ニュース
» 2014年09月19日 13時33分 公開

TGS2014:日本よ、これが群馬だ “魔境”群馬が舞台のシューティングゲーム「群馬県から来た少女」新バージョン登場決定

世界遺産・富岡製糸場ステージも追加!

[池谷勇人,ねとらぼ]

 なぜかネットでは“魔境”扱いされることが多い群馬県。そんな群馬県を舞台にしたシューティングゲーム「群馬県から来た少女」(紹介記事)に、待望の新バージョン「群馬県から来た少女・改」が登場することが分かりました。東京ゲームショウ2014のインディゲームコーナー内「ヒューガ」ブースにて開発中バージョンがプレイ可能……って一発ネタじゃなかったのかあれ!!!!


画像 コヨトルさんかわいいよコヨトルさん

画像 TGSのインディーゲームコーナーでプレイできます(完成度70%)

 「群馬県から来た少女」は、主人公の女の子・コヨトルを操作して「県外の毒文化に惑わされて暴走する群馬神」たちを鎮めていくシューティングゲーム。群馬のさまざまな名勝や特産品が登場したり、「群馬県の最新技術を駆使して作られた」というわりになぜかゲーム画面はMSX風だったりと、いろんなネタが満載の作品です。


画像 群馬の特産品を取ってパワーアップ!

 新バージョンでは2つの新ステージを追加。1つはおなじみ「尾瀬」、そしてもう1つは、最近世界遺産に登録され話題になった「富岡製糸場」です。蚕の繭が飛び交い、女性工員さんが巨大製糸マシンを操り攻撃してくる様子はまさに“魔境”! これが群馬の日常なのか……。


画像 新ステージの1つ、尾瀬。むしろ今までなかったのが不思議

画像 最後に出てくるのは巨大な……花?

画像 もう1つの追加ステージ「富岡製糸場」……ってこんなんだっけ

画像 ボスは巨大な蚕、その名も「秋蚕零号機」

 前作同様、ライトノベル「“世界最後の魔境”群馬県から来た少女」(紹介記事)の作者・日下一郎さんが自ら開発。ライトノベルの続刊も決定したそうで、アプリの方もそちらの発売(時期は未定)に合わせてリリースしたいとのことでした。また今後、アイディアファクトリーの「ネプテューヌ」シリーズとのコラボも進行中とのこと。


画像 追加ステージをクリアすると「ネプテューヌ」とのコラボ告知が

 まずはスマホ(iOS・Android対応)でリリース予定ですが、今回は家庭用ゲーム機への移植(機種はまだヒミツ)も検討しているそう。“魔境”群馬の野望はどこまで広がるのか、今後も目が離せない……!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた