ニュース
» 2015年06月01日 11時00分 公開

ギャルブーム時代にタイムスリップしたみたい!? ガングロ店員だらけのガングロカフェに行ってきた

絶滅したかと思われたガングロギャルはまだ存在していた!

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 1990年代後半に姿を現したガングロギャル。顔や体を黒く焼き、金髪や蛍光色などの髪色に、濃いメイクを施した、一般人からするとギョッとするような風貌のギャルたちだ。そんなガングロギャルたちは既に絶滅したと思っている方も多いだろう。しかし、今でも生き残りのガングロギャルが存在しており、しかもガングロギャルが接客するガングロカフェなるものが今年の1月にオープンしたそうだ。天然記念物級のガングロギャルを見に行くしかない!

 ギャルの聖地、渋谷駅から徒歩10分ほど。渋谷109の前を通り過ぎ、ひたすら歩いた先の雑居ビルの一室がガングロカフェだ。

ビルの5階にある。英語の案内板も

 エレベーターで5階に上がると、黒い扉に「CAFE&BAR GANGURO」の張り紙が。おそるおそる扉を開けてみる。

 う、うぉお。ガングロギャルのみなさんがお出迎え! 肌は黒、大きく盛られた髪の毛や服は蛍光色。目がくらくらするような配色のギャルたちだ。

頭にトラついてる子いるんですけど……

 普通に生活していれば関わらないであろうガングロギャルたちに囲まれ、一瞬、自分がどこにいるのかが分からなくなった。そうだった、ここはガングロカフェだ。ガングロギャルたちに案内され、席に着いて飲み物をオーダーする。

 普段は3〜4で店を回しているそうだが、この日は取材のために7人ものガングロギャルが集まってくれた。実は記者はヴィジュアル系バンドが好きで、バンドマンのカラフルな色の髪の毛は見慣れているので、ギャルたちの髪の毛にはまだ耐性があった。しかし、彼女たちのネイルには驚きを隠せず、会って最初に突っ込んでしまった。ぐでたまとペコちゃんを爪の先に載せているのはえりもっこりちゃん。指を動かすたびにカチャカチャ音がする。これで殴られたら超痛そう。

 漫画やアニメが大好きだというあゆたま。ちゃんは痛ネイル。「東京喰種」「神様はじめました」というアニメのキャラでネイルを飾っていた。長さは15センチはありそうで、もはや武器の域だ。

あゆたま。ちゃんは、中学2年生で漢字検定1級に合格したギャルとして最近テレビで話題になった
他の子たちのネイルもすごい

 日常生活を全て放棄したようなネイルだが、どうやって生活しているのだろうか。

記者 そのネイルでカラコンはどうやってつけるの?

ガングロギャル えっ、こうやって(指の腹を押し付けるような仕草)

記者 頭はどうやって洗うの?

ガングロギャル エクステの間をぬうようにして指を入れる!

記者 ……

 どうやら、主に指の腹を使って生活をしているようだが、慣れていない一般人がこのネイルで日常生活を送るのは訓練を必要としそうだ。記者もネイルをして行ったのだが、ギャルたちに比べるとはるかに地味。それに対して「お姉さんのネイル、超清潔感がある〜!」という感想が。基本的にネイルは男性ウケや年配の方ウケもあまりよろしくないし、清潔感があると言われたのも初めてだったので、ギャルたちとの感覚に違いに驚いた。

地味にしか見えない記者のネイル

 飲み物は頼んだし、ここはフードも頼んでおこう。メニューにはみそ汁やおにぎり、だんごなど、カフェらしくないメニューもある。これらは、外国人のお客さんウケを狙ったメニューとのこと。

メニューは日本語版と英語メニューがある

 「最近、日本の漫画やアニメ、きゃりーぱみゅぱみゅさんのようなファッションといったカワイイ文化が外国でも人気です。ガングロギャルも外国人の方からすると衝撃的でして、外国人のお客様もみえます。カワイイ文化のように、ギャル文化も外国で人気になってほしいですね」そう語ってくれたのは、ガングロカフェを運営するシエヴァの浅野毅さん。 

