ニュース
» 2014年08月03日 23時00分 公開

「ニンジャスレイヤー」原作者ブラッドレー・ボンド&フィリップ・N・モーゼズにインタビュー[2/2]

フィリップ・ニンジャ・モーゼズとブラッドレー・ボンド。日本でヒットを飛ばす「ニンジャスレイヤー」という奇妙な作品は一体どのように作られたのだろうか。彼らの想像力の源を語ってもらった。

[Tokyo Otaku Mode]
tokyoOtakuMode

TokyoOtakuModeのインタビュー記事の日本語版を掲載しています。

 「忍」「殺」の文字をニンジャスレイヤーのスケッチに描き加えたとき「雷に打たれたような、あるいは生まれて始めてロックを聴いたときのような衝撃を味わいました」とインタビュー前半でフィリップ・ニンジャ・モーゼズが語った。もう一人のニンジャスレイヤー原作者ブラッドレー・ボンドは、「世界中の人に読んでもらいたかったから」とTokyo Otaku Modeで英語版のノベルや漫画を展開する理由を述べた。

 2人は世界に向けて何を発信しようとしているのか。その創作にはどのような精神性や影響が隠されているのか。その秘密を探るべく、話をさらにうかがった。

―― 日本において、ニンジャスレイヤーはTwitter連載小説として大きなヒットを飛ばしています。それについてどう思われますか? 自分たちの感性が日本人に合うと考えていましたか?

 サイバーパンクの聖地である日本でヒットしている事を、とても光栄に思っています。

 感性が多くの日本人にあうかどうかは解りませんが、とにかくこの物語は、サイバーパンクとニンジャを愛する全ての人に向けて書きました。それだけのことです。

―― この小説は日本の風習をよく調べており、時折本質を鋭くついた描写をされています(寿司についての部分など)。日本の現状をどうやって学習されたのですか?

 映画、コミック、TV、そして特にインターネットなどを通じてかなり精密な調査を行っています。その点、自信があります。当時(90年代中盤〜後半)はまだイメージ検索なども存在せず、大変でした。

 それから、日本にいる私の甥が、興味深い写真を送ってきてくれます。マグロ、Kawaii、暴走族、国会……どれも神秘的です。

―― この作品は日本語と英語を織り交ぜた独特な文体や、ミニマルに繰り返される奇声が大変特徴的です。この文体は、どういった構造を意識されて作られましたか?

 映画と音楽から強い影響を受けています。コラージュですね。

 ミニマルな繰り返しは、テクノ音楽から。突然挿入されるエキゾチックな日本語看板は、映画からです。

 看板の意味はわからなくてもいい。文字だけで視覚的なケオスを表現したかったのです。

―― 日本に滞在経験はありますか? 滞在していた場合、どの場所が印象に残っていますか?

 もちろんありますよ。2人で取材旅行をしました。キョートとトウキョウです。

 温泉旅館のゲイシャが印象に残っています。

 ただ、これは僕らがニンジャスレイヤーを書く前の旅行ではないのです。実際には一度も訪れた事の無い状態で、ネオサイタマを書きました。

―― キャラクターの名前がとてもクールですね! この名前はどのようなものからインスピレーションを受けているのでしょうか。

 ありがとう。ニンジャネームは、日本の歴史上のニンジャの名前を参考にしています。そこへ、アメコミキャラの名前が持つ簡潔さの要素も組み合わせました。ニンジャの名前には潔さが重要です。

 日本人名についてはかなりの数が必要だったので、僕がUNIXで人名ジェネレーターをプログラミングしました。出来には満足しています。

 しばしば、僕たちの好きな映画俳優から取られることもあります。イシイ=サンやミフネ=サンがもちろん登場する。日本でも一般的な名前ですからね。

 Tokyo Otaku Modeでは、小説に加え、余湖裕輝(よご・ゆうき)作画によるコミック版を配信中。さらには7月初旬より、Tシャツ、スマートフォンケースなど多岐にわたるグッズを世界各国に向けて販売を開始した。ネオサイタマの闇で繰り広げられる神秘的かつ血まみれなニンジャアクションを是非体験してほしい。

「ニンジャスレイヤー」TOM Official Site

ニンジャスレイヤー 公式Twitterアカウント

英文記事:Interview: "Ninja Slayer" Creators Bradley Bond & Philip N. Morzez [2/2]

© Tokyo Otaku Mode Inc.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/29/news088.jpg 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ
  2. /nl/articles/2111/29/news028.jpg 退職するメイドと引き止めたい坊ちゃん かわいい初恋を描いた漫画がキュート過ぎて絶賛集まる
  3. /nl/articles/2111/29/news027.jpg 「白雪姫」の「ハイ・ホー」、日本語詞の「仕事が好き」は海外版だと「仕事から帰る」 フランス人の指摘がつらい漫画
  4. /nl/articles/2111/29/news087.jpg 「身体のラインが女性らしく」 舟山久美子、2度延期の結婚式に向けて“家族3人”で再始動 出産前後の体形の変化に思わぬ喜び
  5. /nl/articles/2111/28/news046.jpg 大渕愛子弁護士、誹謗中傷犯は二児の母と報告 謝罪文拒否に「反省していないことは確か」
  6. /nl/articles/2111/29/news055.jpg パグ「あ、だめ尊い……待って、す、好きいぃ…!」 推しの柴犬を前に限界を迎えたパグの動きがかわいすぎる
  7. /nl/articles/2111/29/news174.jpg 城島茂の妻・菊池梨沙、ヘルニア手術後も無事退院 51歳のパパと1歳息子は「抱っこ戦争真っ只中」
  8. /nl/articles/2111/28/news044.jpg 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. /nl/articles/2102/03/news136.jpg 元SDN48・光上せあら「1年に2回出産をします!」 産後2カ月で第2子妊娠を発表、子どもたちは「同学年です!」
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」