ニュース
» 2014年07月23日 19時24分 公開

誰だよ! 海外のアニメーター250人が「セーラームーン」を1話まるまるリメイクした結果

1カットごとに担当アニメーターが異なるため、セーラー戦士たちのタッチがマッチョに、ポップにと次々変わる!

[ねとらぼ]

画像 月に代わってお仕置き……ってあれ、うさぎちゃんなんか違う!

 海外の250人のアニメーターがアニメ「美少女戦士セーラームーン」のまるまる1話ぶんをリメイクし、YouTubeで7月20日に公開しました。1カットごとに担当したアニメーターが異なるため、絵のタッチが次々と変わっていくユニークなセーラームーンが楽しめます。


(C)Chloe Buse, Diana D'Arcee

画像 1カットごとに雰囲気が変わるセーラー戦士たち。だめだ、これじゃセーラー服を着た戦士だ

画像 急にかわいらしい絵柄になったりも

 作品は、クラウドソーシングを利用したアニメ・プロジェクト「Moon Animate Make-Up! 」によるもの。ネット上で集まったセーラームーン好きのアニメーター250人が、第43話「うさぎが孤立? S戦士達の大ゲンカ」のアニメーションを1人1カット以上リメイクしました。映像の時間は22分、カット数は300を超えます。


画像 こんなポップなセーラー戦士が

画像 数カット後にこうなるから油断できない

画像 ルナたちもやたらとライオンキ○グ風です

 映像ではセーラー戦士たちが、アメコミ風に、ディズニー風に、マッチョに、セクシーにと、カットごとに絵柄を変えていくのがおもしろいです。あまりにも個性的なアレンジが加えられて「誰だよ!」とツッコみたくなるカットもしばしば。アニメの表現の幅広さと、セーラームーンが世界中で愛されているのが感じられます。


画像画像 七変化どころではすまないセーラームーンの変わり様にご注目

 ちなみに、元になった第43話「うさぎが孤立? S戦士達の大ゲンカ」は現在ニコニコ動画で見ることができますよ(1話108ポイント)。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン