ニュース
» 2015年05月26日 07時30分 公開

東北がひとつになる夢のイベント「東北六魂祭」。5月30、31日いよいよ開催!

東北6県を代表する祭りが一堂に会するイベント「東北六魂祭」がまもなく開催です。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 毎年、東北では多くの夏祭りが開催されていますが、中でも代表格とされる「青森ねぶた祭」は、6日間で約300万人超の観光客を集める日本を代表する夏祭りです。そんな東北6県を代表する祭りが一堂に会するイベント「東北六魂祭」が、いよいよ5月30、31日に開催!

 東日本大震災(2011年)以降、「青森ねぶた祭」と並ぶ5つの東北夏祭りが集結する、夢のイベント「東北六魂祭」が開催に至った理由とは? そして、今年で5回目を迎える「東北六魂祭」に込められた想いとは?

太鼓と笛の音に合わせたエネルギッシュな盛岡さんさ踊りは圧巻!「東北六魂祭」を盛り上げます

「東北六魂祭」とは?

 2011年7月に仙台で初開催となった第1回「東北六魂祭」。この一大イベントは、「青森ねぶた祭」「秋田竿燈まつり」「盛岡さんさ踊り」「山形花笠まつり」「仙台七夕まつり」「福島わらじまつり」の6大祭りが集結し、2011年3月11日に起きた東日本大震災の鎮魂と復興を願ってスタートしました。

 合い言葉は「東北の心はひとつ、さらに前へ。」。これまでに2012年の盛岡(岩手県)、2013年は福島(福島県)、2014年の山形(山形県)と、第2〜4回の「東北六魂祭」を持ちまわりで開催してきました。

 第1回の仙台では、「東北復興を応援しよう!」という気運の高まりを受け、36万人もの来場者が全国各地から集まり、当初の予想を大幅に超える賑わいに。第2回以降も、各祭りごとの色鮮やかな衣装を身に纏った踊り手のパレードなどが人気を博し、東北を代表する一大イベントに!

イベントが中止・延期が相次いだ、東日本大震災後の日本

 東日本大震災の被害で多数の死者・行方不明者を出し、一時は45万人以上が避難。さらに、福島第一原子力発電所の事故が起きたことは、みなさんご存じの通りです。このとき、各地で予定されていたイベントの大多数が中止・延期されるなど、東北だけでなく全国に自粛ムードが広がったことも記憶に新しいですね。

 地震・津波による甚大な被害はもとより、計画停電・節電の影響による自粛ムードが人々の心に影を落とす中、一方では早急な被災地支援のためにも「悲しんでいるばかりではなく、一人ひとりができる限り明るく前向きに、できることに精いっぱい取り組むことが、経済の活性化につながり、ひいては被災地の支援・復興につながる」という声が高まっていくように……。

 そうした声に背中を押されるように、東北の主要夏祭りのひとつ「盛岡さんさ踊り」は、震災後にいち早く開催を決定。そして「盛岡さんさ踊り」の英断に刺激を受けた「青森ねぶた祭」「秋田竿燈まつり」「山形花笠まつり」も、相次いで開催決定を表明します。

さらに、甚大な被害によって実施が危ぶまれていた「仙台七夕まつり」も、関係者の尽力によってなんとか開催にこぎつけたほか、「福島わらじまつり」においては原発事故による被害で「開催は無理だろう」という大方の予想を裏切り、通常2日間の祭りを1日に縮小しながら、祭りに息づく“魂”を絶やすことなく開催に至ります。

 それにしてもあのような状況下で、なぜ開催にこぎつけたのでしょう。

 そもそも祭りとは、経済の活性化、伝統継承といった側面だけでなく、感謝、祈り、慰霊のために神仏および祖先をまつる行為(儀式)でもあります。とくに長い歴史をもつ伝統的な祭りであれば尚、中止・延期という選択は避けたいでしょう。

 ましてや東日本大震災では、地震と津波によって多くの方が命を落とされています。だからこそ開催に至る道程がいかに困難であっても、亡くなられた方への鎮魂、そして復興への祈りを捧げるためにも、夏祭りの開催は人々の悲願だったといえるでしょう。

今年は秋田で開催、テーマは「輝」

 今年の「東北六魂祭」のテーマは「輝」。

「輝」の一語には、「どこまでも高く立ち上がり、夕闇に輝く竿燈のように、どこまでも伸びていく東北の希望や実りが感じられる祭りに」という、まっすぐな想いが込められています。

 過去3回の祭りによって震災の被害が甚大だった県での開催が終了。その後は、協賛企業離れが懸念されるなど、一時は「東北六魂祭」の継続が危ぶまれましたが、第4回(2014年)「東北六魂祭」は無事に山形で開催!

 写真の通り、竿燈に表された文字からも「刻一刻と時間は過ぎていくけれど、復興へ込められた願い、想いは決して風化させてはならない」という意気込みにあふれた祭りに!

 そして、東北の熱き“魂”はさらにパワーアップ!2015年の今年は日本海側の秋田へつなげられます。

東北復興の願いを込めた、秋田の竿燈(かんとう)

 いまだ復興が進まない地域も残る東北。そんな中でも、伝統的に行われてきた東北の夏祭りは地元の人々の誇りでもあり、希望であるはず。

 そして、これから東北が前に進むためにできることを、あらためて考えるきっかけとなる「東北六魂祭」ではないでしょうか。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」