ニュース
» 2015年05月18日 07時00分 公開

世界で最も美しい駅14選に国内で唯一選ばれた「金沢駅」。鼓門のおもてなし力

金沢駅は2011年にアメリカの旅行雑誌「トラベル&レジャー」のWeb版で、世界で最も美しい駅14選の6位に選出されています。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 北陸新幹線の開業に伴いリニューアルした「金沢駅」。GW中の賑わいもニュースで多く取り上げられていましたね。

 実際に間近でみると、「鼓門(つづみもん)」の威風堂々とした門構えと、「もてなしドーム」と言われるガラス張りの天井アーチは、まるで巨大なオブジェのような佇まいです。

 そこに表現されているのは、加賀藩以来、伝統と芸能を大切にしつつ育まれてきた「おもてなしの心」と、アートを愛する金沢の未来へ挑戦ともいえるのではないでしょうか。

 では、世界が認めた美しい駅「金沢駅」を紹介しましょう。

東口(兼六園側)を出ると、能楽の鼓をイメージした「鼓門」と、「もてなしドーム」がお出迎え。見応え十分!

駅は立派な観光名所

 金沢に着いたらまずは兼六園に行こうか、それとも金沢城か。あるいは近江町市場で美味しいモノを食べようか……。そんな観光プランに思いを馳せるのは楽しいひとときですよね。

 でも最初に「観光」してほしいのが、駅そのもの。金沢には素晴らしい建築物が数多くありますが、それらを代表するにふさわしい立派な観光名所、なのです。

 なんと国内だけでなく海外でも評価が高く、2011年にはアメリカの旅行雑誌「トラベル&レジャー」のWeb版にて、世界で最も美しい駅14選の6位に選出! ちなみに1位はベルギーのアントワープ中央駅。2位はイギリスのセント・パンクラス駅。3位はモザンピークのCFMマプト中央駅。

 1位のアントワープ中央駅は、大理石がふんだんに使われたネオバロック様式の豪華な素晴らしい駅です。2位のセント・パンクラス駅は、高い時計塔が象徴的な由緒ある宮殿のような駅。3位のCFMマプト中央駅は、エッフェル塔の設計者であるギュスターヴ・エッフェル氏が設計に参加した、ドーム状の屋根とエメラルドグリーンの外壁が美しい駅です。世界にはいろいろな駅があるのですね。

大きな傘をイメージした「もてなしドーム」

 では、金沢駅に視点を戻してみましょう。

 まず目を見張るのが、ガラスとアルミ合金からなる巨大な天井ドームです。使用した強化ガラスは3,019枚、アルミフレームは6,000本になります。その様はまさに巨大なオブジェ!

 ガラスとアルミ合金の組み合わせはアートのように素晴らしく、太陽の光や夜のライトアップによって様々な表情をみせます。この天井ドームは、通称「もてなしドーム」と言われ、大きな傘をイメージしているのですね。雨や雪の多い金沢で、駅を降りた人にそっと傘を差し出す、そんな粋な心意気を表現しているのです。

ライトアップされた「もてなしドーム」。昼とは違った表情をみせる

らせん状の柱の内部には送水管が!

 そしてドームの先端で、厳かに佇むのが「鼓門(つづみもん)」です。

 高さ13.7mの太い2本の柱に支えられた門は、伝統芸能である能楽・加賀宝生(かがほうしょう)の鼓をイメージしています。

 この鼓門には、米松の構造材が使われており、らせん状に組み上げられた柱と、ゆるくカーブを描く面格子の屋根が一際美しく、風格のなかにある繊細さが、とても素晴らしいです。この鼓門ともてなしドームが一体となった風景は、観光スポットとしても見応え十分!

 そして建築美もさることながら、注目したいのが構造面。鼓門の2本の柱の内部には送水管が通っており、もてなしドームの屋根に降り注いだ雨水は、この2本の柱の内にある送水管へと流れ、貯水槽に送られています。雨や雪がとても多い金沢で、大きな傘であるドームの水が柱の下に流れ込んでいく――。そんなところにも「おもてなしの心」があらわれているのです。

見よ、らせんと格子が織りなす造形美を!でも、この美しさの内部に送水管があるとは……。

庶民にも親しまれた能「加賀宝生」

 駅の顔といえば、その土地の顔ともいえるもの。ではなぜ、能楽の「鼓」が玄関口に選ばれたのでしょう。

 金沢は、加賀藩の初代藩主・前田利家の時代から、代々能楽を愛好してきました。能には5つの流派がありますが、5代藩主・綱紀になると、当時の徳川将軍・綱吉にならい宝生流を愛好。綱紀は宝生流をとても手厚く保護し、武家だけでなく庶民にも広がっていきました。

 「金沢へ行くと松の上から謡が降ってくる(植木屋)」のたとえもあるほど、暮らしに能楽が溶け込み、多くの人々に愛されていたのですね。

 金沢は今でも、その文化が脈々と受け継がれ、石川県立能楽堂や金沢能楽美術館という能楽専門の立派な美術館もあります。石川県立能楽堂では、毎月(8月のぞく)定例能が行われているので、こちらに足を運んで、歴史文化に触れてみるのもいいかもしれません。

 能楽の鼓をイメージした門構えで、観光客をお出迎えしている理由がおわかりいただけたでしょうか。城下町である金沢は、伝統芸能でおもてなしをする文化が息づいているのです。

 北陸新幹線開通でいま最もホットな街・金沢の新しいシンボルとなった金沢駅。近くから細部をじっくり観察するもよし、遠くから全景をとくと眺めるもよし。そうそう、鼓門を背景にパチリと写真を撮るのをお忘れなく!

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/22/news088.jpg 「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
  4. /nl/articles/2109/26/news047.jpg かっぱ寿司で「入店20時間待ち」表示 全皿半額キャンペーンで全国に大混雑、入店困難な状態に
  5. /nl/articles/2109/26/news018.jpg 窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
  6. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  7. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  8. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  9. /nl/articles/2109/27/news028.jpg 夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
  10. /nl/articles/2109/27/news060.jpg 徹夜でゲーム! 10時間爆睡! 起きたら夕方! “丁寧な生活”もいいけど「バカの生活」やっぱり気持ちいい! という漫画に共感

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」