ニュース
» 2014年12月08日 18時29分 公開

クリスマスにダサいセーターを着る海外ブームが加速 とうとう「ダサいセーター柄のスーツ」まで誕生

溢れ出るやけくそ感。

[たろちん,ねとらぼ]

 以前、アメリカやカナダで「クリスマスにダサいセーターを着る」のがブームになっていることをお伝えしましたが(紹介記事)、流行はさらに加速しているようでとうとう「ダサいセーター柄のスーツ」なる謎商品が誕生してしまいました。どういうことなの……。

画像 ダサい(確信)

 「ダサいセーター」はクリスマスプレゼントとしておばあちゃんなどが編んでくれる海外の定番アイテム。愛情たっぷりなのはうれしいけど普段着るにはダサすぎる。それならもうクリスマスはダサいセーター着てパーティしようぜ! というやけくそ感溢れる発想からスタートし、今では「ダサいセーターの日」が制定されるなど一大ブームに発展しています。

画像 カナダのバンクーバーでは「ダサいクリスマスセーターの日」まで誕生

 ブームに乗じてダサ柄セーターを販売してみたところなぜか売り上げも好調になってしまい、今回とうとうスーツにまでなってしまいました。かっちりしたスーツに雪だるまやクリスマスツリーなどの恥ずかしすぎるダサ柄をド派手にデザイン。上下セットアップのダサ柄で2倍のダサさを手に入れられます。いらないよ!

画像 自信に満ち溢れた顔で着こなすのがポイント

画像 かっこつければつけるほどダサさが引き立ちます

 本来「ダサ柄セーター」をリサイクルするためのイベントで、お金を出してダサ柄を買うのは本末転倒な気もしますが、このスーツも好評で既に今シーズン分の予約は終了。現在は来年夏ごろに手に入る追加生産分の予約を割引価格の99ドル(約1万2000円)で受付中です。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた