盆栽ティラミスに苔パフェ 「盆栽カフェ」で“わび・さび”を堪能してきた

ティラミスの上でカイワレが芽吹いているぞ。

» 2015年03月06日 10時53分 公開
[朝井麻由美,ねとらぼ]

 渋谷で今、“盆栽”が食べられる。東急ハンズで期間限定オープン中の「BONSAI CAFE(盆栽カフェ)」のメニューである。苔や土をイメージしたスイーツを、スコップのような形のスプーンでザクザク掘り、“わび・さび”を感じながら食べるのだという。それだけでは何がわびさびなんだかよく分からないが、さっそく食べに行ってみた。

 注文したのは、「BONSAI ティラミス 〜芽吹き〜」(490円)、「苔 〜BONSAI〜 パフェ」(490円)、「抹茶ラテ 〜BONSAI〜」(480円)の3つ。

 まずはティラミス。植木鉢のような容器の真ん中で芽吹いているのは、なんとカイワレだ。


画像 「BONSAI ティラミス 〜芽吹き〜」。スプーンがスコップ

 近くで見ると、どう見ても土。


画像 土から生えているカイワレ

 表面の土は、砕いたオレオクッキーが使われており、スコップスプーンで掘り進めていくと、クリームやチョコレートスポンジが出現する。味はあっさり甘さ控えめ。甘すぎず、重すぎず、主張しすぎず。わびさびである。

 そして、苔パフェ。こちらは想像した以上に苔だった。パフェというより、苔。


画像 「苔 〜BONSAI〜 パフェ」

 近くで見ると……、苔だ!


画像 すごく……、苔です

 苔の部分は抹茶のスポンジを細かくしてふりかけられている。スプーンを入れると、粉雪のようにふわふわさらさら崩れてゆく。雑に手を動かして食べ始めたため、堂々たる苔然とした表面はあっけなく崩壊してしまった。表面がさらさらしすぎていて少々食べにくい、という感想を抱いたのだが、要はしとやかにスプーンを動かさねばならないということだ。わびさびである。ちなみに、中身はあずきや栗入りの抹茶プリンになっている。

 盆栽ティラミスと苔パフェと比べたら、やや派手さに欠けるが、抹茶ラテには盆栽のラテアートが施されている。埼玉の大宮盆栽美術館にある「五葉松 銘 千代の松」をかたどっているらしい。


画像 「抹茶ラテ 〜BONSAI〜」

画像 盆栽スイーツ三銃士

 もちろんカフェ内で楽しめるのは、盆栽スイーツだけではない。盆栽に詳しくなれるパネルが店内のそこかしこに展示され、ミニチュア盆栽なんかもある。


画像

画像 大宮盆栽美術館にある盆栽をミニチュア化したもの

 実際に購入できる盆栽コーナーを覗くと、寒くて葉をつけていない慎ましやかな盆栽が並んでいた。


画像 ワンコインで買える盆栽も

 中でも、ひときわ目を惹いたのは、苔盆栽。


画像

 先ほど食べた苔パフェと比べてみると、わりと一致。


画像画像 左が苔パフェ。右がリアル苔

画像画像 明日から始められる盆栽グッズコーナー

 赤や黄色などの華やかな色味は一切なく、懸命に土や苔の擬態をするスイーツ。そして東急ハンズの通常の商品に混じってさりげなく置かれている盆栽グッズ。実にわびさびな盆栽カフェなのであった。開催は2015年4月5日まで。日本のわびさびがそこにある。

朝井麻由美(@moyomoyomoyo)。フリーライター・編集者・コラムニスト。ジャンルは、女子カルチャー/サブカルチャーなど。ROLa、日刊サイゾー、マイナビ、COLOR、ぐるなび、等コラム連載多数。一風変わったスポットに潜入&体験する体当たり取材が得意。近著に『ひとりっ子の頭ん中』(KADOKAWA中経出版)。構成書籍に『女子校ルール』(中経出版)。ゲーム音楽と人狼とコスプレが好き。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」