ニュース
» 2014年11月04日 12時00分 公開

読書の秋は本屋に住む 倍率1000倍ジュンク堂宿泊ツアーに潜入

11月1日〜11月2日にわたって、ジュンク堂書店プレスセンター店で開催された宿泊ツアー「ジュンク堂に住んでみる」の様子をお届けする。

[宮澤諒,eBook USER]

 世の本好き、とりわけ紙の本が好きな人にとって本屋とは楽園ともいうべき魅力が詰まった空間だ。

 中には、立ち読みや座り読みでは飽き足らず、本屋に泊まりたいと公言する者まで現れているという。本屋に泊まる? そんなことできるわけがない、第一そんなことをやって本屋に何の利益があるというのだ。ね、そうですよね?

 ジュンク堂書店「できますよ」

 え?

 ジュンク堂書店「ジュンク堂書店で宿泊ツアーやります」

 ま、まじですか……?

 なんと3連休の土日を使って、千代田区内幸町にあるジュンク堂書店プレスセンター店にて、「ジュンク堂に住んでみる」と題したモニターツアーが開催された。ここはジュンク堂書店としては珍しく、店舗面積は125坪と小規模で、1階の1フロアのみ。棚に並んでいる本は15万冊ほど。

 ジュンク堂書店は、兵庫県神戸市に本社を持つ大手書店チェーンで、その特徴はなんといっても、店舗面積の広さと充実した本のラインアップ。

 大きい店舗では1000坪を超え、池袋本店や梅田本店、福岡店なんかでは2000坪を超える。2000坪というと、だいたいサッカーのコートぐらいの広さだ。その広い店内の本棚には、さまざまなジャンルの良書が並ぶ。

きっかけは、Twitterで見かけた「泊まりたい」の声

 今回の企画のきっかけは、Twitterで見かけた「ジュンク堂書店に泊まってみたい」というツイート。実は6月ごろにスタッフ4人が事前に泊まってみて、宿泊ツアーを実施できそうか調査したらしい。その際には、空調が使えないこともあり店内は大変暑く、涼しい時期に開催しようという話になった(それでも取材当日は結構暑かった)。

 9月25日〜9月30日にかけて実施された参加者募集だが、たった5日間の募集期間にも関わらず、3000組近くの応募があったという。当選したのは3組だから倍率は1000倍にもなる。

 この反響について、同店の店長であり、丸善&ジュンク堂ネットストア代表取締役社長の工藤淳也さんは「出版不況と言われてはいるが、需要はあると感じた」と語る。ちなみに今回はモニターとしての募集で、次回も開催するかどうかはこの結果にかかっている。その重要なモニターとして選ばれたのは、夫婦・親子・友達同士の3組。工藤さんは開催に際して「本屋という空間を楽しんでほしい」「いつもは小説を読むけど、これも読んでみようかなという本が見つかれば」と語った。

 イベントは11月1日の午後5時〜11月2日の午前8時までの15時間。午後6時に店を訪れると、参加者がキングジムから提供されたエアーマットをふくらませているところだった。このエアーマットは、寝るときにオフトゥン(これもキングジムから提供されたもの、着たままで歩くことができる寝袋)の下に敷くだけでなく、通路で座って読書する際にも大活躍していた。

スタッフは「添乗員」 参加者は「住人」のプレートを着用
マットがあれば座り読みも快適に
堂々と読める
座ると視線はこんな感じ。ちょっと子どもに戻った気分

 宿泊イベントでは、キングジムのほかにも地元の銭湯「金春湯」や佐賀県庁が協力。佐賀県庁とは「ほんのひととき」という、本に合う佐賀県の名産品をギフトとして販売するコラボ企画を実施していることもあり、今回のツアーでもお茶やお菓子を提供。本を読んでいると、お茶やちょっとしたお菓子が欲しくなるもの。参加者にも好評だったようだ。

FACTORY SAGAの中島いずみさん

 翌朝は5時過ぎに起き始めたという参加者たち。中には起きてすぐに本棚に向かい本を手にする人もいたという。さすが泊まりたいと思う人は気迫が違う。

読んだ本はこの台に置いていく。じっくり読んだ組と、少しずついろんな本を読んだ組で冊数にだいぶ差が出た

 午前7時ごろからは、ツアーに関する意見の交換会が実施された。

アンケートに沿って意見の交換会
丸善&ジュンク堂ネットストア代表取締役社長の工藤淳也さん(写真左)

 参加者からは、「もっと時間が欲しかった」「東京だけじゃなく他県でも開催して欲しい(3組中2組が兵庫県や山口県などの遠方からの参加だった)」「着替えのスペースが欲しかった」などの要望のほか、「3組という規模感がよかった」「普段は気づかないような、下の段の本も気になった」「自分が手に取った本の分だけ本棚にスペースが生まれて、いつもは書店員さんが直してくれているんだなと感じた」といった、新たな発見や肯定的な意見がでた。さらに、次回も開催するとしたら参加したいかという質問には、全員が手を上げた。

 また、今回ペアでなければ参加できなかったことについて、多くの人から疑問に思う声が挙がったという。たしかに読書は1人でするものかもしれないが、ツアーの参加者からは、「遠方からは1人だったら怖くて参加しようと思わなかった」「娘を1人で行かせるのは心配」「1人で参加したらひたすら本を読んでいたと思うが、ペアだったからほかの人と話しながら過ごせたのが楽しかった」など、ペアのメリットも多数聞くことができた。

ジュンク堂書店に住んだ証として住民票が手渡された
最後は参加の決まり通り、好きな本を1冊お買い上げ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  2. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  3. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  4. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  5. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  6. /nl/articles/2208/15/news030.jpg 犬「頭なめさせて!」父「なめないで!(汗)」 ゴールデンレトリバーと父の攻防がどっちも必死で笑っちゃう!
  7. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  8. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  9. /nl/articles/2208/14/news014.jpg 拾ったときはシャム猫柄だったのに→「気付いたら全身黒くなっていた」 保護猫のビフォーアフターに「どっちも好き!」の声
  10. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい