ニュース
» 2014年08月01日 22時26分 公開

各国のアイデアが面白い! 「Imagine Cup 2014」優勝チームにはビル・ゲイツへプレゼンのチャンスが

「Imagine Cup 2014」世界大会で印象的だった4つのチームのプレゼンテーションをレポートする。

[太田智美,ねとらぼ]

 米国時間7月29日から8月2日までの5日間、マイクロソフト主催の学生向けITコンテスト「Imagine Cup 2014」世界大会がシアトルで開催されている。米国時間7月30日には、ワシントン大学で各国の代表チームが審査員らの前でプレゼンテーションを行った。同コンテストの結果発表は8月1日(米国時間)。その前に印象的だった4つのチームのプレゼンテーションをレポートしたい。


カナダ:演奏をリアルタイムに楽譜に書き起こすシステム

 カナダの代表チーム「claVision」は、キーボード演奏をリアルタイムに楽譜に書き起こすシステム「claVision(Visual Automatic Piano Music Transcription)」を開発。claVisionは、楽譜(5線譜)の記譜法の知識がなくてもキーボードで演奏した音を瞬時に楽譜に書き起こしてくれるシステムだ(デモンストレーションはこちら)。

画像

 claVisionは、「音」ではなく「キーボードの動き」をカメラで認識して楽譜を書き起こす仕組み。これまでにも、キーボード演奏を楽譜に書き起こすシステムは多く存在しているが、このclaVisionのように鍵盤の動きをカメラで認識して譜面に書き起こすという仕組みは前例がないとして注目を集めている。

 このシステムでは、鍵盤の数やカメラの細かな角度に左右されずに記譜が可能。そのため、ライブコンサート会場などでのさまざまなシチュエーションでの使用が想定できる。ただし、現状では周りの光の加減でうまくキーボードを認識できないなど課題もあるようだ。

画像

 実際にデモを体験してみると、わずかな演奏時間のズレで想定している音符の長さが記譜されなかったり、隣の鍵盤に少し触れてしまっただけで楽譜に触れてしまっただけの音が記載されてしまうなどといった問題点も見えた。しかし、キーボードで弾いた音がカメラ認識によりリアルタイムで瞬時に楽譜に反映されるという新たな体験には、ゾクっとするほどの感動を覚える。さらに、その楽譜が紙として印刷されるのもうれしい。


バーレーン:好きな色のマニキュアを作れるミキサー

 最近日本でもネイルアートが流行っているが、女の子はちょっとした色の違いにもこだわりがある。同じ黄色でも「もう少し明るい黄色がいい」とか「緑に近い黄色にしたい」とか、わずかな色の違いにも敏感だ。

 しかし、ネイルサロンや市販のマニキュアに置いてある色は限られており、理想となるべく近い色で妥協することもしばしば。そんな女子たちの指先のおしゃれに、今小さな革命が起きようとしている。

画像

 バーレーンの代表チーム「ButterFly」は、好きなマニキュアの色を作れるミキサー「Nail Polish Mixer」を開発した。写真などの画像やカラーチャートから色を選択するだけで、わずか50秒たらずで好みの色のマニキュアが自宅やサロンで作れるという。さらに、その選択した色データが蓄積され自分の好きな色のデータベースも作成される。

 プレゼンテーションではNail Polish Mixerのプロトタイプを持参するだけでなく、販売を想定して段ボール素材のラッピングも用意。「本当にゼロから手作りなので、Nail Polish Mixerは私たちのベイビーのような存在です」(バーレーン代表チーム)。そのプロトタイプの完成度の高さとアイデア、思いの強さに会場はうなった。

画像 1番始めのプロトタイプ
画像 5番目に作成した最新のプロトタイプ。初期のものに比べ、大幅な小型化が進められている

キプロス:電化製品と連動し、節約プランを提案してくれるサービス

 キプロスの代表チーム「ij Developers」は、家庭内電力を調整できるシステム「LADYBUG」を開発した。LADYBUGは、照明などの電化製品と連動することで電気の消費時間のデータを収集し、節約プランを提案してくれるサービスだ。

 さらに、デバイスに関係なくブラウザ上で電源管理ができ、Windows Phoneに付属されている音声認識機能「Cortana(コルタナ)」を使えば、「電気を消して/つけて」という音声に反応して遠隔からも操作できる。

画像 「LADYBUG」
画像
過去のプレゼンテーション動画

日本:ぬいぐるみをインターフェイスにした遠隔コミュニケーションシステム

 日本代表チーム「kazokugurumi」は、ぬいぐるみをインターフェイスにした遠隔コミュニケーションシステム「Cuddly Connect」を発表した。テレビ通話を行う際に従来用いられていスマートフォン端末やPCといったインターフェイスを「ぬいぐるみ」とすることで、子どもでも楽しみながらコミュニケーションがとれるようになる。

画像

 Cuddly Connectでは、ぬいぐるみの鼻部分に内蔵されたカメラによって子どもとテレビ通話ができるだけでなく、相手がKinect越しに手を振るとそれに合わせてぬいぐるみの手が動く。

画像
「Imagine Cup 2014」世界大会の日本代表チーム「kazokugurumi」のプレゼンテーション

 Imagine Cup 2014への応募国数は34カ国、応募総数7491、応募チーム数1万1658、応募学生数1万6892人。この世界大会の各部門優勝チームには5万ドルの賞金が、その中から勝ち抜いた最優秀チーム(ワールドチャンピョン)にはビル・ゲイツ氏へのプレゼンの機会が与えられる。結果発表は、米国時間8月1日。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響