト)というイベントにたまたま参加しまして、「あ、日本酒美味しいな」と。

 だけど、周りを見渡してもそれほど日本酒を飲む人はいなかったんですね。わたし、実家が新潟で、実家は普通に日本酒がある家でしたので、実家では飲むけど、ほかで一緒に飲む人はいなくて……という感じでした。こんなに美味しいものがあるなら、それを気軽に紹介できる本を作れないだろうか……というところから『日本酒酩酊ガールズ【新潟編】』という同人誌が産まれました。それを作ってしばらくして杉村さんと出会います。きっかけは――

杉村 確か初対面は「日本酒酩酊ガールズ【新潟編】」が出た後、吉祥寺の「にほん酒や」というお店だったと思います。当時アザミさんはまだご結婚されていなかったのですが、もともと旦那さんと僕とが友達で。にほん酒やさんでイベントがあったとき、お二人でいらしていたのでごあいさつし、3人でにほん酒やさんの外の席で飲んだのが最初だったはず(笑)

 そのときは、2011年の冬コミで出すことになる『醤油手帖』という醤油の同人誌をまだ作っていなかった記憶があるので、その前だったと思います。

 今は飲食系でもそういうスタイルの同人誌が結構出ているんですが、当時は女の子のイラスト&ショートストーリーと飲食を組み合わせた同人誌がほとんどなくて。そもそも日本酒同人誌がほとんどなく、日本酒というジャンルで女の子のイラストというのもなかったと思います。すごい同人誌だと、コミケの後で紹介されていた記事を見た後にすぐ買ったのを覚えています。

アザミ そのころはまだ、こういうイラストががっつりでたタイプの飲食本が少なかったんですよね。いまは本当にたくさん見かけるようになりましたが。

―― 飲食同人誌、日本酒同人誌の先駆けということですね。

アザミ そうですね。たぶん。もともと飲食系同人誌はありましたが、そこにイラストやストーリーを絡めるのは初めて、みたいな感じだったようです。

美味しいものを食べて幸せそうにしている女の子は、かわいい

―― その「酩酊女子」ですが、「日本酒女子」ではなく「酩酊女子」というテーマは独特で素敵です。どういった発想で生み出されたタイトルなんですか?

アザミ 1つは「語呂が良かった」。わたしは同人誌を作るときによくタイトルから決めたりするので、その流れで出てきた言葉ですね。「なぜ『日本酒女子』じゃないの?」というところで言うと、「酔っぱらった女の子はかわいい」というのがこの本の主軸だからかな、と思っています。

発泡純米酒 ねねゴールドで酩酊する女子 発泡純米酒 ねねゴールド 
鍋島 Harvest Moon 鍋島 Harvest Moon

―― 「美味しい日本酒で酔っ払った女の子」が重要だと。

アザミ そうですね。日本酒を知ってもらいたいという気持ちもありますが、それ以上に酔っぱらった女の子を愛でよう! というのが大きいです。あわよくば日本酒も一緒に愛でて、その娘と一緒に日本酒飲んでね! という気持ちで同人誌を作っていました。だから、酩酊女子制作委員会の本は、日本酒紹介本ではなく、「酩酊女子と日本酒を愛でる本」と考えています。

―― なるほど。わたしは酩酊するとでろんでろんになってしまうんですけど……。これも酩酊女子と呼べますか……? 

杉村 お酒に酔って上気すると色っぽくていいですよね。まあたいてい僕の方が先に酔っ払うので、酩酊女子を愛でるころには日本酒でこっちもよく分からなくなっているのは内緒です(笑)。

アザミ 普段、見せない部分がちらっと見えたりするところがわたしは好きです。リラックスしたときにだけ見えるその子の魅力的な。普段は冷たそうなのに、飲むと柔らかくなって感情が表に出てきたりとか。

杉村 料理漫画の最近のトレンドにも通じるんですが、美味しいものを食べて幸せそうにしている女の子は、かわいいんですよ。

アザミ そうそう、幸せそうなのもいいですよね。おいしいもの食べて飲んで、難しい顔してる人ってあんまりいないですし。料理に日本酒を入れるとおいしくなるように、女の子に日本酒を入れても美味しくなるんですよ……!あっ、妄想がだだ漏れました(笑)

―― 素敵な回答ありがとうございます(笑)。料理やお酒で女の子が気軽に幸せになってくれる、幸せそうにしてくれる、というのが重要なんですね。日本酒も美味しい、女の子も幸せそう、と一石二鳥であると。

アザミ そうです。一石二鳥、これ大事です。女の子もおいしくてお酒もおいしいんです。みんな幸せなのです。

杉村 みんな幸せは大事ですね!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」