ニュース
» 2015年08月06日 07時00分 公開

目指せ「大業物(おおわざもの)級」!! 刀に込められた技芸や物語の知識が試される第1回「刀剣検定」実施

世界へ向けて日本刀の良さをアピールできる伝道師に。

[ねとらぼ]

 第1回「刀剣検定」が12月13日、岡山・東京・大阪の3都市で開催されます。


画像 「刀剣検定」公式サイトより。略して「とうけん」?

 刀剣検定では、一本一本の刀に込められた技芸や物語についての知識が問われます。第1回となる今回は、現代の刀匠による全国組織である全日本刀匠会の監修のもと、初級者向けの業物(わざもの)級、中上級者向けの大業物(おおわざもの)級の2階級を開催。

 業物級では「名物三日月宗近」のように一般に名刀と呼ばれる刀や製法のおおまかな流れ、刀剣の部位に関する一般的な知識などについての問題を、大業物級ではさらに多くの刀や、より専門的な部位、製法についての問題が出題されます。

 各級の練習問題は、刀剣検定公式サイトで公開中。なお、どちらの級も公式テキスト「日本刀〜天下名刀の物語〜」(三栄書房より9月2日発売予定)の内容を中心に出題されるそうです。


画像 業物級の練習問題はこんな感じ

画像 大業物級の練習問題。しっかりとした知識が問われます

 日本古来より、単なる武器としてではなく、神聖なもの・芸術品・そして宝物として扱われてきた日本刀。本検定を通して日本固有の「刀剣」という文化に親しみをもってもらうとともに、そこに根付く精神性・哲学を学びとることで、世界に日本刀の良さを発信する伝道師を育成できれば、という狙いがあるとのこと。

 日本刀についてしっかり勉強してみたい! 一過性のブームで終わらせない! という鋼のような意志のある方は検定で腕試しをしてみてはいかがでしょうか。受験の申し込みは公式サイトから行うことができ、締切は11月12日までとなっています。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた