ニュース
» 2015年06月15日 17時47分 公開

日本初のビールが生まれた町を知ってほしい……「幕末のビールアイス」に込められた熱い想い

なぜ作ろうと思ったのか。そして何より「おいしいのか」?

[賀見洋輝,ねとらぼ]

 ビールといえば、大人の飲みもの。アイスと言えば、子どもから大人まで楽しめる甘味。それら2つが合わさった大人のアイス「幕末のビールアイス」が兵庫県三田市の「しいたけランドかさや」にあるという。ビールとアイスの融合体だと!? 使命感に近い思いに駆られ、出かけていった。

 「しいたけランドかさや」は、JR福知山線相野駅から程近く。かさやの敷地はとても広く、ちょっとした山道のような坂を登らなければならない。途中、イチゴ狩りの施設やシイタケ栽培に使うのであろう木材が目に入る。


画像

 売店は、昔ながらの売店といった趣で、風情がある。「お み や げ」という大きな文字が、どことなく昭和っぽさ、ノスタルジーを感じさせる。

 坂道を登り、やっとご対面したビールアイスは、どことなく手作り感のあるパッケージだった。この手作り感が、ご当地のお土産っぽくて良い感じだ。


画像

 中身は一見バニラアイスのよう。一口食べてみると、見た目どおりにバニラの味がする。ところが、バニラのやさしい甘みが口いっぱいに広がったかと思うと、アイスが溶けるとともにビールの味がすーっと口の中を通り抜けていった。鼻からは確かにビールの香りがした。とてもさわやかな味で、食べやすい。ビールの苦味はない。ただただ、ビール独特の麦の甘みや香りを感じた。

 このビールアイスを考案したしいたけランドかさや専務取締役中西孝之さんは「これがギリギリの絶妙のバランス。これ以上ビールの割合を増やすと、ビールの苦味が出てしまう。バニラの割合を増やすと、今度はビールの香りが弱くなってしまう」という。ちなみに幕末のビールアイスのアルコール度数は1%未満。価格は1つ税込300円。


画像 ビールアイスの中身

 「めっちゃうまいです!!」と思わず笑顔。その笑顔に、中西さんはうんうんと満足げに頷いていた。

なぜ「ビールアイス」をつくろうと思ったのか

 中西さんは、自らが所属していた三田市の商工会で、「こう太郎のあいす屋さん」と出会った。こう太郎のあいす屋さんは、日本酒を使ったアイスを製造する福井県のアイス製造会社だそうで、「ご当地の素材を何でもアイスにする」と言ったそう。そこに目をつけた中西さんは、かさやのしいたけやイチゴ狩り施設のイチゴを使ったアイスを作ってほしいと依頼したという。

 こうしてできたイチゴアイスを、しばらくは自社ブランドアイスとして売店でのみ販売していた。それからしばらく経ち、今から十年ほど前に兵庫県三田市に「幸民麦酒」という地ビールが生まれたのだ。この地ビールは、三田市の偉人である川本幸民が醸造した日本初のビールを、兵庫県伊丹市にある「小西酒造」が再現したものである。

 小西酒造から幸民麦酒の販売を頼まれたが、その値段は1本税込600円。高い。「普通に売ったのでは売れないだろうなあ……」と、ビールを販売するかどうか中西さんは悩んだ。しかし、頼まれたからには販売したい。頭を抱えていた矢先に、こう太郎のあいす屋さんのことを思い出し、企画を立て、開発に踏み切った。「アイスにすれば、別の切り口・方面でビールのPRができる……!」(中西さん)。


画像 川本幸民は、日本人で初めてビールを醸造した人物として知られる。彼はもともと、「日本近代科学の祖」と呼ばれる幕末の蘭学者であった。ペリー来航の際に振舞われたビールを飲んだところ、その味に魅了されたのだそう。そこで彼は、西洋の化学書を参考にして、ビールを造ったのだという。小西酒造は、幕末当時彼がつくったレシピを再現し、三田の地ビール「幸民麦酒」を作った。

ビールアイスをきっかけに

 「このアイスをきっかけにして、日本初のビールやそれが生まれた三田市に興味を持ってもらえればこれ以上のことはない」――中西さんは言う。


画像 ビールアイスを考案した中西さん

 「この幕末のビールアイスはここでしか買えない。今までに食べたことのない味を、皆さんに味わってほしい」

 これからの季節、ビールとアイスがより一層おいしくなる。その2つの夏の風物詩を一度で楽しむことができる「ビールアイス」。三田市に訪れた際、ぜひ立ち寄ってみてはいかがだろうか。

賀見洋輝

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい