ニュース
» 2015年01月28日 10時02分 公開

最強のトイレ消臭剤を決める実験をやってみた

1週間、トイレであらゆるニオイを嗅ぎまくりました。

[中村未来/清談社,ねとらぼ]

 100円ショップで買ってはいけないものの代表格がトイレの消臭剤だと思う。ほのかな香りで嫌なニオイを誤魔化す程度で、まったくと言っていいほど消臭効果はない(気がする)。これは実体験だから間違いない。消臭剤は、それなりのものを買わなければ意味がないのだ。とはいえ、そもそもトイレの消臭剤で満足したことがない。というよりも、真剣に嫌なニオイを消そうと、悩みに悩んで消臭剤を買ったことがない。


 「そろそろ、最強のトイレ消臭剤を知るときが来たのではないか」――。


 筆者のそんな思いが、今回の実験へと駆り立てた。実際に消臭剤を使い比べてみて、その効果を検証するというものである。

 調べてみると、消臭剤は「据置タイプ」と「スプレータイプ」の2つに分けられる。そして、これらよりややマイナーな存在として「液体タイプ」というのがあるそうだ。そこで、世間での認知度、ネットの口コミなどを考慮し、それぞれのタイプから今回の実験にエントリーする消臭剤を選抜してみた。

エントリーナンバー1

据置タイプ代表「トイレの置き型ファブリーズ あふれるフレッシュグリーンの香り」

 ニオイキャッチャーゼリーがアンモニア臭を中和して消臭。ほのかな香りでトイレ空間を快適にしてくれる。消臭界の代表ともいえるファブリーズからは、置型タイプの消臭剤が参戦。Amazonランキングではトイレ消臭剤部門で1位を獲得している。スプレータイプに比べ、瞬発力にやや不安あり。


画像 トイレの置き型ファブリーズ あふれるフレッシュグリーンの香り

画像 トイレに置く

エントリーナンバー2

スプレータイプ代表「エステー トイレの消臭力スプレー 無香料」

 T.M.Revolutionらが出演するCMが話題。3D広角ジェット噴射で瞬時に効き目が広がり、天然消臭成分が悪臭を消す。効果が見えやすいことで人気なのがスプレータイプ。従来の商品よりも噴射力が増した商品。


画像 エステートイレの消臭力スプレー 無香料

画像 トイレに噴射する

エントリーナンバー3

液体タイプ代表「ハッピーワン 1滴瞬間消臭」

 トイレの前に一滴垂らすだけ。水面に膜をはり、嫌なニオイをもらさない。芳香剤では効き目のなかったニオイを完全消臭。携帯に便利で女子高生に人気の商品なんだとか。ピンククリスタルの香りとはどんなものか気になるところ。


画像 ハッピーワン 1滴瞬間消臭

画像 トイレに垂らす

エントリーナンバー4

微生物タイプ代表「コジット バイオトイレの臭いに」

 バイオ(微生物)が空気に触れて活動を始めると、抗菌物質を発生してニオイの元を抑える。無臭。消臭剤界の中でも異色の存在である微生物タイプが特別にエントリー。ほとんどの消臭剤が芳香剤の効果もある中、こちらは唯一無臭。ニオイを取るためだけに作られたとあり、期待が高まる。


画像 コジット バイオトイレの臭いに

画像 トイレに置く

 以上、4つの消臭剤の中から最強が決まる。

 検証実験の方法は、大便をした後に、第三者がそのニオイを嗅ぐといういたってシンプルなもの。便のニオイを嗅がせてくれたのは26歳男性会社員。ニオイ判定人として筆者とともに女性1人が協力してくれた。

 このようにして嗅いでいく。


画像 くんくん

画像 (編集部:この人たちなにやってんだろう……)


 そして。約1週間に及ぶ実験結果をここに報告する。


据置タイプ代表「トイレの置き型ファブリーズ あふれるフレッシュグリーンの香り」の感想

  • 広いトイレが、あっという間にフレッシュグリーンの香りで包まれた。
  • 大便の嫌なニオイは残らず、フレッシュグリーンの香りが広がったまま。まるで青空トイレのような爽快感に包まれる。
  • しかし、人によっては、香りがキツすぎるかもしれない。それくらい匂いが強い。
  • 好みの香りじゃない場合、リラックスして用を足せないというデメリットを発見。

スプレータイプ代表「エステー トイレの消臭力スプレー 無香料」の感想

  • さすが3D広角ジェットなだけあり、噴射の威力が強い。
  • 大便の嫌なニオイを、風圧で飛ばしてしいるような気持ちになれる。
  • 無香料ではあるものの、芳香剤が含まれているため、不思議な香りが残る。
  • この不思議な香りが、意外と不快。「スプレーを噴射した感」が丸々残るため、なんとなく大便を想像してしまう。

液体タイプ代表「ハッピーワン 1滴瞬間消臭」の感想

  • 一滴垂らすだけというのが手軽で嬉しい。
  • 垂らした瞬間はなんの変化もない。
  • 大便後水を流すと、りんごのような香りが広がる。恐らくこれがピンククリスタルの香り。女子の部屋っぽい香り。
  • 嫌なニオイはない。ただ、ピンククリスタルの香りが結構強く残る。数分後まで残る。

微生物タイプ代表「コジット バイオトイレの臭いに」の感想

  • トイレ内が無臭。
  • 大便後も無臭。ニオイらしきものはほとんど残らなかった。

 以上の結果を鑑みて、最強のトイレ消臭剤決定戦の1位に輝いたのは、微生物タイプ代表「バイオトイレの臭いに」だった。


 ニオイ判定人によると、「『クサっ!』ってことは一度もなく、それぞれに高い消臭効果を感じられた。ただ、芳香剤効果があるものは臭くはないが、(なにかに誤魔化されてるだけで)嫌なニオイと混ざっていそうで(できれば)嗅ぎたくなかった。完全な無臭状態にしてくれるのがバイオの良かった点。なんだかんだ無臭が一番だと感じた」と、コメント。

 筆者自身、バイオから「無臭」にこだわる姿勢が感じられて、これこそが本当の消臭剤だと思えた。もちろん、ここでの実験はあくまで筆者たちの主観であるため、すべての人に当てはまるわけではない。大便の状態によって、ニオイの強さもかなり違ってくるだろう。

 しかし、大便のニオイを消そうと努力することは、次にトイレを使う人への優しさへとつながるのだ。少しでも多くの人が、その優しさに気づいてくれたらと思う。……まぁ、それはともかくとして、最近の消臭剤の効果はかなりすごいということが分かったので、皆さんもここで紹介したもの以外のものもお手にとって試してみてほしい。

(中村未来/清談社)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」