ニュース
» 2014年02月18日 09時00分 公開

熊鍋にトド刺しにダチョウ刺し! 珍肉が食べられる居酒屋「竜飛」に行ってきた

普段なかなか味わえない熊鍋やトド刺しといった珍肉が食べられる居酒屋を発見! そのお味は……?

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 人を襲うこともあり恐れられている熊。水族館や動物園以外ではなかなか見られないトドやダチョウ。そんな珍しい動物の肉を食べられる居酒屋を発見した。

 その店「竜飛」(たっぴ)は東京都北区志茂の七溜商店街にある。発見したのは開店前で、お店の張り紙には「猪鍋」「熊鍋」の文字が。猪鍋は割と聞くけど、熊鍋は味わったことがない。今までウサギ、ハト、カエル、鹿などの珍肉を食べてきた筆者としては、熊もいってみるしかないと、早速予約の電話を入れて行ってきた(ちなみに、熊鍋は45分ほど煮込む時間がかかるそうなので予約していくことをオススメする)。

開店前のお店には「猪鍋」「熊鍋」の張り紙
あらためて夜に訪問。店の外にまでにぎやかな話し声が聞こえてきて、相当盛り上がっているもよう

 のれんをくぐって入店すると、平日の夜とは思えないくらいにぎわい、席が埋まっていた。「熊鍋、もうちょっと待っててね!」。威勢の良い元気なママにそう言われ、しばし待機。

お通しのとろろのとんぶりのせ。「畑のキャビア」と呼ばれるプチプチした食感のとんぶりがとろろに絡んでおいしい

 メニューには熊肉だけではなく、ワニ刺し、トド刺し、馬刺し、鹿刺し、ダチョウ刺し、カンガルー刺しといった珍肉がほかにも。熊鍋を待つ間、トド刺しとダチョウ刺しを頼んでみた。待つこと10分ほど、待望の熊鍋が登場。

春菊がのっており、熊肉らしきものは見えないが……
おたまでかきわけてみると、熊肉、あった!
脂身があり、見た目は少し赤黒い豚肉のよう

 みそ仕立てなのでぱっと見は豚汁っぽい。くさみも全くない。では、器によそっていただきます!

近くで見ると肉の表面がゴワついて見えるけれど……

 熊肉を口に入れた途端、じゅわっと脂の甘味が広がった。肉も柔らかくてこれはおいしい! もっと獣臭いものかと思っていたので意外。ママいわく、「しっかり長時間煮込んでいるから臭くないのよ」とのこと。熊肉と言われなければ豚肉と間違えそうだ。大根、ニンジン、里芋、白菜、タマネギ、しいたけ、と、野菜が具だくさんで体に良さそう。締めはうどん! いや〜、冷えた体に染み入る! ちなみに締めは雑炊でも可。

締めのうどん。乾麺を煮込むのに少し時間がかかるので、うどんにしたい場合は半分くらい具を食べたところでオーダーすると、ちょうどいい時にうどんで締められる

 さぁ、続いての珍肉はトド刺し。血液がそのまま凝縮されたような赤さ。薬味はショウガとネギ。

テラテラと光沢があるトド刺し
ショウガじょうゆでいただく

 見た目の通り、血の味が強く好き嫌いが分かれそう。しかし、お酒が進む味である。

箸も真っ赤に
この店はそばも売り。せっかくなので、焼酎のそば湯割りのアテをトド刺しに

 ダチョウ刺しはパサパサしていそうな見た目。こちらもショウガとネギとネギを薬味にいただく。

サラミのようにも見える

 見た目とは裏腹に、口の中でとろりと溶ける。馬刺しのようでおいしい! 足が速そうな味だ。

 竜飛はマスターやママと親しく話せるのも魅力的。珍肉ばかり食べている私にご主人が「田舎から送られてきたんだよ〜!」と、たくあんをサービスしてくれた。

珍肉メニューはほかにもワニ刺しやカンガルー刺しなどがあり、ワニ刺しが人気とのこと

 珍肉を刺身で食べられる機会はなかなかない。マスターは「熊肉とトド肉のおかげで元気!」とのことなので、パワーをもらいたい人はぜひ、熊肉やトド肉を食べに行ってみてほしい。

マスターの田舎は、店名の由来にもなっている青森県津軽半島の竜飛岬

居酒屋 竜飛

東京都北区志茂4-16-4

TEL:03-3902-8828

営業時間:午後6時〜12時

定休日:火曜日


初掲載時、店名を「龍飛」としておりましたが正しくは「竜飛」でした。おわびして訂正いたします。

姫野ケイ:フリーライター・コラムニスト・作家。1987年9月7日生まれ。宮崎県宮崎市出身。日本女子大学文学部日本文学科卒。大学時代は出版社のアルバイトにて編集業務を学びつつ、ヴィジュアル系バンドの追っかけに明け暮れるバンギャル。2010年度南日本文学大賞最終ファイナリスト。現在はWebやスポーツ新聞にてコラム・小説を執筆中。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響