ニュース
» 2015年01月19日 19時56分 公開

「先生もいってたじゃないか!」いじめ解決に同調圧力? 法務省制作マンガが話題

実は1997年発行の啓発冊子。2013年版では違う解決策が紹介されていました。

[林健太,ねとらぼ]

 法務省Webサイトに掲載されている、人権問題の啓発冊子「みんなともだち〜マンガで考える『人権』〜」で描かれている「いじめの解決策」が、「何だかモヤモヤする」と話題になっていました。

 主人公の男の子が、ある方法でいじめっこを止めるのですが、それに対し「ただの同調圧力でいじめた側が反省していない」「まさに日本社会の縮図」といった否定的な声があがっています。その方法とは以下のようなものです。

主人公 「先生もいってたじゃない!みんな人権があるんだから、むりやりかばん持ちやおつかいをさせちゃいけない!」

主人公 「クラスのみんな同じ意見なんだよ」

みんな 「そのとおり!!」

いじめっこ 「わっ」

主人公 「どうする? いじめをやめてくれる?」

いじめっこ 「わ、わかった」「もうしない」

みんな 「ワーイ!」

 ちなみに、このマンガはたびたび話題にあがるもので、1997年に発刊されたものです。2013年には同名の冊子が発刊されており、2013年版では、1997年版とは異なるいじめ防止・解決策が提案されています。先生からクラス全員に対し「考えてみましょう そんな時、『自分がこうしてもらえたら」って」と問いかけ、子どもたちは自分の経験を思い浮かべながら、どうすればいいかひとりひとり考えていました。


みんなともだち〜マンガで考える「人権」〜 啓発冊子の表紙。左から、1997年版、2013年版 


みんなともだち〜マンガで考える「人権」〜みんなともだち〜マンガで考える「人権」〜 いじめに関するマンガ。左から、1997年版、2013年版

 なお、法務省の資料「学校におけるいじめに関する人権侵犯事件の推移」によると、平成21年が1787件、その後増え続けており、平成24年3988件、平成25年4034件と報告されています。

林健太

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」