ニュース
» 2015年07月15日 14時38分 公開

宮司さん自作の獅子舞ロボット「からくりおみくじ」が舞う 京都・錦天満宮を直撃!

宮司さん設計のロボットが引いてくれるおみくじが京都の錦天満宮にある。その製作秘話を聞き、宮司さんの設計者魂に触れてきた。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 人が近づくとうねうねと踊り出し、お金を入れるとおみくじをくわえて運んでくれるロボットの獅子。そんな不思議なおみくじが、京都の錦天満宮にあるという。しかも、設計したのは宮司さん。「からくりおみくじ」の製作秘話を聞いてきた。

画像 からくりおみくじ1号

 錦天満宮があるのは、京都市中京区の新京極商店街。商店街の一角に「知恵・学問・厄除け・招福の神様 錦天満宮」という看板が掛けられ、多くの提灯が吊られている先にある。学業の神様「天神さん」こと菅原道真公を祭る平安時代に建てられた神社だ。

画像 朝からにぎわう新京極通り
画像 提灯がずらり

 境内に入ると天神の使いである「撫で牛(なでうし)」こと「臥牛(がぎゅう)」がてかてかと輝いていた。手水舎からは「京の名水 錦の水」が湧きでており、ペットボトルやポリタンクを持った人たちが水をくんでいる。

画像 穏やかな表情の臥牛
画像 京の名水 錦の水

 境内の奥へと足を進めると、拝殿のすぐ近くと、拝殿から向かって左に、ガラスケースに入った獅子舞のロボットが。「からくりおみくじ」と記されている。

画像 拝殿の近くにある「からくりおみくじ」1号
画像 拝殿の左にある「からくりおみくじ」2号。1号より小ぶり

 「からくりおみくじ」の獅子たちは雅楽に合わせて体を曲げたり、伸ばしたり、口を開け閉めしている。お金を入れると箱からおみくじをくわえて取り出し、受け取り口に入れてくれた。

 おみくじの周りには修学旅行らしき学生や、若い女性、カップルなどさまざまな人が集まっていた。ロボットの動きに驚き、声を上げる海外からの観光客も。

「からくりおみくじ」1号

 おみくじを引いた女性に聞いてみると、近くの錦市場に漬物を買いに来て、ふらりとこの神社に立ち寄ったという。「初めて見たから、あら、面白いな、と思いました」と笑顔で答えてくれた。

「からくりおみくじ」1号でおみくじを引く

元祖「からくりおみくじ」1号ができるまで

 「からくりおみくじ」の開発者は錦天満宮の宮司・大和正夫さん。宮司を継ぐ前は横浜の設計事務所にいて、荷物を積み揚げるロボットや、部品を組み立てるロボットなどを設計していた。「からくりおみくじ」は、設計事務所で働いていた15年以上前に作ったとのこと。

 「(設計の技術を生かして)神社の境内で何ができるかを考えた時、おみくじがいいのではないかと考えて作りました」(大和さん)

画像 からくりおみくじ図面

 製作には半年かかり、製作費も高かったという(実際の金額は秘密)。しかし、大変だと感じることがあったか尋ねると、「それはないです。面白かったです」と答えてくれた。 

 「からくりおみくじ」は人気で、完成当時は新聞が取材に来たそうだ。そして全国へと広がっていったという。「業者の人が私の作った『からくりおみくじ』を見ましてね。商売の展開をさせてくれないかと」

 その後、メーカーとの共同で「からくりおみくじ1号機」をもとにしたロボットが10台作られた。現在、他の神社でも活躍している。

画像 2号を横から見ると……

さらなるチャレンジ

 しかし大和さんの設計者魂はこれだけでは満足しなかった。

 「1号はあまりに金がかかるんで、正直なところよほど売れないとペイしないんですよ。だからもう一つ作ったんですよ、2号を」(大和さん)

