ニュース
» 2015年02月15日 08時30分 公開

ニチアサに「ウテナを思い出す……」の声 悪いオタクが「Go!プリンセスプリキュア」を見て「少女革命ウテナ」を連想してしまう理由悪いオタクですみません

四隅でまわるアレと影絵。「ゴープリ」は「ウテナ」なのか?

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 プリキュアの新シリーズ「Go!プリンセスプリキュア」(以下、「ゴープリ」)。通算12作目、10代目のプリキュアです。テーマは「プリンセス」、キャッチコピーは「つよく、やさしく、うつくしく!」となっています。

 この作品に対して、Twitterを中心に、「『少女革命ウテナ』を思い出す!」という声が上がっています。「ウテナ」は1997年に放送されたアニメ。「ゴープリ」のどこに「ウテナ」を感じているのでしょうか。


画像 放送中のアニメ「Go!プリンセスプリキュア」


「王子様」に出会って夢を決心する主人公

 「ゴープリ」の主人公は中学校1年生の女の子・春野はるか。彼女の夢は「プリンセスになる」こと。もともと「おとぎ話に出てくるプリンセスになりたい」というあこがれを持った女の子でしたが、謎の青年・カナタとの出会いから、その思いを中学生まで持ち続けることができました。ちなみにカナタは実はホープキングダムの王子様。

 「ウテナ」の主人公・天上ウテナは中学2年生の14歳女子。幼いころ「王子様」と出会い救われたことで、「王子様になる」という夢を持つようになり、学園に男子の制服で通っています。

 幼いころの「王子様」との出会い、そして強く持った夢。王子様が「ゴープリ」でも「ウテナ」でも褐色の青年であるという共通点もあります。


画像 春野はるかが出会った王子様・カナタ王子


大人が先生しかいない! 学園の寮生活

 「ゴープリ」の舞台は全寮制の学校・ノーブル学園。「プリキュア」シリーズで全寮制の学園が舞台になるのは初めて! 学園の設定は女児が「こんな学園に通ってみたい!」と思うようなワクワクするものになっています。友達との相部屋生活って楽しそう。

 ウテナたちが通う鳳学園は全寮制ではないものの、主人公のウテナは寮生活をしています。薔薇の花嫁・姫宮アンシーと相部屋で共同生活を送ります。

 もちろん、寮が出てくるアニメは「ゴープリ」「ウテナ」だけではありません。「寮」「学園」というどこか非日常的な空間で描かれる、キラキラした少年少女の日常と戦いは、どの世代のハートもくすぐるということなのでしょう。



四隅でまわるアレと影絵。こだわりの演出

 今回「ゴープリ」のシリーズディレクター(監督)を務めるのは、今回が初監督の田中裕太さん。シリーズ構成の田中仁さんも、脚本では「プリキュア」シリーズに何度も参加していますが、シリーズ構成を担当するのは初めてです。「ゴープリ」の演出は、プリキュアの「お約束」(変身&必殺技はバンクだったり、けっしてパンチラをしなかったり、変身後に力が大きすぎてジャンプをしすぎてしまったり)を守りつつも、演出面でさまざまな遊びがされています。

 その中で印象深いのが、ときおり画面の四隅でレースのような白い丸が回ること。なんとなく画面が華やかで気高い印象になります。実は「ウテナ」の画面でも、ときおり四隅に意味深に薔薇が回るんですよ。

 そして多くの悪いオタクがざわっとしたのは、「ゴープリ」2話で「影絵」のようにプリキュアが描かれるカットがあったこと。「ウテナ」では「影絵少女」という影絵で動かされる寸劇が挿入されていて、多くのファンが影絵に「ウテナ」の香りを感じるようになってしまっています。


画像 「ウテナ」には影絵姿の少女・影絵少女が出てきます


じゃあ、「ゴープリ」は「ウテナ」なのか?

 このように、「ゴープリ」と「ウテナ」の共通点を挙げることはできます。なら、「ゴープリ」は「ウテナ」なのか? もちろん答えは「ノー」です。「プリキュア」シリーズは、あくまでも女児のためのアニメ。思春期の少年少女(それから大人)に直撃した「ウテナ」とは違います。

 モチーフの描かれかたも異なります。「ウテナ」では「お姫様」はむしろ否定的に描かれましたが、「ゴープリ」はとびっきり肯定的に描かれます。そもそも、ディズニー版「塔の上のラプンツェル」や「アナと雪の女王」で見られるように、今は「王子様に幸せにしてもらう」お姫様像は古いものになっています。「ゴープリ」のプリンセスも、「守られる」お姫様ではなく、「みんなを守る」お姫様です。

 「ごきげんよう」のあいさつから「マリア様がみてる」をなつかしむ人も、敵の攻撃の仕方から「美少女戦士セーラームーン」を連想する人もいます。結局、女児のために全力で作られた面白いアニメを見て、自分が昔大好きだった作品を思い出してしまうということなのでしょう。ううーん、悪いオタクですみません!


青柳美帆子


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10