ニュース
» 2014年09月26日 16時56分 公開

フィルム1本分取り終わるまで写真が見れない 面倒くさすぎるカメラアプリ「有限カメラ」

銀塩カメラの面倒くさい部分をあえて再現。

[ねとらぼ]

 これまでにない「不便」さをウリにしたカメラアプリ「Tomo(トモ)」がリリースされて話題になっていますが(紹介記事)、実は同じようなコンセプトのアプリが2012年に出てたって知ってましたか? Crazy Interactiveの無料カメラアプリ「有限カメラ」がそれです。


画像画像 現像してみるまでどんな写真が撮れたか分かりません

 「有限カメラ」の特徴は、アプリなのにわざわざ「銀塩カメラの面倒くさい部分を再現」していること。なので、フィルム1本分撮り終わるまでは撮った写真の確認もできませんし、設定を変えることもできません。他にも「撮り終わってもさらに写真の書き出し(現像処理)に3〜5分かかる」「フィルムを手動で巻くかどうかを選べる」などなど、面倒くさい機能が満載となっています。


画像 この「なんとなく100円」が大事?

 さらに極めつけとして、アプリ起動時に100円払うかどうか謎の選択肢が。この100円、実は払っても払わなくても特に機能に変化はないのだそう。説明によると、「この何となくの100円があると、パシャパシャと適当にシャッターを切ることなく1枚1枚チマチマと大切に写真が撮れるのではないかと思うのです」――。なんだその謎のこだわりは! でも、なんかちょっと分かる気がします。

 1枚1枚シャッターをきる緊張感、現像を待つ間のイライラ・ドキドキ……。そんな面倒くささもまた、写真の楽しさの1つなのかもしれません。

「私は、この銀塩の面倒臭い部分に、素敵な写真が撮れる秘密が隠れていると少し信じています」(アプリの説明文より)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン