ニュース
» 2015年01月27日 10時59分 公開

この冬は“バチッ”にさよなら! 不快な静電気を解消する2つの対策

静電気対策であの嫌な「バチッ」を解消しましょう。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 寒さが厳しくなるとともに、気になってくるのが静電気。

 クルマのドアやドアノブにさわった瞬間にバチッ! 服を脱ぐときにバチッ! 人に触れてもバチバチッ!となって、困り果てている人も多いのでは。

 この静電気、不快なだけでなく痛みを感じたり、ときには精密機器の誤作動を招くこともありますから、「静電気体質だから……」あきらめてしまわず、どうにかしたいですね。静電気が起きる原因が分かれば対策は意外と簡単。すぐに実践できる対策をご紹介します。

静電気が起きる原因が分かれば対策は意外と簡単!

冬に悩まされることが多いのはなぜ?

 実は一年を通じて発生している静電気。でも湿度が高い夏場は、服や衣類、カラダが電気を通しやすい水分を含んでいるため、水分がいわば「天然のアース」となって足元から地面にゆっくり放電され続けていて、気にならないのです。

 逆に空気が乾燥していると自然な放電がされにくいため、カラダにどんどん電気がたまり、ドアノブなどの電気を通しやすいものに触れた瞬間、一気に放電してバチッ!となることに。静電気が気になるという人は、肌や手などが乾燥していませんか? たとえ雨や雪の多い地方でも、暖房などで空気が乾燥している場合は、静電気が起きやすくなるので要注意です。

 また、秋冬に出番が多いフリースやウール、毛皮、ナイロンなどはどれも水分を吸収しにくく、電気をためやすい性質。カラダが電気を帯びやすく放電されにくいという2つの原因から、冬場に悩まされる場面が多くなるのです。

対策1:しっとり状態をキープする

 ではどうしたら、不快な静電気とさよならできるでしょうか?

 まず一つ目は、自然に放電されやすいしっとりした状態をキープすること。日ごろから加湿器などを使って部屋の湿度を上げるとともに、保湿重視のスキンケアやヘアケアをし、ハンドクリームなどをこまめに塗ることで、自分自身のカラダの表面の水分量も上げるように心がけましょう。

 また、髪をとかすときに専用のミストを使ったり、ドアノブをぬらしたハンカチで触る、木や紙、コンクリート、石などに先に触れるなど、静電気が発生しそうな場面で、水分を味方につけてゆるやかに放電させるというピンポイントの対策も効果的です。

対策2:衣類の組み合わせとケア

 2つ目は静電気を発生させにくくすること。

いつも身につける衣類とその組み合わせはとくに大切です。物質は必ずプラスかマイナスの電気を帯び、その差が大きいほど静電気が発生しやすい特徴をもちます。たとえば冬に出番が増える「ウールのセーター」「フリース」は、とても危険な組み合わせ。服を選ぶ際には、帯電しやすいものを重ね着しないように意識するとよいのですが、これが面倒だと感じる人は「電気をためやすい素材には、水分を含みやすい木綿や絹を合わせる」と覚えておくだけとよいでしょう。

 また、服を洗濯する際には柔軟剤をプラスするのを忘れずに。柔軟剤には繊維をふんわり仕上げてくれるだけでなく、静電気を防止する効果もあるからです。それでも発生してしまう場合や自宅で洗えない服には、静電気防止スプレーを使うのも一つの手です。

意外と簡単! すぐ始めてみよう

 自分が静電気体質だと感じている人も、実は乾燥しすぎや着ている服が原因かもしれません。

 最近はいろいろな静電気防止グッズもありますが、まずは簡単でお金もかからない2つの対策を試してみては。

 乾燥対策は風邪やインフルエンザ、肌荒れの予防にもつながって一石二鳥ですね。

 毎日のちょっとした工夫で、快適な冬を過ごしましょう。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた