ニュース
» 2015年08月01日 11時00分 公開

日本のKAWAIIに熱狂的なファン! ドイツのロリータファッション事情海外オタク見聞録

海外にもファンがいるロリータファッション。ドイツのロリータファッションのファンや元カワイイ大使に話を聞きました。

[松岡洋,ねとらぼ]

 イスラム教徒女性の間で独特のロリータファッションが誕生していることが先ごろ話題になりました(関連記事)。日本のロリータファッションは海外にもファンがいます。今回はドイツのロリータファッション事情のお話です。

ドイツから来たロリータファッションファン

 お話をうかがったのは、ドイツから原宿を訪れたロリータファッション好きのナタリー・クィルマンさん。ナタリーさんはドイツ・フランクフルトでコスプレショップ「コスチュームシュピール」を運営しています。

画像 コスプレショップ店長のクィルマンさん。彼女のお店は、第00回ボーカロイド大会(関連記事)で日独交流会のドイツ側会場となっていました

 クィルマンさんは2006年に初来日してから数年おきに日本を訪問しており、今回は4回目の訪日。2010年にはラフォーレ原宿の初売りで福袋を山のように買い、そのときに購入したPUTOMAYO(ロリータファッションブランド)が特にお気に入りとのこと。

画像 「(前回)2010年に来た時に比べて外国人観光客がものすごく増えましたね」との印象を語っていたクィルマンさん。彼女が立ち寄る原宿や秋葉原では特に訪日観光客が多く集まるため、このような印象を持つのも無理ありません

 クィルマンさんがロリータファッションに興味をもったのは、アニメのイベントがきっかけ。ドイツでもアニメイベントなどでロリータファンの集まりがあり、コスプレショップの従業員がその集まりに参加していたことから、クィルマンさんもロリータファッションに興味を持ち、虜になったのだそうです。好きが高じて、ロリータファッションのオンラインショップも開設。原宿を訪れたのは、ショップで扱う商品を増やしたいという商談の目的もありました。

 欧州ではロリータファッションの入手ルートはまだ少ない状況。ロリータファッションの素晴らしさを伝えようと、原宿のショップなどから商品を提供してもらうよう契約交渉したいとクィルマンさんは語っていました。

ロリータファッションのカリスマが語る

 ドイツでロリータファッションがどのように浸透しているのか、元外務省文化交流使(通称カワイイ大使)の青木美沙子さんにお話をうかがいました。

画像 青木美沙子さん

 青木さんはカワイイ大使の任期終了後も個人的に海外との交流を行っており、今年もドイツ北部でのロリータファッションファンとの集いに参加しました。ドイツ国内ばかりでなく近隣の北欧諸国などからも参加があり、総勢で200人の大規模なお茶会が開催されました。

 お茶会参加者の多くは、日本のアニメで日本文化に興味を持ち、調べていくうちにお姫様のようなカワイイファッションが日本にあり、それがロリータファッションであると知って虜になったそうです。欧州でロリータファッションは少数ながら熱狂的なファンを獲得していますが、まだ入手が困難で日本からの輸入などに頼っています。このようなお茶会での同好のファンとの交流はとても貴重な機会のようです。

 青木さんはこのようなロリータファッション愛好者にとっては憧れの存在。ファンにとっては、日本を訪れた際に青木さんがよく利用するお店を訪れるという、いわば聖地巡礼が来日目的の1つとなっているそうです。そんなお店の1つ「チェリーズ」では、来店者全員が海外からの青木さんファンになる日もあると、代表の森英里加さんが話していました。

画像 青木美沙子さんとチェリーズ代表の森英里加さん

 欧州での女性ファッションは意外と保守的なため、ロリータファッションなどの若い女性向けのファッションは多くありません。イスラム教のロリータファッションのように、世界中のお嬢さんたちにとって、カワイイものは共通なんだなと実感しました。

取材協力:Cerise(チェリーズ)

松岡洋

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」