ニュース
» 2014年04月03日 21時54分 公開

8Kテレビをも凌駕する超次世代型テレビ、その名も「ビー玉テレビジョン」爆誕 出力速度は毎分8ピクセル

地デジ完全永久非対応。

[太田智美,ねとらぼ]

 筑波大学 内山俊朗研究室の学生6人は、ビー玉で画面にドット絵を描くことができるテレビ「ビー玉テレビジョン」を開発。約3年の歳月をかけて作った。



 専用のPCソフトを使ってドット絵を打ち込むと、内部に組み込まれたモーターが歯車を動かし、液晶の代わりに赤と白のビー玉を出力。毎分8ピクセル、1時間で390ピクセルの画像を組み立てる。

 画像ができあがると、ビー玉たちは一斉に画面の外へザーっ。ザザー……。ビー玉が流れ落ち、なんともシュールな光景がそこに。


画像(歯車)


画像(ザーっ)

 今回の取り組みについて、制作者たちは「高解像度の映像が求められる中、ビー玉テレビジョンはフルハイビジョンテレビの5300分の1の解像度となっている。しかし、質量を持ったモノの動き、音、振動、触角などで、一味違った豊かな体験・感動を生み出せるだろう」と語る。

 内山俊朗研究室では他にも、下駄の動きによって天気を表す「お天気下駄」や身体の動きで演奏する電子楽器「beacon」といった作品が制作されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響