ニュース
» 2015年03月17日 07時15分 公開

キレイな花なのに、なぜこの名前? 植物につけられた名前の不思議

きれいな花なのに「オオイヌノフグリ」、地味なのに「ヒメオドリコソウ」……名付けの理由は?

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 陽あしは伸びてきて、花の季節にもあともう少し。そんな頃に街中の道端や野原でもよく見られる代表的な野草、オオイヌノフグリは、目の醒めるような濃い瑠璃色の花が印象的です。早春から初夏にかけて、空き地の陽だまりなどに群生して青い星のような花が咲かせます。こんなきれいな花をめぐって、愛好家達は積年のバトルをくりひろげてきたのです。

こんな名前はふさわしくない? 名づけをめぐってバトル勃発

 原因はその名前。「オオイヌノフグリ」の「フグリ」とは、陰嚢の古語なのです。「こんなにきれいな花なのにひどい!」「名前を呼ぶのが恥ずかしい!」「子供に意味を教えにくい!」という声が多数上がり、「もっとふさわしい名前にしよう」と改名運動が起きたのです。

 名前の由来はといえば、明治の中ごろ東京御茶ノ水で植物学者牧野富太郎博士が自生しているのを発見した帰化植物で、日本の在来種イヌノフグリと同じ種で大型の花をつけるので「オオイヌノフグリ」と命名されました。在来種イヌノフグリはといえば、実が犬の陰嚢に似ているからなのですが、オオイヌノフグリの実はそれほど似ているわけではないので改名派はなおのこと気に入らない。

 実際「星の瞳」「天人唐草」などの別名もあり、そちらを積極的に普及させよう! というわけです。けれども、かたや改名に反対する声も多く、「味わい深い名前だしふさわしいと思う」「星の瞳とかの方が恥ずかしい」という意見があり、かなり激しい争いが続いてきたのです。

 結局この論争は決着がついていないのですが、未だにほとんどの場合オオイヌノフグリと呼ばれていて、改名運動は不発のようです。

 多分、春の野原ののどかな空気には、このちょっととぼけた名前のほうがぴったりくるからでしょうか。

 さて、それとは逆に、とてもかわいらしく詩的な名前をもらったヒメオドリコソウ。どんなにきれいな花なのでしょうか。

キラキラネームの地味な奴

 「ヒメオドリコソウ」と聞いて、皆さんはどんな花を思い浮かべますか?

さぞかわいらしいメルヘンチックなイメージが浮かぶのでは。何しろ「姫」で「踊り子」。きらきらです。さっそくさがしてみましょう。

 よく目立つオオイヌノフグリを見つけたら、近づいてよく周囲をながめてみてください。たいていすぐそばに交じり合うように、くすんだ苔のような葉色で薄いピンクの小さな花をつけた野草が見つかるはずです。それがヒメオドリコソウ。でもぱっと見、小指の爪ほどの小さな葉はしょんぼりしたように縮こまり、花も豆粒のように地味で、とても踊り子のようには見えません。なぜこれがこんな名前に?

 実はこの花も帰化植物なのですが、同じシソ科でGWごろに咲く在来種のオドリコソウに似ていて、ずっと小型なので「姫」と名づけられたのです。本家のオドリコソウの方はすそをなびかせて踊るように見える華やかな野草ですが、ヒメの方は、「滅相もございません」とでも言いたいように申し訳なさげです。多くの人は名前から連想したイメージと違ってがっかりしてしまうかも。でも、日当たりや養分などの環境がいい場所では大きく葉を張って茎を伸ばし、なるほど小ぶりなオドリコソウだなと思わせる姿を見せることもあるのです。

植物の名前は情報の宝庫

 現代人は植物というと花にばかり注目しがちですが、植物との関わりが深かった昔の人は、花だけではなく実や葉、根や効能や味、振る舞いなど色々なものを観察して豊かな想像力で名をつけています。

 最初はぴんと来なくてもその植物をよく知るようになると、なるほどそれでこういう名前なんだ、と腑に落ちることが多くあるのです。

 詩的だったり、グロテスクだったりユーモラスだったり、面白い名前の植物はまだまだ沢山ありますよ。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい