ニュース
» 2014年06月18日 23時07分 公開

「アナと雪の女王」の方言吹き替え動画が流行 「アレンデールが危機なのよ」→「博多が危機なんよ」

「レリゴー、レリゴー♪」→「いがすぺー、いがすぺー♪」(岩手弁)

[ねとらぼ]

 映画「アナと雪の女王」の挿入歌を地元の方言に吹き替えてみたという動画がYouTubeで流行中です。挿入歌「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」「雪だるまつくろう」「生まれてはじめて(リプライズ)」などの歌詞が、博多弁、広島弁、富山弁、宮城弁といったさまざまな方言でアレンジされています。

「生まれてはじめて(リプライズ)」博多弁バージョン

 特に再生回数が多いのは「生まれてはじめて(リプライズ)」の博多弁バージョンで、投稿から12日間で70万回以上再生されています。物語では雪山から降りるようエルザにアナが説得するシーン。「頼むけん帰ってくれん? 太陽が輝いとうところへ」「うん、ばってん」「いいと」と2人の会話が完全に博多女子のものに。「アレンデール(物語中の国)が危機なのよ」も「博多が危機なんよ」に変えられ、舞台が博多になっていました。

画像 おいおい舞台が博多になっちゃったよ

 「とびら開けて」の歌詞ではアナが好きなものを「サンドイッチ!」と答える箇所を、宮城弁バージョンでは「ひょうたん揚げ!」、関西バージョンだと「岩盤浴!」と、その土地独特のものに変えていました。どの動画も歌が上手な分、方言アレンジのおかしさが笑いを誘います。ほかにもどんな方言バージョンが出てくるのか楽しみ!

「とびら開けて」宮城弁バージョン。「はじめてのときめきだっちゃ」「おらたちだかーらー♪」と女性2人がかわいらしく歌う。アナの好物を「ひょうたん揚げ」に変えちゃった!
「とびら開けて」関西女バージョン。こっちはアナの好きなものが岩盤浴に!
「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」岩手弁バージョン。「いがすぺ いがすぺー♪(ありのままのー♪)」とほとんど原型を留めておらず、まるで外国語のよう
「太陽が輝く国へ」を「太陽がきときとな国へ」と歌う、「生まれてはじめて(リプライズ)」富山弁バージョン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン