力を入れなくてもなんでもできちゃう! 非力っ子向けの“過保護な”マーケットが今アツい

至れり尽くせりです。

» 2015年04月17日 14時18分 公開
[青山ゆずこねとらぼ]

 文部科学省の調べによると、子どもの体力は1985年頃をピークに年々低下している。握力をはじめソフトボール投げなど、なだらかな右肩下がりは一向に止まらない。子どもの体力低下問題が叫ばれるのは今にはじまったことではないが、最近ではそんなお子様事情をくみ取った過保護すぎる非力っ子マーケットが過熱している。

 「力が弱くても簡単に描ける」「しかも手も汚れない」と良いことずくめの工作グッズも続々登場中だ。


画像 三菱鉛筆「ポンキーペンシル

 付着しやすい顔料が使われているので、ガラスやビニールなどにも力を入れずに絵を描くことができる。しかも特殊な紙ロール加工がされているので、手も汚れにくいという至れり尽くせりの商品だ。

 また、筆圧が安定しない小学校低学年の児童向けに開発された鉛筆も、対象年齢を超えて高学年になっても使い続ける児童が多いとか。


画像 三菱鉛筆「グリッパーえんぴつ

 工作用のはさみの進化もすごい。軽い力で切れる「ベルヌーイカーブ刃」を子ども用はさみにも採用し、昔なら切るのに四苦八苦した牛乳パックや厚手の段ボールなどもサックサク切れてしまう。切っているうちにはさみに通している指が地味に痛くなるような、あの苦しみを味わわずに済むのだ……。なんともうらやましい。



 仮に非力っ子グッズで手を汚してしまっても、せっけんさえも優しい。プッシュ式のハンドソープも、日々「子どもが使いやすい容器」や「力が弱くても押しやすい形状」に進化しているのだ。ポンプを押す部分の直径を従来品に比べて2割ほど広げ、洗浄液が出るノズル部分も太くするなど、少ない力で押し出しやすいように改良されているという。



 みかんのネットに固形せっけんを入れ、ゴシゴシと力を入れてこすっていたあの頃が懐かしい……。お子様の需要に合わせて進化を続ける非力っ子マーケット。今後さらに熱くなっていくことだろう。


青山ゆずこ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  6. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news173.jpg 「画期的!」「すげえ」 テレ東が特番放送→新聞の番組表に描かれた“まさかのデザイン”に驚き
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  10. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」