ニュース
» 2015年08月13日 12時18分 公開

舞台「死刑執行中脱獄進行中」キービジュアル公開 重なる森山未來で永遠の恐怖や荒木飛呂彦ワールドを表現

構成では荒木さんのほかの短編「ドルチ」の要素も織り交ぜるとのこと。

[ねとらぼ]

 森山未來さん主演での舞台化が5月に発表された、マンガ家・荒木飛呂彦さんの短編「死刑執行中脱獄進行中」(関連記事)。このたび公演のキービジュアルとともに、作品概要やスタッフ、日程や会場など詳細が公開されました。

画像 舞台「死刑執行中脱獄進行中」キービジュアル

 「死刑執行中脱獄進行中」は1995年に「スーパージャンプ」に掲載され、1999年発売の同タイトルの短編集に収録された読み切り作品。今回の舞台は荒木さんの許諾を得た上で、「死刑宣告を受けた男が監獄からの逃避行を試みるサスペンス」というプロットを下敷きに、同じ短編集の収録作「ドルチ 〜ダイ・ハード・ザ・キャット〜」の要素を織り交ぜた構成となります。構成・演出・振付は劇団「冨士山アネット」の長谷川寧さんです。

画像 原作:「死刑執行中脱獄進行中」荒木飛呂彦(集英社文庫<コミック版>刊)(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS

 キービジュアルは、森山さんの複数の写真が合わせ鏡のように奥へと重なり続いていく奇妙なデザイン。作成にあたっては、長谷川さんが舞台の衣装プランナーやフライヤー制作チームと「死刑と脱獄、繰り返される現象と感情の描写」といったイメージで話し合い、永遠に続くかのような恐怖を、ビジュアルの繰り返しと奥行きで表現したとのこと。配色やバランスも荒木飛呂彦作品の世界観を意識したそうです。森山さん本人も、肉体のつながり方などビジュアルの加工についてアイデアを出しました。

 日程は11月20日〜29日に「天王洲 銀河劇場」(東京都品川区)で公演した後、12月に仙台・広島・札幌・富山・大阪を周る全国ツアーを実施。チケットは8月12日よりぴあで、13日より劇場で抽選先行販売を行い、9月12日より一般販売がスタート。荒木さんも「作品が舞台化されるのは初めてなので、予測できない期待感と楽しみがあります」とコメントを寄せています。

森山未來コメント

画像 森山未來さん

 荒木飛呂彦さんの持つ唯一無二の様式美を、身体、テキスト、音楽、照明、映像、衣装など、現代の舞台芸術が持ち得るかぎりの要素を総動員して、演出家、ダンサーをはじめとする素敵なクリエイター達と有機的に具現化していくつもりです。この舞台が演劇なのか、ダンスパフォーマンスなのか、ジャンルレスなインスタレーションなのか。それは観劇後のあなたの選択にお委ねします。

長谷川寧コメント

画像 長谷川寧さん

 “荒木飛呂彦”と言えば、私達世代はリアルタイムで[ジョジョの奇妙な冒険]と隣り合わせで生きていたと言っても過言ではない。其処から派生し、過去作品を読むに付け、徹底して描かれている「賢明さ至上主義」ともいうべき思想に惹かれていた。

 そんな中今回、作品を上演させて頂く機会を得た。だが荒木飛呂彦作品を舞台化するにはある種の超越が必須。この作品を舞台化するに辺り、どうすれば良いか。

 まず原作の短編集の中の表題[死刑執行中脱獄進行中]に於ける、主人公が監獄の中で処刑されて行くというミニマルな状況、このサスペンスに焦点を当て箱庭的な世界を多角的に表現したい、と考えた。舞台化に於いてはある種、突出したアナログさやある種のプリミティブさを身体の中に取入れて行く事が必要だ。そこで初めて荒木作品に於けるあの感覚・身体性を宿せる、と考えている。

 更にその上で、この短編集が持つ極限状況をより凝縮する為、本作の短編[ドルチ 〜ダイ・ハード・ザ・キャット〜]を織込んだ。この2つの世界観を敢えて織込む事で、この短編集の持つ世界観の足掛かりとした。

 荒木飛呂彦作品では、“人間讃歌”をテーマに登場人物達はいずれも生に執着を持つ。その生きる力を媒介に、この作品を強靭な身体を用いて立上げたいと考えている。

 そして“男”を演じて貰うにあたり、森山未來に話をした。彼は今映像でも活躍している俳優の中でも、身体能力・表現共に群を抜いた俳優の一人だと思う。彼ならば一見突飛の無いこの舞台化作品に肉体を持ってリアリティを付加出来ると考えている。

 パフォーマー、そして多彩なクリエイター陣と共に、私達にしか出来ない現在の表現として作品に昇華させていければと考えています。周囲の環境を捻じ曲げ、時空をも歪め、その超越に手を伸ばす。そんな作品です。願わくばこれを持って国内外何処にでも、世界で戦える作品づくりを目指しています。

公演概要

原作

荒木飛呂彦/短編集「死刑執行中脱獄進行中」(集英社)

スタッフ

構成・演出・振付:長谷川寧(冨士山アネット)

共同振付:森山未來

音楽監督:蔡 忠浩(bonobos)

衣裳:山本亜須香(FUGAHUM)

美術:杉山 至

照明:奥田賢太(colore)

音響:天野高志

演出助手:河内 崇、矢本翼子

振付助手:高谷 楓、傳川光留

舞台監督:谷澤拓巳、高橋大輔

宣伝アートディレクション:三嶋章義

宣伝写真:生井秀樹

宣伝美術:太田 創

出演

森山未來、いいむろなおき、江戸川萬時、大宮大奨、笹本龍史、宮河愛一郎、森川弘和、and more

演奏

蔡 忠浩、吉田省念、田中佑司

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響