「オタク新世紀宣言」発表! 市長も教授もオタクを語る 「コミケットスペシャル6」リポート(1/2 ページ)

「OTAKU EXPO」が併催され、“オタクイベントの国連”が結成された「コミケットスペシャル6」をリポート。コスプレもありますよ!

» 2015年03月31日 10時52分 公開
[松岡洋ねとらぼ]

 5年に1度、コミックマーケット準備会が開催するイベント「コミケットスペシャル」が3月28〜29日、幕張メッセ(千葉)にて行われた。

 今回はコミケ40周年記念として、海外の28のイベント団体を招いて「OTAKU EXPO」を併催したのに加え、2012年に脅迫事件を受けて自粛した(関連記事)「黒子のバスケ」ジャンルの救済措置として、29日に「黒子のバスケオンリー同人誌即売会 くろケット」を開催した。

自粛により空っぽになった2012年冬コミの東1ホール(「厳戒態勢のコミックマーケット83 「黒子のバスケ」脅迫で空っぽのエリアも」より)
くろケット全景

“オタクイベントの国連”結成

 OTAKU EXPOでは千葉市長の熊谷俊人氏や国立新美術館館長の青木保氏らが登壇した「俺たちのコミケがそんなに悪いイベントなわけがない」シンポジウムも開かれた。コミケのサークル参加経験のある熊谷氏が、地元千葉が舞台となった「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」についてのエピソードを披露。アニメでもたびたび描かれている千葉モノレールを中国から聖地巡礼に訪れたりするなど、人を引き寄せるアニメの魅力などを語った。

熊谷俊人氏

 また、青木氏は元文化庁長官として麻生内閣で推進していた国立メディア芸術総合センター(仮称)を所管していたこともあり、日本のポップカルチャーの魅力、そしてその源流となっているコミケの意義を語った。

青木保氏

 大学教員らによるアカデミックシンポジウム「日本発文化創造:同人文化を中心に」では、東京工業大学の出口弘教授を始め、慶應義塾大学の杉浦一徳准教授、明治大学の森川嘉一郎准教授、東北芸術工科大学の吉田正高准教授、日本経済大学の中村仁専任講師らが希少な同人誌などのお宝を披露。

右から吉田准教授、森川准教授、杉浦准教授、出口教授、モデレータの中村講師
故・米澤嘉博コミックマーケット準備会代表の同人誌を披露する出口教授
マクロスの原案スケッチを披露する森川准教授

 出口教授は出演している放送大学の特別講義「日本漫画と文化多様性〜世界に拡散する絵物語コミュニケーション〜」と同様に軽妙な語り口で、マンガやラノベに見られる日常を描いた絵物語が江戸中期にはすでに存在しており、これが当時ではメインカルチャーであったと紹介。また日常を描いたマンガはインドネシアでも生まれているという。

江戸時代にも「日常系」はあった
インドネシアでも日常系が登場している

 OTAKU EXPOには海外18の国および地域から28団体が参加しており、これらの団体と日本からコミックマーケット、およびニコニコ超会議を含めた30団体がオタクイベントの国連としてInternational Otaku Expo Association(IOEA)を結成、このIOEAのお披露目とトークセッションを行った。

 トークセッションではイタリアのイベント団体「Romics」からサブリナ・ベルッカ代表、およびブラジルのコンベンション「アニメフレンズ」からタカシ・チカサワ代表が登壇した。

右からベルッカさんとチカサワさん

 ベルッカさんによれば、Romicsは日本のポップカルチャーをメインテーマとしており、特にオタクカルチャーが目玉となっている。イタリアではまだ同人誌作家が少ないため、コミケットでこれだけたくさんの同人誌が頒布されている様子に大変驚いたと話した。

 イタリアには1990年代にマンガが輸入され、その深い表現に若い世代が虜になったという。それから2世代が経過し、マンガやアニメはこれらの世代にとっては当たり前の存在となっている。「マジンガーZ」「アタックNo.1」「ベルサイユのばら」などのイタリア語版もいまだに人気があるため売られているそうだ。

 ブラジルでは2003年にチカサワさんたちが串田アキラ、影山ヒロノブ両氏を招いてアニメフレンズを開催し、4日間で2万2000人が参加した。昨年には11万6000人が集まるまでに成長している。ブラジルでは「キャンディ・キャンディ」や「マッハGoGoGo」などのアニメが放送されていたが、聖闘士星矢でアニメ人気が爆発し、今でもブラジルでは変わらない人気とのことだ。

 トークセッションの後は、参加した28団体が壇上に集い、「オタク新世紀宣言」を行った。オタクという言葉が世界中に広まった今、世界のオタク仲間が集まって、マンガ、アニメ、ゲームなどの作品を支え、広め、楽しむために活動していくという。

  1.  我々は、マンガ、アニメ、ゲームを中心とするオタク文化の素晴らしさを伝え、地位を高める活動を行っていく
  2.  我々は、協力して我々の愛する文化の普及、振興に努める
  3.  我々は、お互いの問題に共同して取り組み、解決するよう努める
  4.  我々は、世界の愛好者と連携し、協力していく
  5.  我々は、世界の相互理解に貢献できるよう努力する

 全文はコミケットスペシャルのWebサイトに公開されている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  2. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
  3. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  4. /nl/articles/2403/02/news015.jpg 生後2カ月赤ちゃん、ミルクを飲むとなぜか“信じられないほどカメラ目線”に かわいすぎる目力に「懐かしい〜」「たまらん!」
  5. /nl/articles/2308/13/news007.jpg 脱皮に失敗したセミを助けたら…… “ありえない姿に大変身”した姿に感嘆の声「驚きました」「貴重な映像」
  6. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  7. /nl/articles/2403/02/news023.jpg 世界を旅する女性サックス奏者、外国の路上で演奏していたら…… 驚きの超展開が560万再生「音楽に国境はない」「すごい出会いと巡り合わせ」
  8. /nl/articles/2309/27/news019.jpg 最大2キロ超の“高級カニ”が千葉で大発生!? 浜名湖の名産を都会のドブで「開始1分」採取、食す様子に反響
  9. /nl/articles/2403/01/news028.jpg 伝説の魚・タキタロウと出会い“人生が狂った”学生、驚きの現在が117万表示 数奇な運命に「ロマンだ」「釣りキチ三平世代には憧れ」
  10. /nl/articles/2403/02/news008.jpg 赤ちゃんに、パパが本気で「モンスターズ・インク」のサリーのまねをしたら…… “100点満点”の反応が「めっちゃ可愛い」「そっくり!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」