18年ぶりに返り咲いた(?)日本一低い山「日和山」に登ってみた

軽装でも登れる方の日本一。

» 2014年05月28日 11時25分 公開
[YAMAAN!,ねとらぼ]

 宮城県仙台市宮城野区蒲生にある日和山(ひよりやま)が、18年ぶりに「日本一低い山」の座に返り咲いたかもしれない。

 そんなニュースが飛び込んできたのは今年の4月初め。何がどうしてどうなったんだい? と記事を読んでみると、なんと国内2番目に低いとされていた「日和山」(標高6.05メートル)は、東日本大震災の津波で削られ消滅していたとみられていたが、国土地理院が改めて地形を測量し、3メートルの山と認めたとの事(他の記事では正確な高さは未確定とも)。日本一低い山とされている大阪「天保山」の標高(4.53メートル)を下回ったのだ。

日和山(ひよりやま)とは?

 仙台市北東端の太平洋・仙台湾に面した場所にあり、七北田川河口の北側、蒲生干潟の西に位置する築山。

 かつては標高6.05メートル、山塊が南北約40メートル、東西約20メートルあり、数本のマツが植えられていたが海側への眺めが良く、初日の出の名所ともなっていた。登山道は山塊の南西部に1つ整備されており、14段の階段が設置されていた。昭和期に日和山の北麓に川口神社(1374年創建)が遷宮してきた。

 一時、国土地理院の地形図に載っている山としては日本一低い山に認定されたが、天保山(大阪市)が再掲載されたためその地位を譲った。そのため、山頂にある「日本一低い山」と書かれていた案内看板には“元祖”の文字が書き加えられていた。

 2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)によって地盤沈下に見舞われ、さらに津波の直撃を受けて蒲生干潟とともに消滅したと報道された。同時に川口神社も津波で流失した。

 2014年(平成26年)4月9日、国土地理院による調査により、標高3メートルの山として認定されたと報道された。これにより、18年ぶりに天保山を下回り、「日本一低い山」に返り咲いた。

Wikipediaより引用



 これは……これは絶対に登らなければっ! そして日本一低い山でご来光を拝むんじゃ!

 ということで登ってきました、18年ぶりに返り咲いた(と思われる)日本一低い山「日和山(ひよりやま)」を。仕事を終え、東京駅から車でいざ宮城県仙台市宮城野区蒲生にある日和山へ!

 東京駅から日和山登山口までは、車で約4時間35分。距離にして381キロメートル。東北自動車道をひたすら北上し、仙台都市圏環状自動車専用道路(ぐるっ都・仙台)に入り、仙台港ICを降りて、約13分で着きます。

日和山 このへん

 日和山登山口駐車場に着いたのは午前2時48分。日の出時刻は、午前4時43分予定。日の出まで駐車場でしばらく仮眠をしていると、東から赤い太陽が……!

日和山 まもなく日の出

 暗闇の中、急いで日和山頂上を目指します。山頂まであと6歩!

日和山 やはり山頂でご来光を迎えたい

 登頂成功! あっという間に着いた! 日和山の道標とご来光を記念撮影!

日和山 祝登頂

 ご来光を見られたということで、早々に下山。完全に明るくなったところで車窓から外を見てみると日和山の全貌(ぜんぼう)が……なるほど、あれが日和山か……。

日和山 明るくなって改めて見る日和山……山です!

 むむむっ……2回目挑戦してみますかっ! なぜならそこに山があるからね! ということで、太陽の光に照らされ、キラキラとした美しい海を見下ろしながら、再度頂上を目指します。

日和山 2度目の登頂

 ものの数秒で頂上に無事着きました! 多くの登山者が積み重ねっていった石の山に、東日本大震災により被災され命を失った方々のご冥福を祈るとともに、一日も早い復興を願って石を積み重ねます。

日和山

 これ、車でも登れんじゃね? ということで車でもアタックしてみました。

日和山 ぶろろろろろろろーん

日和山 安定の登頂

日和山 日和山山頂の道標と記念撮影。車もさぞ喜んでいることでしょう

 日和山山頂からは、太平洋を望む事ができます。海では、サーフィンを楽しんでいる人、バードウォッチングをしている人や、潮干狩りをしている人がいました。

 潮干狩りをしている人の中で、明らかにガチなご年配の方々がいました。装備がガチすぎるので、興味津々で何が捕れるのかを聞いたところ、「アサリだよ! うちらは本気のやつだからさ。一緒に捕るかい? 潮干狩りはほんと楽しいど」とのこと。残念ながら海に入る装備をしてこなかったためお断りをしましたが、映画「RED(レッド)」の仙台版かと思うほどの屈強なおじさまおばさま方は、その後意気揚々と海へ入って行きました。

日和山 ガチな人たちは海へ

 さて、ご来光とともに記念撮影した道標。日が昇ってからよく見てみると、何やら寄せ書きのようなものが。

日和山

日和山

 地元の方々や、ここに訪れた方々が書かれたようです。日和山がとても愛されている事が分かりますね。歩きで2回、車で1回、計3回、日和山登山を楽しんで今回の山行は終了とあいなりました。

 いかがでしたでしょうか。日本一低い山「日和山」。行楽シーズンの季節、温かい日和山にぜひ登ってみてはいかがでしょうか。

書いた人が所属する「YAMAAN!(ヤマーン!)」とは?

 山にまつわる楽しい話題を提供するべく、のんびり更新が続けられているゆるめの山岳ポータルサイト。 登山はもちろん、アイスクライミングからラフティング、バンジージャンプまでこなす。最近は関連用品の輸入販売を行うべく、慣れない英語でメールしたり現地に飛んだりしている。とあるIT関連会社の経営者曰く「どうやってマネタイズしているのか分からないサイト」。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news139.jpg 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  2. /nl/articles/2405/22/news054.jpg 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  3. /nl/articles/2405/23/news055.jpg 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
  4. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  5. /nl/articles/2405/22/news186.jpg ステージ上のアイドルグループに投げかけられた言葉、運営が対応に本腰 「非常に不快であり、許されるものではありません」
  6. /nl/articles/2405/23/news156.jpg 「ミートパイ」なのに“畜肉”使わず…… ミスタードーナツ謝罪「誤解を招く表記」 実際は「大豆ミート」使用
  7. /nl/articles/2405/23/news025.jpg 「妻のスシロー&くら寿司の食べ方が天才すぎた」 420万再生突破“超意外なカスタマイズ”に「子供にいいですね」「私もやってみよ」の声
  8. /nl/articles/2405/23/news110.jpg 星野源さんめぐり拡散のSNS投稿、所属事務所は「そのような事実はない」「法的措置を検討」 星野さん、新垣さんも否定
  9. /nl/articles/2405/23/news174.jpg 北村匠海、誹謗中傷に心労か 「確かに僕らは殴りやすい でも人間であることに変わりはありません」
  10. /nl/articles/2405/23/news027.jpg 「さすがに激ヤバ過ぎ」 アイスの「ピノ」購入→とんでもない“神引き”に驚愕「強運すぎる」「すごい確率」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評