ニュース
» 2015年05月18日 07時00分 公開

世界で最も美しい駅14選に国内で唯一選ばれた「金沢駅」。鼓門のおもてなし力

金沢駅は2011年にアメリカの旅行雑誌「トラベル&レジャー」のWeb版で、世界で最も美しい駅14選の6位に選出されています。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 北陸新幹線の開業に伴いリニューアルした「金沢駅」。GW中の賑わいもニュースで多く取り上げられていましたね。

 実際に間近でみると、「鼓門(つづみもん)」の威風堂々とした門構えと、「もてなしドーム」と言われるガラス張りの天井アーチは、まるで巨大なオブジェのような佇まいです。

 そこに表現されているのは、加賀藩以来、伝統と芸能を大切にしつつ育まれてきた「おもてなしの心」と、アートを愛する金沢の未来へ挑戦ともいえるのではないでしょうか。

 では、世界が認めた美しい駅「金沢駅」を紹介しましょう。

東口(兼六園側)を出ると、能楽の鼓をイメージした「鼓門」と、「もてなしドーム」がお出迎え。見応え十分!

駅は立派な観光名所

 金沢に着いたらまずは兼六園に行こうか、それとも金沢城か。あるいは近江町市場で美味しいモノを食べようか……。そんな観光プランに思いを馳せるのは楽しいひとときですよね。

 でも最初に「観光」してほしいのが、駅そのもの。金沢には素晴らしい建築物が数多くありますが、それらを代表するにふさわしい立派な観光名所、なのです。

 なんと国内だけでなく海外でも評価が高く、2011年にはアメリカの旅行雑誌「トラベル&レジャー」のWeb版にて、世界で最も美しい駅14選の6位に選出! ちなみに1位はベルギーのアントワープ中央駅。2位はイギリスのセント・パンクラス駅。3位はモザンピークのCFMマプト中央駅。

 1位のアントワープ中央駅は、大理石がふんだんに使われたネオバロック様式の豪華な素晴らしい駅です。2位のセント・パンクラス駅は、高い時計塔が象徴的な由緒ある宮殿のような駅。3位のCFMマプト中央駅は、エッフェル塔の設計者であるギュスターヴ・エッフェル氏が設計に参加した、ドーム状の屋根とエメラルドグリーンの外壁が美しい駅です。世界にはいろいろな駅があるのですね。

大きな傘をイメージした「もてなしドーム」

 では、金沢駅に視点を戻してみましょう。

 まず目を見張るのが、ガラスとアルミ合金からなる巨大な天井ドームです。使用した強化ガラスは3,019枚、アルミフレームは6,000本になります。その様はまさに巨大なオブジェ!

 ガラスとアルミ合金の組み合わせはアートのように素晴らしく、太陽の光や夜のライトアップによって様々な表情をみせます。この天井ドームは、通称「もてなしドーム」と言われ、大きな傘をイメージしているのですね。雨や雪の多い金沢で、駅を降りた人にそっと傘を差し出す、そんな粋な心意気を表現しているのです。

ライトアップされた「もてなしドーム」。昼とは違った表情をみせる

らせん状の柱の内部には送水管が!

 そしてドームの先端で、厳かに佇むのが「鼓門(つづみもん)」です。

 高さ13.7mの太い2本の柱に支えられた門は、伝統芸能である能楽・加賀宝生(かがほうしょう)の鼓をイメージしています。

 この鼓門には、米松の構造材が使われており、らせん状に組み上げられた柱と、ゆるくカーブを描く面格子の屋根が一際美しく、風格のなかにある繊細さが、とても素晴らしいです。この鼓門ともてなしドームが一体となった風景は、観光スポットとしても見応え十分!

 そして建築美もさることながら、注目したいのが構造面。鼓門の2本の柱の内部には送水管が通っており、もてなしドームの屋根に降り注いだ雨水は、この2本の柱の内にある送水管へと流れ、貯水槽に送られています。雨や雪がとても多い金沢で、大きな傘であるドームの水が柱の下に流れ込んでいく――。そんなところにも「おもてなしの心」があらわれているのです。

見よ、らせんと格子が織りなす造形美を!でも、この美しさの内部に送水管があるとは……。

庶民にも親しまれた能「加賀宝生」

 駅の顔といえば、その土地の顔ともいえるもの。ではなぜ、能楽の「鼓」が玄関口に選ばれたのでしょう。

 金沢は、加賀藩の初代藩主・前田利家の時代から、代々能楽を愛好してきました。能には5つの流派がありますが、5代藩主・綱紀になると、当時の徳川将軍・綱吉にならい宝生流を愛好。綱紀は宝生流をとても手厚く保護し、武家だけでなく庶民にも広がっていきました。

 「金沢へ行くと松の上から謡が降ってくる(植木屋)」のたとえもあるほど、暮らしに能楽が溶け込み、多くの人々に愛されていたのですね。

 金沢は今でも、その文化が脈々と受け継がれ、石川県立能楽堂や金沢能楽美術館という能楽専門の立派な美術館もあります。石川県立能楽堂では、毎月(8月のぞく)定例能が行われているので、こちらに足を運んで、歴史文化に触れてみるのもいいかもしれません。

 能楽の鼓をイメージした門構えで、観光客をお出迎えしている理由がおわかりいただけたでしょうか。城下町である金沢は、伝統芸能でおもてなしをする文化が息づいているのです。

 北陸新幹線開通でいま最もホットな街・金沢の新しいシンボルとなった金沢駅。近くから細部をじっくり観察するもよし、遠くから全景をとくと眺めるもよし。そうそう、鼓門を背景にパチリと写真を撮るのをお忘れなく!

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/30/news099.jpg 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  2. /nl/articles/2206/30/news039.jpg パンダ「ヤダヤダ〜」 絶対に部屋に帰りたくないパンダvs.帰って欲しい飼育員のやりとりがコミカルでほほえましい
  3. /nl/articles/2206/30/news025.jpg 柴犬たち、超えてはいけない境界線から飼い主を監視 怒られないギリギリのラインを攻める姿に「一歩出てるのかわいい」
  4. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  5. /nl/articles/2206/30/news149.jpg 故・神田沙也加さんと交際公表の2.5次元俳優・前山剛久、所属事務所を退所 心身不調で1月から活動休止状態
  6. /nl/articles/2010/08/news157.jpg “イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
  7. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  8. /nl/articles/2206/30/news131.jpg アスリート夫婦・増嶋竜也&潮田玲子、ペアコーデでゴルフをエンジョイ ゴルフ仲間の狩野舞子も「オソロ可愛いー」と反応
  9. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  10. /nl/articles/2206/28/news102.jpg しまむらに「SPY×FAMILY」グッズがやってきた! アーニャのアクスタからインテリアまで、豊富なラインアップにわくわくっ

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」