ニュース
» 2015年09月20日 16時00分 公開

きっかけはTwitterの仕様変更 浮世絵をGIFアニメーションにした作品が世界で話題

見たことある浮世絵が、なんか変な動きをしているぞ!

[隈崎大樹/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 浮世絵といえば、江戸時代に当時の風俗を描いた風俗画である。東洲斎写楽の「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」や葛飾北斎の「富嶽三十六景・神奈川沖浪裏」などの有名な作品は、どこかで一度は見かけたことはあるだろう。その浮世絵を題材にしたGIFアニメーションが日本のみならず世界で話題となっている。そこで、作成者の映像クリエイター・瀬川三十七(せがわさんじゅうしち)氏から作品についてお話をうかがった。

動画が取得できませんでした

 瀬川氏は映像製作を中心に活動をしているクリエイター、実写の映像が中心でアニメーションは専門外だという。しかし、浮世絵アニメーションができたキッカケは、ある実写映像の仕事であった。

「2年前に舞台の仕事でアニメーションを舞台の背景に流すことになったんです。その時に作成したものが浮世絵でした。その仕事が終わると作成したアニメーションはパソコンのなかに保存しておいたのです」(瀬川氏)

 そのまま月日は流れ2015年、Twitterの“仕様”が変わったことで、眠っていた浮世絵が世界に拡散されることになる。

「つい3カ月前ほどでしょうか、ツイッターで貼った動画が、その画面をクリック(タップ)しなくても自動再生されるようになったんです。その時に『あっ、だったら昔作った浮世絵のアニメーションを投稿すれば、たくさんの人がみてくれるのでは……』と直感的に思い、手直ししてアップしてみたんです。そうしたら、瞬く間にリツイート数が5000以上に。想像以上の反響にびっくりしましたね。今までこんなことはなったのに(笑)」(瀬川氏)

 と、思いつきでリメイクした浮世絵アニメーションの人気に、ビックリの瀬川氏。

 とうとう日本のメディアから取材の連絡が入り、さらにそれは海外にまでわたった。はじめての海外取材はイギリスのあるメディアからだったという。

「浮世絵アニメーション作品の一つ、葛飾北斎の富嶽三十六景・神奈川沖浪裏を題材にした『翻弄』についてコメントがほしいとの内容でした。他にもいくつか海外から取材を受けましたが、外国の方はこの作品について必ず質問をしてきますよ。やはり海外では富士山を題材にしたこの浮世絵が有名なのでしょう」(瀬川氏)

 しかし、日本ではそういったポピュラーな作品が動くことよりも、想像のつかないものが登場する作品の方に反響があるという。

「富嶽三十六景・東海道吉田を見ていた時『あっ、この空いているスペースに新幹線を走らせたらおもしろいかも!』、こう思ったんです。実際にアップしてみたら、皆さんのウケが非常に良かったのでそれをキッカケに“おもしろ作品”も意識して作成しはじめました。浮世絵を見慣れている日本人の方は、絵のなかにまったく作品と関係ない“異物”の登場に楽しさを感じたのでしょう」(瀬川氏)

 日本と海外では作製意図の方向性によっての好みが分かれるようだ。

動画が取得できませんでした

画像画像 後ろに新幹線が走っている……

 今後、どのような作品を展開していくのかたずねたところ、今までのテイストと違ったものを作っていくと説明してくれた。

「今までは『風景』や『物体』にフィーチャーをしてきました。これからは、人の表情など人物に焦点を当てた作品を作っていきたいですね」(瀬川氏)

 実はすでに東洲斎写楽「三世大谷鬼次の奴江戸兵衛」を題材にした作品が、Twitterで公開されている。写楽が描いた役者の顔芸が、テレビのコントなどでおなじみのアノ道具によってさらにパワーアップした顔芸へと変貌を遂げる内容となっているので、ぜひチェックしてほしい。

動画が取得できませんでした

画像画像 あっ、上から何か落ちてきた!

 「動く浮世絵」は日本に古くからある伝統文化を、このような形で発表することで、オリジナルとは異なる感性で作品を楽しめるのが特徴だ。動画になるからこそ、絵のなかに登場する自然や人物のディテールが強調され、静止画とは違った面白さが発見できる。日本の伝統文化と現代の技術をコラボする作品がこの他にも生まれてくれば、新たな発見や楽しさをさらに見つけることができるはずだ。

(隈崎大樹/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/26/news054.jpg YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  2. /nl/articles/2206/26/news037.jpg 捨てられていた茶トラの子猫を保護、5年がたち…… 美しく幸せいっぱいに成長したビフォーアフターに祝福の声
  3. /nl/articles/2206/25/news079.jpg 「違法薬物が隠れている段ボールはどれ?」 税関が出題したクイズが難問 「常人には分かんねえよ」「難しすぎ」
  4. /nl/articles/2206/26/news058.jpg 「急に目が痛くなりすぎて開かなくなって」 川崎希、“やばい”と感じ旅行先の沖縄で病院へ
  5. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  6. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  7. /nl/articles/2206/26/news010.jpg 大好きなおじいちゃんと留守番をするシェパード、良い子にしてたけど…… 飼い主帰宅ではしゃぐ姿に「やっぱりさみしかったんだね」
  8. /nl/articles/2206/25/news064.jpg この画像の中に「ネズミ」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  9. /nl/articles/2206/22/news102.jpg 留守番中の愛猫を見たら……おっさんみたいにくつろいでた 振り返る姿に「貫禄がw」「可愛すぎてしんどい」の声
  10. /nl/articles/2206/24/news185.jpg 「Steamサマーセール2022」が到来 おすすめの激安PCゲーム紹介でTwitterが大にぎわい

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」