インタビュー
» 2014年11月28日 11時00分 公開

『少女フレンド』座談会、6人の連載作家が語る少女漫画誌の今と昔(1/3 ページ)

連載当時のエピソードや、現在クラウドファンディングを実施中の『プラチナフレンド』刊行プロジェクトなど、『少女フレンド』で連載した経験を持つ6人の先生に座談会形式でお話を伺った。

[宮澤諒,eBook USER]

 1963年、“日本初の週刊少女漫画誌”として誕生した『週刊少女フレンド』(講談社、1991年に月刊化)。1996年に休刊となるまで、同じく講談社発行の『なかよし』を始め、『りぼん』(集英社)、『週刊マーガレット』(集英社)、『別冊マーガレット』(集英社)などとともに少女漫画の全盛期を支えてきた。

 現在、その少女フレンドに作品を掲載していた漫画家29人が集まり、漫画専門のクラウドファンディングサイト「FUNDIY」で同窓会誌『プラチナフレンド』の刊行プロジェクトがスタートしている。本記事では、プロジェクト立ち上げに関わった先生方に、連載当時のエピソードや、進行中のプロジェクトについて伺った。

 なお、このプロジェクトは先生方が自発的に始めたものであり、少女フレンドの版元である講談社とは関わりがないことを申し添えておく。

プラチナフレンド刊行プロジェクトはこうして始まった

左手前から順に、吉沢蛍、寄田みゆき、みづき水脈、かずはしとも、くりた陸、たちばなはなえ(敬称略)

―― まず、クラウドファンディングを始めるに至った経緯を改めて教えてください。

くりた 少女フレンドで描いていた人たちを集めて、漫画誌を作ってみたら面白いんじゃないかということを、かずはしさんや、みづきさんたちと話していたんです。

かずはし ちょうどそのころ、くりたさんも私もFUNDIYでクラウドファンディングをやっていて、これは結構いけるんじゃないかって話になって。

 私は、ほかの漫画家さん5人と一緒にそれをやってたんだけど、その時にFUNDIYさんから、複数の漫画家でクラウドファンディングをやるのって面白いね、ということを伺って、だったらもっと大勢でやりたいなと。

動画が取得できませんでした
寄田先生が手掛けたプラチナフレンドの紹介動画

―― 最初の想定では、何人の先生がプラチナフレンドに参加すると思いましたか?

くりた 10人くらい集まればいいかなあと思っていました。

かずはし 最初、話が出た時その場にいたのが4人(かずはし、くりた、高木裕里、たちばな)で、じゃあもう少し声を掛けようかとなりました。

―― 現在29人もの漫画家さんが参加しているわけですが、もともと少女フレンド時代から先生同士仲がよかったのですか?

みづき 出版社が旅行を用意してくれたりして、同世代での交流はありました。アシスタントをし合ったりとか。なので、ギスギスしたりということはなかったですね。編集者の方たちも優しかったですよ。

かずはし 美里繚子(西条じゅん)先生と、石井まゆみ先生がいろんな先生に繋いでくださって。

くりた 人脈がすごくて、あの人は? この人は? という風に先生たちに声を掛けてくださったんです。それでこの人数に。

―― プロジェクトでは、意外と高額の出資をしている人が多いですよね。

みづき そうですね。私がクラウドファンディングをやった時はそんなことはなかったんですけど。

寄田 友達が言うには、「10万円コースは、ここでしか手に入らないものだから欲しくなる」んだそうです。「原画が買えたり、パーティーに参加したりなんて一生に1回あるかどうかだし、安いくらいじゃないか」って。

10万円コースに申し込むと、完成記念パーティに参加できるほか、サイン入りの生原画も手に入る

たちばな それと世代の話で、フレンドの読者だった方って、自分の好きなものにお金を出すことにためらいが少ない世代のような気もする。あと、もうあまり描いていないような先生の漫画が読めるというのも、プラチナフレンドの売りだったりしますよね。

かずはし 休筆されている富永裕美先生も描いてくださったり。

くりた 板本こうこ先生もですよね。

みづき でも、1・4・8ページのどれかでって原稿をお願いしたら、みなさん快く何ページでも描くよって言ってくださって、漫画を描きたいという気持ちをひしひしと感じました。

くりた そういえば板本先生はもうネームを切りたい(原稿用紙に下絵を描く前に、プロットを漫画の絵に起こす作業)と言っておられましたよ。

一同 ええ! 早い!

みづき せっかくなので画像送っていただきたいですよね。そしたら、クラウドファンディングのページにアップして、「ネーム進行中!」みたいにお知らせできますし。

くりた 庄司陽子先生からいただいたFAXも載せたいぐらいですよ。すごい達筆な字で書かれていたので。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  2. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  3. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  4. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  5. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  6. /nl/articles/2208/15/news030.jpg 犬「頭なめさせて!」父「なめないで!(汗)」 ゴールデンレトリバーと父の攻防がどっちも必死で笑っちゃう!
  7. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  8. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  9. /nl/articles/2208/14/news014.jpg 拾ったときはシャム猫柄だったのに→「気付いたら全身黒くなっていた」 保護猫のビフォーアフターに「どっちも好き!」の声
  10. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい