ニュース
» 2014年02月18日 09時00分 公開

熊鍋にトド刺しにダチョウ刺し! 珍肉が食べられる居酒屋「竜飛」に行ってきた

普段なかなか味わえない熊鍋やトド刺しといった珍肉が食べられる居酒屋を発見! そのお味は……?

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 人を襲うこともあり恐れられている熊。水族館や動物園以外ではなかなか見られないトドやダチョウ。そんな珍しい動物の肉を食べられる居酒屋を発見した。

 その店「竜飛」(たっぴ)は東京都北区志茂の七溜商店街にある。発見したのは開店前で、お店の張り紙には「猪鍋」「熊鍋」の文字が。猪鍋は割と聞くけど、熊鍋は味わったことがない。今までウサギ、ハト、カエル、鹿などの珍肉を食べてきた筆者としては、熊もいってみるしかないと、早速予約の電話を入れて行ってきた(ちなみに、熊鍋は45分ほど煮込む時間がかかるそうなので予約していくことをオススメする)。

開店前のお店には「猪鍋」「熊鍋」の張り紙
あらためて夜に訪問。店の外にまでにぎやかな話し声が聞こえてきて、相当盛り上がっているもよう

 のれんをくぐって入店すると、平日の夜とは思えないくらいにぎわい、席が埋まっていた。「熊鍋、もうちょっと待っててね!」。威勢の良い元気なママにそう言われ、しばし待機。

お通しのとろろのとんぶりのせ。「畑のキャビア」と呼ばれるプチプチした食感のとんぶりがとろろに絡んでおいしい

 メニューには熊肉だけではなく、ワニ刺し、トド刺し、馬刺し、鹿刺し、ダチョウ刺し、カンガルー刺しといった珍肉がほかにも。熊鍋を待つ間、トド刺しとダチョウ刺しを頼んでみた。待つこと10分ほど、待望の熊鍋が登場。

春菊がのっており、熊肉らしきものは見えないが……
おたまでかきわけてみると、熊肉、あった!
脂身があり、見た目は少し赤黒い豚肉のよう

 みそ仕立てなのでぱっと見は豚汁っぽい。くさみも全くない。では、器によそっていただきます!

近くで見ると肉の表面がゴワついて見えるけれど……

 熊肉を口に入れた途端、じゅわっと脂の甘味が広がった。肉も柔らかくてこれはおいしい! もっと獣臭いものかと思っていたので意外。ママいわく、「しっかり長時間煮込んでいるから臭くないのよ」とのこと。熊肉と言われなければ豚肉と間違えそうだ。大根、ニンジン、里芋、白菜、タマネギ、しいたけ、と、野菜が具だくさんで体に良さそう。締めはうどん! いや〜、冷えた体に染み入る! ちなみに締めは雑炊でも可。

締めのうどん。乾麺を煮込むのに少し時間がかかるので、うどんにしたい場合は半分くらい具を食べたところでオーダーすると、ちょうどいい時にうどんで締められる

 さぁ、続いての珍肉はトド刺し。血液がそのまま凝縮されたような赤さ。薬味はショウガとネギ。

テラテラと光沢があるトド刺し
ショウガじょうゆでいただく

 見た目の通り、血の味が強く好き嫌いが分かれそう。しかし、お酒が進む味である。

箸も真っ赤に
この店はそばも売り。せっかくなので、焼酎のそば湯割りのアテをトド刺しに

 ダチョウ刺しはパサパサしていそうな見た目。こちらもショウガとネギとネギを薬味にいただく。

サラミのようにも見える

 見た目とは裏腹に、口の中でとろりと溶ける。馬刺しのようでおいしい! 足が速そうな味だ。

 竜飛はマスターやママと親しく話せるのも魅力的。珍肉ばかり食べている私にご主人が「田舎から送られてきたんだよ〜!」と、たくあんをサービスしてくれた。

珍肉メニューはほかにもワニ刺しやカンガルー刺しなどがあり、ワニ刺しが人気とのこと

 珍肉を刺身で食べられる機会はなかなかない。マスターは「熊肉とトド肉のおかげで元気!」とのことなので、パワーをもらいたい人はぜひ、熊肉やトド肉を食べに行ってみてほしい。

マスターの田舎は、店名の由来にもなっている青森県津軽半島の竜飛岬

居酒屋 竜飛

東京都北区志茂4-16-4

TEL:03-3902-8828

営業時間:午後6時〜12時

定休日:火曜日


初掲載時、店名を「龍飛」としておりましたが正しくは「竜飛」でした。おわびして訂正いたします。

姫野ケイ:フリーライター・コラムニスト・作家。1987年9月7日生まれ。宮崎県宮崎市出身。日本女子大学文学部日本文学科卒。大学時代は出版社のアルバイトにて編集業務を学びつつ、ヴィジュアル系バンドの追っかけに明け暮れるバンギャル。2010年度南日本文学大賞最終ファイナリスト。現在はWebやスポーツ新聞にてコラム・小説を執筆中。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う