会社帰りのちょい飲みにピッタリ!? フレッシュネスバーガーの500円生ハム食べ放題に行ってきた

500円で生ハム食べ放題、980円でワイン飲み放題――フレッシュネスバーガーのワインバル「フレバル」を堪能してきた。

» 2015年03月12日 11時30分 公開
[姫野ケイ,ねとらぼ]

 生ハムと言えば、ちょっとオシャレで高級感あふれる食べ物。赤ワインを傾けながら味わえば、さらに幸福感が増すだろう。そんな生ハムがなんと、フレッシュネスバーガーの一部店鋪で食べ放題という情報をキャッチした。しかも500円! これは行くしかない。

 現在、生ハム食べ放題が楽しめるワインバル「フレバル」(FRESHNESS BAR)を行っている店鋪は都内の町屋店、錦糸町店、新富町店の3店鋪。今回は新富町店へ行ってきた。

フレッシュネスバーガー新富町店
フレバル

 生ハムだけでなく、ワインも980円で飲み放題(どちらも制限時間は1時間。価格は税別)。生ハムを食べるならワインも飲まなければ! ということでレジで生ハム食べ放題とワイン飲み放題を注文。サイドメニューも頼んでみることに。サイドメニューも300円〜という手頃な価格だ。自家製ピクルスとカリーヴルスト(ソーセージ)をオーダーした。

いざ、注文!

 生ハムはその場で塊肉をスライスしてくれる。慣れた手つきでスライサーを操作する店員さん。生ハムはレジで受け取るのではなく、席まで運んでくれるというので、とりあえず席へ。

スライサー

 席に着くと、店員さんがワイン飲み放題に使用するグラスを持ってきてくれた。レジの横にはワインの樽が置いてあるので、セルフサービスでワインを注ぎに行く。

オシャレなワイン樽
ワインは白と赤の2種

 赤ワインと白ワインの2種類があるが、まずは赤ワインをチョイス。樽に付属しているボタンを押すと、ジョボジョボと美しいボルドー色の赤ワインが流れ落ちてきた。

まずは赤ワイン

 ワインを持って席に戻ると、ちょうど生ハムが運ばれてきた。500円でこの量とは、普通の居酒屋やバーに比べるとかなりお得なように思う。いざ、実食。

生ハム!
左から、生ハム、ピクルス、カリーヴルスト
いただきます!

 食べ放題となると「ああ、やっぱり食べ放題ならこの程度だよな」と思う店もある。しかし、この生ハムは本物! 食べ放題でないお店で頼んで出てくるものと遜色ないクオリティ、いや、それ以上の味だ。

 フレッシュネスバーガー広報の遠藤友梨子さんに聞いてみたところ、こちらの生ハムはスペイン産のハモンセラーノ。ほかの飲食店で提供されている生ハムはイタリア産のプロシュートが多い。筆者は10回以上スペインを旅行して本場の生ハムの味を覚えてしまったため、生ハムには少しうるさいのだが、これは納得できる味だ。

 続いて、ワインのお味はどうだろう。

ゴクリ

 赤ワインは、独特な渋みが苦手という人もいる。しかし、このワインはくどくなく、甘口で飲みやすい。女性が好みそうな味だ。そしてやはり、生ハムとの相性が最高である。ワインは赤も白もカリフォルニア産の「カルロ ロッシ」。

 サイドメニューでもワインが進む。お店で漬けているというピクルスは、生ハムで塩辛くなった口の中をさっぱりさせてくれる。カリーヴルストはしっかりとした肉感で、こちらも赤ワインにぴったり。

ピクルス
カリーヴルスト

 食べ放題なので、もちろん生ハム2皿目を追加。店員さんに声をかければお代わりを持ってきてくれる。

2皿目もいただきます!
ワインもお代わり。3杯目のワインで、少し楽しくなってきた筆者

 筆者のような飲んべえにとっては飲み放題はうれしいシステムだ。何杯も飲めないけれどワイン楽しみたいという人は、グラスワインを300円で注文できる。ワイン以外にも生ビールやハイボールなどのドリンクメニューもある。

 フレバルの時間は午後5〜9時。ちょうど会社員が仕事を終える時間で、仕事終わりのちょい飲みや、飲み会前にフレバルで少し飲んでいくという方も多いそう。

 食べ放題・飲み放題は1時間のため、45分ほど経つと、店員さんがラストオーダーの時間を知らせてくれた。サイドメニューも食べたせいでさすがにお腹いっぱいのため、追加注文はしなかった。「女性の方は平均、生ハムを3皿食べていかれますよ」と広報の遠藤さん。サイドメニューを頼まず生ハムのみなら、3皿はペロッといけそうだ。

 現在、このフレバルは都内の一部店鋪のみでの実施だが、今後は全国に展開していくのが目標。今回訪れた新富町店は、少し歩くとオフィス街。ファーストフード店特有の学生が集う雰囲気は皆無で、お客さんは会社員風の方ばかりの落ち着いた店内だった。そんな中、生ハムとワインをいただくのは非常にオツだった。

 生ハムはおいしいだけでなく、「オシャレなモノを食べている」という点の満足度も大きい。フレッシュネスバーガーでそんな欲求を満たせると、日々のちょっとした幸せが増えそうだ。

姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」