ニュース
» 2014年02月28日 16時44分 公開

大阪で“艦これ提督”歓迎のウォーゲームイベント開催娘たちと一緒に戦いたい提督のしょくーん!

提督〜、「ボードウォーゲームってどんなもんなのかなー、難しいのかなー」と悩んでいるなら、これに参加して私と一緒にパーティーしようよ〜。

[長浜和也,ねとらぼ]

ベテラン提督たちと一緒にバシバシ演習してみよう!

 「“艦これ”をやっているうちにボードウォーゲームもやってみたくなったけれど、相手してくれる仲間もいないし自分で覚えるのも難しそうだし、どっしよーかなー」と思い悩んでいる諸君ー! 3月8日土曜日に、初めてウォーゲームをやってみたい艦これ提督さんを対象にしたボードウォーゲームイベント「第3回ウォーゲーム士官学校 ─提督さんいらっしゃい:日本海軍ゲームコン─」が大阪で開催される。

 主催するのは、ボードウォーゲーム専門誌「コマンドマガジン」を発行している国際通信社だ。場所は、大阪のJ国際学院 会議室、時間は午前10時から午後5時まで。参加費は無料で、申し込みは専用のWebページから行う。メールでの申し込み締め切りは、おお! 本日2月28日まで。ただし、申し込みをしていなくても当日は飛び入り参加がOKだ。

 コマンドマガジン編集部は、以前からこれからボードウォーゲームを始めてみたい読者を対象にしたゲームイベント「ウォーゲーム士官学校」を開いており、今回のイベントもその第3回目として行うが、今回は“艦これ”で日本海軍と太平洋戦争で起きた実際の海戦や関連する逸話からボードウォーゲームに興味を持った提督さんのために、国際通信社が出版した空母戦の「日本機動部隊」、ソロモン諸島をめぐって資源を溶かしつつ1年間を戦う「珊瑚海キャンペーン」、そして、夜戦で激しく砲雷撃戦を交わす「決戦連合艦隊」を用意してあるので、ゲームを持っていなくても「ウォーゲームってこんな感じなんだー」と体験できる。

イベントで体験できるのは空母戦の「日本機動部隊」に(写真=左)、“鉄底海峡”ガダルカナル島を奪い合う「珊瑚海キャンペーン」(写真=中央)、そして、激しく砲雷撃戦を交わす夜戦を扱う「決戦連合艦隊!」(写真=右)と初心者でも分かりやすいシンプルで短時間でできるウォーゲームだ

 さらに、長らく店頭で購入できるタイトルがなかった太平洋戦争全般を再現する“戦略級”ウォーゲームにおいても、3月9日のゲームマーケット2014大阪においてオリジナルデザインで発売する予定の「太平洋戦史」を1日早く体験できる。初心者でなくても注目したいウォーゲームタイトルの初公開だ。

長らく“現役”ゲームがなかった戦略級太平洋戦争のウォーゲームとしてまもなく発売となる「太平洋戦史」がこのイベントで初公開となる。空母、戦艦、重巡が1隻1ユニットで登場し、資源を消費しながら太平洋を駆け巡る。艦これ提督にもなじみ深い海戦のエピソードを反映したイベントカードも勝敗を左右する。写真は開発中のもので、膨大なテストプレイを重ねて完成度の高いウォーゲームとして登場する予定だ

 「決戦連合艦隊」では、参加者が独自に考えた艦隊編制でキャンペーンを戦うトーナメントも行う予定だ。また、コマンドマガジンスタッフがゲームデザインの資料としてこれまで購入してきたボードウォーゲームを放出するフリーマーケットも行うことになっていて、今では入手できない“レアもの”名作が入手できるかもしれなにという、これまた、初心者でなくとも散在してしまいそうな注目のイベントを予定している。

 関西方面で“艦これ”から一歩先に進んでみたい提督さんは、この絶好の機会に“弓道部”や名物駆逐隊ユニット、そして、有名シスターズをボードウォーゲームで指揮してみてはいかがだろうか! で! もし、できることなら、わたしたちの仲間になっちゃったりしてはいかがだろう! か!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響