ニュース
» 2014年12月09日 09時00分 公開

2015年の干支・ひつじをテーマにした年末年始展示イベントを国立民族学博物館が開催だメェ

国立民族学博物館の資料などを使って、ヒツジと人との関り合いを紹介。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 2015年の干支が「未」年ということで、国立民族学博物館(大阪府吹田市)が「ひつじ」をテーマにした年末年始展示イベントを12月11日から2015年1月27日まで開催します。


画像 民族学博物館に眠っていたヒツジがみんなをお出迎え!

 同館における干支にちなんだ展示イベントは毎年恒例で、今回で第11回目。展示ではヒツジやヤギが人々とどのように関わってきたのかを、「そだてる」「つかう」「あらわす」の3つの観点から資料や写真パネル、映像を用いて紹介します。1月10日には同館教員によるギャラリートークも開かれます。


画像 ヒツジにまつわるワークショップも開催

 また期間中は展示以外にさまざまなヒツジに関する企画を実施します。1月12日は羊毛を使ってフェルトを作る「ゴシゴシ☆フェルト‐ふわふわ羊毛が大変身?!‐」と、折り紙でヒツジを折るワークショップを開催。18日は同館展示場にあるヒツジをスケッチして絵馬を作る「えとの未で絵馬を描こう!」と、干支の動物が出てくる西アフリカの昔話のお話しイベントが予定されています。すべて参加無料ですが、開始時間や定員数などがそれぞれ異なるので公式サイトでご確認を。

 展示場所は本館展示場のナビひろば。国立民族学博物館の開館時間は午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)、休館日は水曜日と12月28日から1月4日まで。入館料は一般が420円で、1月12日は無料観覧日となっています。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」