ニュース
» 2015年02月10日 14時44分 公開

「虫を殺して体内のクッキーを取り出します」 伝説のゲーム「クッキークリッカー」が斜め上のアップデートを繰り返していたと話題に

君はあのクッキーババアを覚えているか。

[たろちん,ねとらぼ]

 約1年半ほど前にネット上で大流行したブラウザゲーム「クッキークリッカー」を覚えているでしょうか? 実はブームが落ち着いたあともアップデートが繰り返され、さらに斜め上方向に進化していたと話題になっています。

画像 クッキークリッカー

 画面のクッキーをひたすらクリックするだけという単純なゲームながら、ゲームが進むと毎秒数億枚、数兆枚のクッキーが焼き上がるという圧倒的インフレっぷりと、登場キャラ「クッキーババア」のネタキャラっぷりで中毒者が続出したゲーム。一方、「クッキーのことしか考えられなくなる」という危険度の高さからかブームの終息も早く、すぐにやめてしまったという人も多いのではないでしょうか。

 当時話題になったのは、クッキーを焼かされすぎて怒ったクッキーババアたちが異形の生命体に姿を変えて世界を破滅に導く「ババアポカリプス」。ブームのころはそれが実質的な最終要素でしたが、その後のアップデートでクッキーを食べる「虫」という要素が追加されました。「虫」には体内でクッキーを増やしてくれる効果があり、ババアポカリプスに近づくほど大量発生するというシステム。現在のクッキークリッカーでは、クッキーの周りにうじゃうじゃと集まった虫を叩きつぶしてその体内で増えたクッキーを回収するというのが、重要な攻略パターンになっています。なにそれこわい。

画像 普段はとっても優しそうな(?)クッキーババア

画像 「ババアポカリプス」が起きるとこういう生き物になります

画像 最近はクッキーを食べる気持ち悪い虫をつぶして体内のクッキーを取り出すゲームになったよ!

 このアップデート自体は1年以上前からありましたが、最近になってTwitterで拡散されたことで大きな話題に。ほかにも「バレンタイン」「クリスマス」といったイベントや、呪文で大量のクッキーを召還する「魔法使いの塔」といった謎の新設備も追加されており、「懐かしい」「またやってみたくなった」などと再び盛り上がりを見せています。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた