ニュース
» 2014年07月22日 13時18分 公開

調光できるし撮影できる 円谷プロが協力した特撮現場を完全再現したジオラマ登場

昭和の撮影現場。

[ねとらぼ]

 円谷プロ完全協力のもと、特撮現場の機材・小道具をミニチュア化してリアルに再現した「特撮ジオラマ」がプレミアムバンダイで予約受付を開始した。価格は2万5920円(税込)。

円谷特撮ジオラマ

 1960年代半ばに円谷プロが「ウルトラQ」から「ウルトラマン」「ウルトラセブン」を撮影していた時代の撮影現場を、撮影現場のスタッフへのインタビューや資料をもとに再現した超本格的ジオラマセット。ビルの設計や背景画は、円谷プロダクションの造形部門「LSS(ライトスカルプチャースタジオ)」が担当している。

 撮影現場で使用されていた機材を再現した電灯ユニットは、実際に調光が可能。ホリゾントの背景絵も現場の制作スタッフが描き上げており、シートを交換することで晴天・曇天・夕景を再現することができる。

円谷特撮ジオラマ円谷特撮ジオラマ

 また、付属の台車にカメラ(別売り)を取り付けることで、自らの手で創りあげたジオラマの世界を撮影することもできる。台車は、もちろん付属する線路に沿って動かすことも可能。同梱しているクレーンで、小物を吊り下げたり、飛ばしているようなカットも撮影可能。ちなみに、セット内には「ウルトラマン」科学特捜隊のジェットビートルや、特撮技法の解説記事や、小道具マメ知識などを収録した付録も同梱している。商品の発送は2015年2月を予定。

円谷特撮ジオラマ円谷特撮ジオラマ

円谷特撮ジオラマ円谷特撮ジオラマ

 「特撮ジオラマ」は7月25日から8月31日までサンシャインシティ(池袋)文化会館4階で開催される「ウルトラマンフェスティバル2014」と8月2日から8月17日まで同じくサンシャインシティのワールドインポートマートビル4階で開催される「大ゴジラ特撮展」に出展される。

円谷特撮ジオラマ 「特撮ジオラマ」のサイズは横約60センチ、高さ約31センチ、奥行約40センチ

(C)円谷プロ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた