ニュース
» 2015年08月17日 18時14分 公開

“デザイン盗用被害”の米デザイナー、自主的に制作した東京オリンピックのエンブレムを公開 ネット上ではいまいち評判が良くないもよう

アイデアなどを評価する声も少なくないのですが……。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 佐野研二郎氏のデザイン事務所「MR_DESIGN」が手掛けたトートバッグが、自身のデザインの盗用であると主張するベン・ザラコー氏が、自主的に制作した2020年東京オリンピックのエンブレムをFacebook上に公開しました(関連記事)。

 「佐野氏への挑戦」として制作されたものなのですが、ネット上では「佐野氏のデザインより若干マシ」「いまいちだった」という声もあり、評判はあまり良くないようです。


画像 ベン・ザラコー氏による2020年の東京オリンピックのエンブレム

 ベン・ザラコー氏は、米国東部標準時刻16日午前6時ごろ、Facebook上で「オリンピックの誠実、公正、競争の精神において」「佐野氏に挑戦する」として、2020年東京オリンピックの新しいエンブレムを自主的に制作していることを発表。その日の午後11時半(日本時間17日午後1時半)ごろ、日の丸と大きな波をあしらったエンブレムを公開しました。やや右側に書かれた日の丸は太陽や日本人のスピリットを意味しており、アルファベットの「T」のような形をした波と組み合わせるとオリンピックの聖火トーチを表すなど、シンプルなデザインながら複雑な意味があります。

 同氏はFacebook上でこのエンブレムに対する質問に答えています。大きな波は葛飾北斎の有名な浮世絵「神奈川沖浪裏」に影響を受けてはいるものの、トレースはしていないとのこと。また、大きな波は日の丸の下に描かれており、東日本大震災の津波ではなく、日本には大きな波さえも征服する力があるということを意味しているとも。

 このエンブレムのデザインに対してネット上では「カッコいい〜!!」「デザインが細かい」など評価する声もあるものの、佐野氏のデザインと比べて「いい勝負」「どっちもダサい」と否定的な意見もあり、評判はいまいち良くないようです。






画像 佐野氏、ザラコー氏のデザイン比較画像。あなたはどちらがお好み?

 なお、ベン・ザラコー氏のデザインしたオリンピックのエンブレムはまだ完成形ではなく、ここから改良を行うつもりだとしています。


マッハ・キショ松


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響