ニュース
» 2014年06月03日 17時01分 公開

「きのこの山」「たけのこの里」を顕微鏡レベルで比較してみたら、普通なら気付かなそうな重要な事実が分かった

「灯台もと暗し」とはこのことだと思いました。

[太田智美,ねとらぼ]

 長年の間決着がつかず、未だ終わりの見えないネット上の「きのこたけのこ戦争」。1979年にたけのこの里が登場して以来、両者の間では幾度となく激しい戦いが繰り広げられてきました。しかし、どちらもおいしいことに変わりはありません。

 ここまで来てしまったら、もはや人類の視点で決着をつけることは不可能のように思えます。では、人類の視点ではなくミクロの視点で見たらどうか。これまでの論争の結果そのような考えに至り、顕微鏡レベルで「きのこたけのこ」を比べてみました。

 使用する顕微鏡は、スマートフォンに取り付けるだけで簡単にミクロの世界を見ることができると話題の顕微鏡「Leye」。「きのこ」「たけのこ」それぞれの個体を観察してみました。

 おなじみ「きのこの山」と「たけのこの里」。


画像

 いざ、開封。


画像

 「きのこの山」と「たけのこの里」。


画像

 まずは「きのこの山」の柄の部分を見ます。


画像

画像

 続いて、傘の部分を見ます。


画像

画像

 次は「たけのこの里」の番です。まずは、根元です。


画像

画像

 続いて、穂先を見ます。


画像

画像

 我慢できず途中で何個か食べましたが、これを1箱分繰り返します。


画像

 左列から、「きのこの山」の柄・「きのこの山」の傘・「たけのこの里」の根元・「たけのこの里」の穂先です。


画像

画像

画像

画像

画像 「たけのこの里」の穂先には、クッキーのカケラがたくさんついていることが分かります

 結果は次のとおりです。

  1. 「きのこの山」のチョコレート部分には空気泡のようなものが見えたが、「たけのこの里」のチョコレート部分からは空気泡のようなものが見えなかった。
  2. 「たけのこの里」のビスケット部分からはクレーターのような穴がたくさん見つかったが、「きのこの山」のビスケット部分からは見つからなかった。

 調査を基に明治製菓広報室に確認したところ、以下の回答が得られました。

  1. チョコレート部分の空気泡について:製造方法によるものなのかは不明だが、「きのこの山」では製造工程にビスケット部分をチョコレートに付ける過程がある。そのときに入った空気だと思われる。しかし、「たけのこの里」も同様の過程を踏んでいることから、「きのこの山」同様に空気泡が入る可能性は十分に考えられる。ちなみに、顕微鏡レベルでの泡を取り除くことはきわめて困難である。
  2. ビスケット部分のクレーターについて:理由は明確。「きのこの山」はクラッカーでできているのに対し、「たけのこの里」はクッキーでできている。そのため、表面の性質も異なる。

 顕微鏡を通じて、「きのこの山」と「たけのこの里」のビスケット部分が異なることが分かりました。

 ビスケット・クラッカー・クッキーのそれぞれの定義は、「全国公正取引協議会連合会」「全国ビスケット協会」によって日本では厳密に定められており、ビスケットは「小麦粉を主材料に焼いた洋菓子」全般をさす言葉で、そのうちクラッカーは「カリッとした歯触りで、酵母を使って発酵させた生地を短時間・高温で焼き上げたもの」、クッキーは「サクサクした歯触りで、糖分・脂肪分の重量が全体の40%以上で風味よく焼き上げたもの、かつ手作り風に見えるもの」だと担当者は教えてくれました。

 一連の調査後に箱の裏面を見たところ、それぞれ「クラッカー」「クッキー」とはっきり明記されていました。


画像 顕微鏡で見なくても分かるんじゃないかって? そ、そんなことないもん……

 半日かけて「きのこの山」「たけのこの里」を最新のスマホ顕微鏡「Leye」で調べたところ、顕微鏡で見なければ気付かなかったことが2つありました。

  1. 「きのこの山」と「たけのこの里」では、ビスケットの種類が違う。
  2. 日本では、クッキーとクラッカーの違いが厳密に定められている。

 結論、顕微鏡レベルで見た「きのこたけのこ戦争」は、クッキー派とクラッカー派の争いであることが分かりました。

 「灯台もと暗し」――このことわざが示すように、パッケージにしっかりと「クラッカー」「クッキー」と記載されているにもかかわらず、この違いは自分にとって顕微鏡で比較したことで初めて分かった事実でした。そして何より、本調査はビスケットというジャンルの中にクッキーとクラッカーという種類があるのだと知ることのできたかけがえのないものでした。

 最後に、今回の調査で偉大なる役割を果たしたスマホ顕微鏡「Leye」の正しい使い方をした画像を掲載します。


画像 葉っぱ

画像 アリの口

画像 アリの胴体

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」