 一番の人気メニューはガングロボール(600円)。注文してみると、このみちゃんとぽみたんちゃんがカウンターに立ち、何やら準備を始めた。

左:ぽみたんちゃん 右:このみちゃん

 このみちゃんがかき混ぜているボールの中には、生コンのようなグレーの液体が……。一体何ができあがるのだろう。

 たこ焼き器にグレーの液体を注ぎ、慣れた手つきで調理を進める2人。だんだんといい匂いが漂ってきた。完成したのは、ガングロの肌の色をイメージしたイカスミ入りたこ焼きのガングロボール。具はタコではなくウィンナーとチーズだ。真っ黒いボールにケチャップとマヨネーズの赤と白が際立つ。果たしてお味はいかがだろうか。

 口に入れると、ウィンナーとチーズの香ばしい香りが広がった。意外とイカスミの味がしないと思ったところ、後からうっすらとイカスミの風味がやってきた。ちょっと不気味なビジュアルだが、お酒のおつまみにもよさそうだ。

 ガングロボールを食べながら、彼女たちがなぜガングロギャルになったのかを聞いてみた。漫画が大好きなあゆたまちゃんは、1998年から2002年まで「りぼん」で連載されていた藤井みほなさんの漫画「GALS!」を読んでギャルに憧れたという。このみちゃんは外国人が好きで、外国人のファッションを真似しているうちにガングロギャルにたどり着いたのだとか。頭にトラをくっつけているみゆぴょんちゃんは、地黒のコンプレックスがあったものの、ガングロに出会い、コンプレックスをファッションとして楽しむようになったそうだ。みんな、週1〜3回の頻度で日焼けサロンに通っているという。

 ここで驚いたのは、どのギャルも「シミやシワができたら嫌だから」と、顔だけは焼かず、黒いファンデーションを塗っていること。きちんと、将来のお肌のことを考えているようだ。

 ガングロカフェに出勤してくるガングロギャルたちは、Black Diamondというギャルサークルのメンバー。現在、総メンバー数は約150人。ガングロカフェに来るお客さんは、ギャル好きの男性や、ギャルに憧れる女子中高生が主だという。

 一時期は渋谷109がギャルの聖地だったが、今はギャル服ブランドも少なくなり、記者のような普通のアラサー女性でも入りやすいファッションビルになっている。この時代、ギャルたちはどこで服を買っているのかを聞くと、ネットやBlack DiamondがプロデュースするGALEOブランドのものが多く、派手なギャル服を探すのに苦労しているようだ。服探しに困ることからも分かるよう、ガングロギャルが激減しているのになぜ続けているのだろうか。

 「私は好きな格好をやっているだけ。もし、何か別に好きな格好ができたらギャルはやめると思う。一生ギャルってことはないかな。さすがに子どもができたら卒業するかも」と語るぽみたんの横で、「私、6歳の子どもいるんだけどな」とぼそっとつぶやいたのはまみぴぃちゃん。写メを見せてもらうと、まみぴぃちゃんの娘さんもしっかりチビギャルだった。

 買い物をする場所に関して話したときに「新宿とか池袋って治安が悪いよね〜」と言われ、ド派手な格好で治安について語るギャルが、一般的なギャルのイメージとはかけ離れていて面食らってしまった。「私たち、格好はこんなですけど、きちんと一般常識はあるんですよ!」とぽみたんちゃん。失礼いたしました。

 ガングロカフェでは、パラパラのショータイムもある。この日はBlack Diamondの曲を踊ってくれた。ガングロギャルによるパラパラを生で見るのは初めてだ。

それぞれのポジションにつき、ポージング

 曲がスタートすると、みんな黙々と真顔で踊り始めた。横ステップとキレのある腕の動きが特徴的だ。パラパラショーのほか、ガングロメイク体験も7000円(ドリンク・フード・おみやげ付き)で体験できる。

 ガングロブーム時代にタイムスリップしたかのように感じてしまったガングロカフェ。東京の新たな観光スポットとなるかもしれない。最後にガングロギャルたちと記念撮影。

ギャル特有の下向きポーズ。下を向くと顔があまり見えなくなるため、かえって「盛れる」写真が撮れるのだとか。

店鋪情報

CAFE&BAR GANGURO

東京都渋谷区宇田川町34-6 M&Iビル 5A

営業時間 午前11時〜午後7時

定休日 月水金


姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」