ニュース
» 2014年08月05日 09時30分 公開

アキバに“フク”来る! 新スポット「アキバフクロウ」でふくろうさんたちに癒されてきた

サブカル都市アキバに登場したのは、ふくろうたちをもふもふできる非日常空間。オープン前にふわふわ体験してきたぞ!

[高城歩,ねとらぼ]

 癒しとやすらぎの非日常を体験できる新スポットが東京・秋葉原に8月8日、オープンします。その名も「アキバフクロウ」。清潔感のある真新しい白塗りの壁が印象的なお店に一歩足を踏み入れると、北欧風の家具が品よく配置されており、大人の女性が好みそうなカフェといった雰囲気。しかしこ普通のカフェとは大きく異なり、そこには12羽のふくろうたちがいたのです。

外観はこんな感じ。オープン前なので看板はまだありません
店内はとにかくオシャレ。昼は明るいカフェ、夜はバーのような雰囲気になります
ふくろうさんだー!

人間もふくろうもリラックスできる癒しの空間

 「アキバフクロウ」は1時間入れ替え制で入場料は1500円(ワンドリンク付き)となっており、ふくろうの休憩時間をのぞくとだいたい40分間ふれあいを楽しむことができます。まず入り口で手をアルコール消毒し、ドリンクを受け取ってテーブルにつきます。座席数は20席といったところ。ふくろうたちと同じ空間にいる感動を味わっていると、オーナーさんがマイクを通して「本日は“アキバフクロウ”へようこそおいでくださいました」とアナウンス。なんだかテーマパークのアトラクションに乗りこんだ時のワクワク感と似ています! 続けて、注意事項や触り方のレクチャーなどを分かりやすく解説してくれるのでしっかり聞きましょう。

ふくろうに関する理解を深めるための「ふくろうQ&A」も用意されています

 そしていよいよ待ちに待ったふくろうさんたちとのふれあいタイム。12種類12羽のふくろうたちが目の前に。時間がもったいないのでさっそくふれあってみます!

きゃわいいいいいい
人工繁殖でひなの時から人間の手で育てられているのでおとなしい!
片足で立っているのはリラックスしている証拠です

 ふくろうに触る前はまず手を目のまえに出して「今から触りますよー」と合図してあげます。そして指の腹で頭をなでなでしてみると……ふわっふわ!めっちゃふわふわしてる! 羽根はやわらかく、やさしい触り心地です。なでている指先が、手のひらから幸福感がおしよせてきます。小さなころからずっとふくろうを触ってみたいと思っていたマグル(非魔法使い)の筆者歓喜。あー、ずっとなでていたい。

なでなでもふもふ
目をとじてうっとり

 この幸せな光景を写真におさめておきたい方も多いはず。フラッシュをたかなければ写真撮影は何枚でもオーケー。もちろん携帯電話のカメラで撮影することもできますよ。撮影するときにふくろうさんがこっちを向いてくれないからといって目の前で物を揺らしたり音を出したりして気を引くのはふくろうのストレスになるのでやめてあげてくださいね。気まぐれなところがまたかわいいのです!

ユニークな名前が多い。たこ焼きちゃんは大阪出身やねんて)
スヤァ……

ふくろうをだっこできる! こころホーホーしてきた!

 アキバフクロウではふくろうをなでるだけでなく腕にのせる体験もできちゃいます。しかも何分でも好きなだけだっこしていていいというから驚きです。私が指名したのは小さくてかわいいサバクコノハズクのレジちゃん。スタッフさんの指示に従って、左手を伸ばし、親指でリーシュ(ひも)をしっかり押さえ、手の甲あたりにレジちゃんをお招きします。

の、乗ったー!

 「素手で大丈夫ですよ」とオーナーさん。正直、触る前はふくろうの爪がこわいなあ……と身構えていたのですが、手に乗せてもまったく痛くありませんでした! このお店にいるふくろうはくちばしや爪が常に手入れされており、ふくろうにも人間にもケガがないように配慮されているからだそうです。大型のフクロウを乗せる際はグローブの貸し出しもあるので安心。ああ、自分の手の上でちんまりおさまっているレジちゃんの姿に心が満たされていく……。

ふくろう充する筆者

 誰かこの幸せにひたっている姿を写真に収めておいてくれ! できれば高画質で! そんな希望をかなえてくれるのが「フクロウ de フォト」というサービス。自分の好きなふくろうとのツーショットを一眼レフカメラで撮影してくれるんです。撮影した写真はアキバフクロウのWebサイトからダウンロードできるシステムになるそうです。

 耳に心地よいハープの音色をBGMにふわっふわのふくろうを思う存分なでたり、もふもふしたり、手に乗せたりしてキャッキャウフフしていたところ、ふいに聞こえてきたのは終了の時間を告げるアナウンス。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。ふくろうたちの丸々としたフォルムとあめ玉のようなうるうるした瞳に後ろ髪を引かれる思いです。これはリピーターにならざるを得ない。また絶対来るからね!!

山下さん、また来ますね。

 しかしなぜ秋葉原にふくろうとふれあえる空間を作ろうと思ったのでしょう? 「秋葉原は海外からの旅行者も多く、さまざまな人々が行きかう街。また、サブカルチャーが集う秋葉原という土地が、ペットとしてはメジャーではない動物・ふくろうと相性がいいと感じたからです」とオーナーさんは語ってくださいました。いろいろな人にお店を訪れてほしいという熱意は、英語・中国語・韓国語に対応した冊子「ふくろうQ&A」にも反映されているように感じます。今後は通常営業のほかにプロの演奏家を招いた演奏会や、セラピーなどふくろう愛好家の交流の場となるイベントを開催していく予定だそうです。ふくろう片手にアキバを散策する、なんてことも実現するかもしれません。情報は随時更新していくとのことなので公式Webサイトは要チェックですね。

4か国語対応
オーナさんとスタッフのみなさんも親しみやすくてなごみました

 電脳都市・秋葉原のにぎやかなざわめきのすぐそばに登場した癒しとやすらぎの非日常空間「アキバフクロウ」。ふくろうさんたちがアキバに、そしてお店を訪れたみなさんに“フク”を運んできてくれそうです。

「アキバフクロウ-AKIBA FUKUROU-」

東京都千代田区神田練塀町67 1階

営業時間:正午〜午後8時

定休日:火曜日

完全予約制(公式Webサイトで来店希望日の3日前から直前20分前まで予約受け付け)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」