ニュース
» 2015年02月22日 10時30分 公開

2月22日は「猫の日」! ちょっぴりミステリアスな猫の世界をのぞいてみよう

2月22日の2のゾロ目「2・2・2」と、猫の鳴き声「ニャン・ニャン・ニャン」の語呂合わせにちなみ、2月22日は「猫の日」となっています。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 愛猫家の文化人らによる「猫の日制定委員会」と「一般社団法人ペットフード協会」が協賛し、「猫と幸せに暮らせる喜びを、猫と一緒にかみしめる記念日」という趣旨で、1987年に制定された「猫の日」。2月22日の2のゾロ目「2・2・2」と、猫の鳴き声「ニャン・ニャン・ニャン」の語呂合わせにちなみ、全国の愛猫家からの公募でこの日に決定したそうです。

 そこで今回は、猫にまつわるちょっと不思議な世界に迫ってみました。

人間にはない特徴や機能が備わっている猫の目。その暗視能力は人間の約6〜10倍!

オスの三毛猫はいない?

 いわゆる三毛猫とは、「オレンジ(茶)・ブラック・ホワイト」3色の毛色を持った猫のことです。

 猫の毛色や模様は、主に遺伝子の組み合わせによって決まります。オスの猫は「X・Y」、メスは「X・X」という染色体を持っており、オレンジの毛色を出す遺伝子はX染色体の中に含まれています。

 オスはX染色体をひとつしか持っていないため、X染色体にオレンジの遺伝子が含まれていれば、オレンジ系の被毛(茶トラなど)になります。また、X染色体にオレンジの遺伝子が含まれていなければ、ブラック系の被毛になります。

 一方、メスはX染色体を2つ持っているため、ふたつのX染色体にオレンジの遺伝子が含まれていればオレンジ系の被毛に、ふたつとも含まれていなければブラック系の被毛になります。そして、一方のX染色体にオレンジの遺伝子が含まれていて、もう一方に含まれていない場合、「オレンジ系&ブラック系」の被毛になるのですが、ここに「一部がホワイトになる遺伝子」が発現すると、ホワイト・ブラック・オレンジの毛色を持った三毛猫になるという訳です。

 ただ、数万頭に1頭の割合で「X・X・Y」という染色体を持つ、オスの三毛猫が生まれることがあるそうです。これは「クラインフェルター症候群」という染色体の異常で、生まれてきてもほとんど繁殖能力はありません。

暗闇でも見える「猫の目」の秘密とは?

 私たち人間と比べて、猫はかなり暗い場所でもモノを見ることができます。

 猫の目には人間にはない特徴や機能が備わっており、その暗視能力は人間の約6〜10倍あるといわれています。

【人間より瞳孔が大きい】

 猫のひとみの部分の「瞳孔(どうこう)」は、明るい場所では縦に細くなっていますが、暗い場所では人間の2〜3倍程度まで大きく(円形に開く)なります。そのため、わずかな光でも目の奥の網膜まで取り入れることができるのです。

【明暗を識別する視細胞が発達している】

 明暗の識別は、網膜内の「捍体細胞(かんたいさいぼう)」と呼ばれる視細胞で行われます。猫はこの捍体細胞の密度が、人間の約3倍もあるそうです。

【網膜の後ろに光を増幅させる反射板がある】

 猫の網膜の後ろには、人間にはない「タペタム」と呼ばれる輝板があります。このタペタムが網膜に入った光を反射して、ふたたび網膜側へ戻す仕組みになっているため、わずかな光でも増幅させて感知できるのです。

未知なる猫の気持ちに寄り添って……

 ちょっとミステリアスな猫のお話、いかがでしたか?

 もしかすると猫たちには、私たちとはまったく違う世界が見えているのかもしれませんね。

 オウチで猫を飼っているという人も、あらためて愛猫の気持ちになって寄り添ってみては……? 何か新しい発見があるかもしれませんよ。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  4. /nl/articles/2108/05/news122.jpg キモノ風ですてき! 英金メダリスト、プールサイドで編んでいたカーディガン披露「五輪を思い出させる何かが作りたくて」
  5. /nl/articles/2108/04/news164.jpg 「可愛いいいい」「ハートに恋の毒が回りました」 本田真凜、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶのコスプレでファンを魅了
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/05/news142.jpg おうちに帰るまでがオリンピックです! 五輪参加アスリート&ジャーナリストが感動した日本式“お見送り”
  8. /nl/articles/2108/05/news015.jpg 飼い主がお風呂に入ろうとしたら……ワンコの先客が!? 一番風呂でくつろぐゴールデンレトリバーに爆笑
  9. /nl/articles/2108/05/news037.jpg 子犬「暑い、むりぃ……」 早朝のお散歩で見せたモフモフワンコの全力な表情が応援したくなる
  10. /nl/articles/2108/04/news154.jpg Twitterで「今見てたツイートが急にスクロールしてどっか行く現象」を抑える方法が話題 「助かる!」「地味にストレスたまってた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する