 「からくりおみくじ」の動きの面白さは失わずに半分の値段で作れないかと、大和さんは2号の設計に取り掛かった。しかし、商業目的ではなかったという。

 「値段というのも大きな技術なんですよ。(製作費は下がっても)もともとの機能は失われてないよ、というのを目指したんですね」

からくりおみくじ2号

紙芝居もロボットで

 10年前、宮司であったお兄さんが亡くなり、急きょ神社を継ぐことになった大和さんは、40年働いた横浜を離れ京都に帰る。覚悟はあったものの抱えていた仕事を終えられないまま、辞めなければならなかったのは辛かったという。

 しかし宮司となった大和さんは錦天満宮の歴史に関心を持ち、調べていくうちに面白いと思うようになったそうだ。「神社の歴史を発信したい、それには紙芝居が面白いんじゃないか。そう思って紙芝居を作ったんです」

画像 紙芝居ロボット

 そこで4〜5年前に「紙芝居ロボット」を製作。ナレーションに合わせて、イラストをロボットが自動で切り替えていく。菅原道真の生涯や京都の歴史などを神社の由来を語り、上演時間は16分。しかし、「5分ほどで紙芝居の前から人がいなくなるんですよ」と大和さんは苦笑していた。

画像 横から見た紙芝居ロボット

「からくりおみくじ」以外にも見どころが

 錦天満宮では「からくりおみくじ」のほかにも見どころがある神社。鳥居の上部が両脇のビルに食い込んでるおもしろスポットでもある。どうしてこのような形になったのだろうか。

画像 ビルに食い込む鳥居

 一般的に鳥居は柱の部分から、上部の「笠木(かさぎ)」など地面と平行する部分が横に張り出している。錦天満宮の鳥居の柱は道の端と端に立っていて、上部が道幅よりも大きくなっている。一方、鳥居の両脇の建物も道ぎりぎりに建っている。建物が平屋だったころは何も問題がなかったのだが、戦後2階以上のビルになり現在のような状態になったという。しかし、そのせいで特に困ったことはないそうだ。

画像 柱も建物も道ギリギリ

不思議が集まり、人も集まる

 「からくりおみくじ」でおみくじを引く人、「錦の水」をくむ人、「撫で牛」をなでる人、末社に静かにお参りする人など境内にはさまざまな人がいた。お守りを買いに来る女性も多いという。そして、ビルに埋まった鳥居を写真に収める人も。

 それぞれの願望を持つ人々で、錦天満宮は朝からにぎわっていた。

画像 末社:光源氏のモデルとされる源融(みなもととおる)を祭る塩竈(しおがま)神社
画像 末社:商売繁盛の日之出稲荷(ひのでいなり)神社
画像 末社:子授けの白太夫(しらだゆう)神社
画像 末社:7柱の神様を祭る七社之宮(ななしゃのみや)
画像

谷町邦子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/12/news052.jpg 全員垢抜けたな! 渡辺直美、「ジャンポケ」斉藤&太田との過去比較ショットに「全員華なくて草」
  2. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  3. /nl/articles/2208/12/news030.jpg 突然繰り出された柴犬の“オケツアタック”がヒット! 2回目も試みる→やっぱりなオチがほほえましい
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news021.jpg 「ぱっぱぁ〜」と呼ぶ猫ちゃん、パパが来ると…… とってもおしゃべりな猫ちゃんとの会話が楽しそうでかわいい!
  7. /nl/articles/2202/04/news144.jpg こんなの回避できるか! 豪州の高速道路で起きた事故映像が怖すぎる 前方のクルマから落ちたパーツがフロントガラスに激突
  8. /nl/articles/2207/13/news136.jpg 育児の大変さを1枚で表した写真に4万7000件以上の“いいね” 一目見て分かる過酷さに「とても共感しました」の声
  9. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  10. /nl/articles/2208/12/news041.jpg 「何で絵本はすぐ読み終わるのに、1000円以上するの?」と思っていたが…… 同人活動でその理由を悟った体験談に共感続々

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい