ニュース
» 2014年10月01日 06時00分 公開

青少年のインターネット・リテラシー上昇 総務省が調査結果発表

スマートフォンの保有やスマートフォンからのネット利用の割合が高まっている。

[ねとらぼ]

 総務省は9月30日、青少年のインターネット・リテラシーの実態をまとめた「平成26年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」を発表した。

 同省ではインターネット・リテラシー向上施策を進めていくために、2012年度から全国の高等学校1年生相当(約3700人)のリテラシーを測るテストを実施している。テストでは違法コンテンツの問題の理解、適切なコミュニケーションなどインターネット上の危険・脅威への対応に必要な能力(リスク対応能力)を測り、併せてアンケートも実施している。

 テストの結果、青少年のインターネット・リテラシーは上昇しており、全体の正答率が70.2%と昨年度(68.9%)より上がっている。年々、リスク対応能力の向上がみられるという。リスク対応の中でも、料金や時間の浪費に配慮した利用について正答率が相対的に高く、適切なコミュニケーションに関する能力も向上。一方で電子商取引の問題への対処やセキュリティ対策は相対的に正答率が低かったという。

1a:違法コンテンツの問題の理解 1b:有害コンテンツの問題の理解 2a:適切なコミュニケーション 2b:電子商取引の問題の理解 2c:料金や時間の浪費への配慮 3a:プライバシー保護 3bセキュリティ対策

 スマートフォン保有者は全体の88.1%と昨年度(84%)より上昇し、ネットに接続する際に一番利用する機器もスマートフォンが全体の80.1%を占めた(昨年度の75%より上昇)。

 一度も会ったことのないSNS上の友人数が「11人以上」は19.3%で、所属しているチャットグループ数は「6〜10」が最も多い。一度も会ったことのないSNS上の友人数やチャットグループ数は、男子よりも女子の方が多かった。

 インターネットのプラス面を感じている青少年は90%以上。知りたいこと、見たいものがすぐに調べられる、動画など好きなものが簡単に見られる、友人・知人とのコミュニケーションが活発になったといったプラス面を挙げる回答が多い。

 またフィルタリングの意味を適切に理解している青少年や、 スマートフォンやSNSの利用について過程のルールがある青少年は、そうでない青少年と比べてリテラシーが高かったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響