ニュース
» 2014年02月10日 17時03分 公開

前日の大雪の影響を受けるも、会場は熱気に包まれていた「ワンダーフェスティバル2014[冬]」をリポート

今はいい思い出としましょう。

[種子島健吉,ねとらぼ]

 ワンダーフェスティバル2014[冬]が、2月9日に幕張メッセ(千葉県)で開催されました。前日に降った雪が会場付近にもたっぷり残っていたわけですが、その影響で道路は渋滞し、電車も運休か遅延は当たり前という状態に。筆者も午前10時会場着予定で出発したものの、到着してみるとすでに午前11時30分というありさま。

 それでも、搬入、準備をしなければならなかった出展者のみなさんに比べればなんということもなかったんです。ちょっと話をうかがっただけでも、前日夕方にクルマで帰路についたまではよかったものの渋滞のため帰宅できたのが朝になってからだったとか、前日搬入は断念して、当日トラックではなく四輪駆動の普通車に積めるだけ積んで来たものの販売予定のものがすべて持ち込めなかったなどなど……。一般来場者にも出展者にも厳しい状況の開催となりました。

 とはいえ、雪が積もっているからといって来場者が少なかったかというとそんなことはなく、会場内は一歩進めば人に当たるといったいつもどおりの満員御礼状態で、会場の熱気もいつもどおりのワンフェスでした。

 それから、通常コスプレ撮影会場となるフリーゾーンは屋外で雪が残っていたため、幕張メッセの2階エントランスを入ってすぐの屋内が撮影会場に変更になっていましたので、コスプレイヤーさんは寒くなくてよかったかもしれません(関連記事)。

ワンフェス 海浜幕張駅を出ると、歩道橋の階段がスロープのようだった

ワンフェス コスプレ会場となるはずのフリーゾーンにも雪が積もっていた

ワンフェス コスプレ会場はエントランス付近に変更されていた

巨大連装砲ちゃんはじめ「艦これ」関連出展多し!

 今回のワンフェス、アニメ化も決定された、「艦隊これくしょん〜艦これ〜」関連の出展が目立っていました。WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!(MAX FACTORY&GOODSMILE COMPANY共同出展)ブースには巨大な連装砲ちゃんがそびえ立ち、アクアマリンブースには島風のコスプレイヤーさんに連装砲ちゃんの着ぐるみと「でっかい!連装砲ちゃん」フィギュア(4月発売予定、5400円/税込)、アオシマブースには「艦これ」仕様の艦船模型に加えて「雪風」(6月下旬発売予定、本体価格8500円/税込)と「伊19」(夏発売予定、本体価格8500円/税込)のフィギュア、タカラトミーアーツブースには、「加賀」「赤城」「白雪」「深雪」「吹雪」「初雪」「蒼龍」「飛龍」(春から秋発売予定、価格未定)の「ミクロマンアーツ」、シーズナルプランツブースには「金剛」「島風」などの「卓上ミニ傘」(各1500円/税込)と「ITAGASA」(各8000円/税込)の展示がありました。

ワンフェス 会場にそびえ立つ「連装砲ちゃん」

ワンフェス 直下からだとこの迫力!

ワンフェス 上には小さい「連装砲ちゃん」もいた!

ワンフェス ちゃんと「しまかぜ」の文字も!

ワンフェス あまりの巨大さに思わず笑みがこぼれる筆者

ワンフェス アクアマリンブースの島風のコスプレイヤーさん。後ろの連装砲ちゃんも実はオブジェではなく着ぐるみだ!

ワンフェス アクアマリンブースの「連装砲ちゃん」フィギュア製品を使用したジオラマ

ワンフェス アオシマの「雪風」フィギュア

ワンフェス アオシマの「伊19」フィギュア

ワンフェス タカラトミーアーツのミクロマンアーツ。右から「加賀」「赤城」「白雪」

ワンフェス タカラトミーアーツのミクロマンアーツ「深雪」

ワンフェス タカラトミーアーツのミクロマンアーツ。右から「吹雪」「初雪」「蒼龍」「飛龍」

ワンフェス シーズナルプランツブースの「卓上ミニ傘」

ワンフェス シーズナルプランツブースの「ITAGASA」

そのほかのユニークな展示

 もちろん「艦これ」以外にも、ユニークな展示もありました。エンブレイスジャパンブースのオリジナル・モーションコミック「黒の守り手」プロジェクトは、イラストレーター広瀬総士氏のオリジナルフィギュアシリーズを音声入りでコミカライズするというもの。コミックやアニメからフィギュア化されるという通常の展開とは違った、いわば逆展開プロジェクトです。各キャラクターは声優の小松未可子さん、中村繪里子さん、内田真子さんが担当します。

ワンフェス フィギュアからコミックへと逆展開するエンブレイスジャパンのオリジナル・モーションコミック「黒の守り手」プロジェクト

ワンフェス フィギュア「黒の守り手」シリーズの最新作(8月発売予定、価格未定)

 ダイシンブースでは「キャラマス」から「アイドルマスターシンデレラガールズ」の「神崎蘭子」「双葉杏」「諸星きらり」(各2500円/税込)を展示。通常のお面と違って、材質と造形にこだわられており触ると厚みがあるしっかりとした製品になっていました。

ワンフェス ダイシンの「キャラマス」、アイドルマスターシンデレラガールズの「神崎蘭子」「双葉杏」「諸星きらり」

 ユニオンクリエイティブインターナショナルのブースでは、進撃の巨人の「BRAVE-ACT 1/8 リヴァイ」と同「(お掃除版)」、そして、レンズカバーオープンギミック付きの「超硬質ブレード型 iPhone 5・5sカバー」(発売日未定、価格未定)が展示。

ワンフェス ユニオンクリエイティブインターナショナルの「BRAVE-ACT 1/8 リヴァイ」と同「(お掃除版)」

ワンフェス ユニオンクリエイティブインターナショナルの「超硬質ブレード型 iPhone5・5sカバー」

 海洋堂ブースには、第1弾が好評だったのをうけて「イモコレ!2 イモムシストラップコレクション第2弾」(各300円/税込)が、そして、またしても悪い夢を見てしまいそうなリアルさの「『進撃の巨人』絶望と反攻のヴィネット2」(各400円/税込)が展示。

ワンフェス 海洋堂の「イモコレ!2 イモムシストラップコレクション第2弾」

ワンフェス 好評ならば、第3弾も十分あり得るということなので期待したい!

ワンフェス 海洋堂の「『進撃の巨人』絶望と反攻のヴィネット2」

 タカラトミーアーツブースには、トランスフォーマーとメガドライブのコラボ、ミクロマンアーツ「MEGA DRIVE MEGA TRON」(夏発売予定、価格未定)が展示。

ワンフェス タカラトミーアーツのミクロマンアーツ「MEGA DRIVE MEGA TRON」

ワンフェス トランスフォーマーとメガドライブがまさかのコラボ!

ワンフェス 話題になった自由すぎる女神(価格200円/税込)も展示

ワンフェス

 ガイナックスブースには、ただの御当地ヒーローではないという特撮ヒーロー「大特撮巨編 ネギマン」(DVD、価格3000円/税別)の展示がありました。

ワンフェス ガイナックスの特撮ヒーロー「大特撮巨編 ネギマン」

巨大展示物も!

 最後に巨大な展示物を紹介しましょう。榊原機械の搭乗可能な巨大ロボ「LANDWALKER」は展示だけでなく、抽選による体験操縦会も開催していました。大日本技研、佐川電子コラボレーションの「ランドメイト ギュゲス」は下半身の着色もされ完全版が展示されていました。

ワンフェス 榊原機械の搭乗可能な巨大ロボ「LANDWALKER」

ワンフェス 体験会のために自走して屋外に移動する「LANDWALKER」

ワンフェス 大日本技研、佐川電子コラボレーションの「ランドメイト ギュゲス」。右に立つのはデュナンにふんするコスプレイヤーのShin'さん

※展示サンプルの仕様等は製品発売の際に変更されることがあります。価格表示は出展者の表示に準じています。製品の発売日によって、消費税率が変わることもありますのでご注意ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」