ニュース
» 2013年06月10日 11時58分 公開

初音ミクの「メルト」を人形浄瑠璃で――「世界ボーカロイド大会」リポート(1/2 ページ)

ネギを振る文楽人形、ボカロ列車、ファンによるボカロライブ……ファン主催によるイベント「世界ボーカロイド大会」は盛りだくさんな内容だった。

[松岡洋,ねとらぼ]

 6月8〜9日、ボーカロイドファンによるイベント「世界ボーカロイド大会」(ボカコン)がヤマハリゾート「つま恋」(静岡県掛川市)で開催された。ファン主催イベントの先輩格であるSF大会を模し、参加者によるさまざまな催しを行うもので、今回は準備大会として「第00回世界ボーカロイド大会」として開催された。

 東京からは公式バスツアーと貸切のボカロ列車ツアーが運行され、ねとらぼでは両ツアーおよび初日のリポートをお届けする。

公式バスツアー、ボカロ列車ツアーも
列車のヘッドマークに初音ミクなどのボカロキャラ
車掌コスプレのスタッフ

 ボカロ列車は天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅から掛川駅までの約1時間を「ボカロ列車」のヘッドマークをつけて運行、車内では鉄分の多いスタッフの車掌コスプレによる検札も行われた。

 途中の停車駅では偶然居合わせた利用客がボカロ列車に気付き撮影する一幕も。また停車したボカロ列車に警察官が立ち寄り、何事かと参加者は一時騒然。警察官が初音ミクコラボメガネをかけたため、ボカロ列車を見に来た初音ミクファンと判明し、発車時には手を振って見送る警察官に別れを告げた。

 会場となる「つま恋」は、かつてヤマハ主催の「ヤマハポピュラーソングコンテスト」が開催された場所であり、吉田拓郎、八神純子、小坂明子、世良公則、中島みゆきなどそうそうたるミュージシャンを生み出した地だ。またボーカロイドを生んだヤマハ関連のリゾート施設でもあるということで、世界ボーカロイド大会の開催地にふさわしいとして選ばれた。

ヤマハリゾート「つま恋」

 大会には宿泊参加が約100人、日帰り参加者が約50人参加。ニコニコ動画でも話題となったポリッドスクリーン(ビニール系素材を使ったスクリーン)やアミッドスクリーン(網戸を使ったスクリーン)によるコンサートなどが披露された。

 ぼーかりおどPによるライブでは、日大芸術学部大学院生・なヲタ氏が開発した「SYNCHLOiD」(コンピュータが人間に合わせる同期演奏システム)による初音ミクとのアドリブによる掛け合いMCもあり、SYNCHLOiDの可能性を感じさせた。

 ボーカロイドのファンイベントでは、参加者が持ち寄ったフィギュアなどを飾る「祭壇」が恒例となっており、ボカコンでは8段のひな壇が用意されたものの、瞬く間にひな壇からあふれ出るほどの祭壇が姿を表した。

ヤマハのルータもみっくみく

 さらに参加者によるさまざまな展示も行われており、VOCALOIDのイベントカレンダーサービス「VOCALENDAR」、没入感を体感できるVR(バーチャルリアリティ)ゴーグル「Oculus」でミクに会える展示が見られた。「踊ってみた」ではミクコスプレイヤーによる早朝モーニングコールも行われた。

VOCALENDAR
VRゴーグルでミクさんに会える
早朝モーニングコール

 Oculusはモーションセンサーが組み込まれ、見る位置や姿勢がリアルタイムで立体映像に反映されるため、腰掛けている初音ミクをさまざまな位置や姿勢から眺めることができ、初音ミクの膝枕という素晴らしい体験も可能だそうだ(なにそれうらやましい)。

ミクさんの膝枕を体験中のなオタ氏に人形を触らせて、ゴーグル内のミクさんに触ってる感覚を錯覚させる実験中(画像提供:@NezMozzさん)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  4. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  5. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  6. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  9. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