ニュース
» 2014年09月05日 14時55分 公開

えっ、ジャスコってもうないの!? ラノベ「女騎士さん、ジャスコ行こうよ」が話題に

ジャスコはみんなの心の中に……。

[ねとらぼ]

 「女騎士さん、ジャスコ行こうよ」――KADOKAWAのMF文庫Jから刊行される一風変わったタイトルのラノベが、ネットで話題になっています。

 話題を呼んでいるのは、同作ができるまでのエピソードをつづった編集部のブログ。タイトルにジャスコのブランド名を使いたいと、イオングループに問い合わせたところ、「ジャスコというブランド名はもう使っておらず、店舗はこの世に存在していない」というイオンの回答に驚いたという内容です。タイトルに「ジャスコ」を使うのは特に問題ないとの回答も得られたそう。

 ジャスコのブランド名は2011年にサティとの統合によりイオンに転換し、国内では消滅しているのですが、MF文庫の担当者同様、知らなかったというネットユーザーも少なくないよう。「ジャスコなくなってたの知らなかった」と衝撃を受けたという声や、編集部とイオンのやりとりの面白さやタイトルのインパクトで「読んでみたくなった」とのコメントが見られました。

 「女騎士さん、ジャスコ行こうよ」(著者:伊藤ヒロ、イラスト:霜月えいと)は9月25日発売(税別580円)。あらすじは以下をご覧ください。

とあるど田舎、平家町に住む普通の高校生、瀬田麟一郎はある日、夜の田んぼで行き倒れているお姫様、ポーリリファと彼女に仕える女騎士、クラウゼラを発見する。二人はなんと異世界《魔法地平》から命からがら逃れてきたと言い出して、そこから始まるトンデモドタバタストーリー!? ……と思いきや、「実は……この町では割とよくあることなんだ」「なんじゃと!?」異世界人が珍しくない普通の田舎町で繰り広げられる女騎士系田舎日常コメディ、特に何事もなくのんびりスタートです。「さっきの花嫁姿、綺麗だったぞ」「ななな、なにを言ってる!? クッ殺せ!」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む