ニュース
» 2015年10月22日 09時00分 公開

アニメ・漫画ファン集う独フランクフルト・ブックフェア 書籍見本市でコスプレ・コンテスト開催の理由とは?

500年以上の歴史を有し、世界最大といわれる書籍見本市独フランクフルト・ブックフェア。そこにはアニメ・漫画ファンも集まり、コスプレコンテストも行われます。

[Kataho,ねとらぼ]

 ドイツのフランクフルトで10月14日から18日まで、世界最大といわれる書籍見本市フランクフルト・ブックフェアが開催されました。世界100カ国以上から出版社が参加し、今年も27万人を超える来場者が訪れました。

フランクフルト・ブックフェア 児童文学エリア。翻訳漫画出版大手カールゼン社のブース付近
ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト コスプレ・コンテスト「ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト」のファイナリスト一同

 世界中の本と出会える場所、そこがフランクフルト・ブックフェアなのですが、今回は別の側面を紹介してみたいと思います。実はアニメ・漫画ファンが集まる場所としてファンの間では非常に注目されるイベントでもあるのです。特にドイツ国内の年間コスプレ・チャンピオンを決定する「ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト(DCM)」の決勝大会はドイツのコスプレイヤーにとって大きな関心事で、ドイツ最大のアニメコンベンション「コンニチ」(関連記事)で実施される世界コスプレサミットのドイツ代表選考会と人気を二分するほどです。

ドイツの漫画ファンが訪れるのはどのエリア?

 漫画ファンの人気が高いのは、まずはコミックなど児童文学のエリアです。日本の漫画のドイツ語版を手掛けるカールゼンやエグモントといった大手出版社がブースを出します。土曜日、日曜日の一般来場者デー(水曜日から金曜日まではビジネスデー)には、展示されている漫画の最新刊が購入できる場として人気があります。

 エグモントの関係者によると、同社では毎月15〜20タイトルの新刊を発売。デジタルコンテンツへの需要が伸びており、コンテンツの拡充が急務となっているそうです。

フランクフルト・ブックフェア エグモントのBL系新刊の展示コーナー。熱心なファンが作品を吟味していた
フランクフルト・ブックフェア エグモントではデジタルコンテンツのデモ機を展示。なかにはドイツ語版の漫画も

 アジア各国の出版社が出展するエリアも、ファンにとっては人気の場所です。日本の出版社が出展しており、人気漫画の最新刊に触れられる貴重な場となっています。

 海外で日本の漫画が人気とよく言われますが、漫画以外ではどのような日本の本が注目されているのでしょうか。国際交流基金と共同出展していた一般社団法人出版文化国際交流会のブースで質問してみました。

 漫画以外では、空手や合気道といった武道、生け花や折り紙、料理など、日本の伝統文化を紹介する写真を多用した本が注目されていて、アニメファンとは異なり年配の方が比較的多いそうです。また、日本語教材や児童書のニーズもコンスタントにあるようです。

フランクフルト・ブックフェア 一般社団法人出版文化国際交流会のブース
フランクフルト・ブックフェア 小学館のブース

 ドイツでも大人気の「名探偵コナン」。小学館のブースによると、ドイツ語版を発売するエグモントと今夏より連載開始20周年を記念したイベントを展開中とのこと。ドイツ語版のオリジナル企画として人気キャラクターのひとり「工藤新一」の登場回を集めた「シンイチ・コレクション」を製作したそうです。また、来年以降「妖怪ウォッチ」が本格的に海外進出を果たす(関連記事)ことから、同社もメディアミックスの一翼を担い、キッズ層を新たに取り込みたいと意気込みを語ってくれました。

フランクフルト・ブックフェア AmazonのブースではKindleやダイレクト出版を紹介
フランクフルト・ブックフェア ボードゲーム「カタン」の発売元でもある出版社のKosmos。日本人作によるアナログゲーム「街コロ」は今年ベスト3に選ばれた)
フランクフルト・ブックフェア コスプレエリアに初出展したスイスのミシンメーカーelna。複雑な生地にはそれに合ったよい道具が必要とのこと。コスプレイヤーを新たな顧客に取り込みたいのだそうだ

「ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト(DCM)」とは?

 DCMは今年で9回目を迎える、ドイツのコスプレイヤー年間チャンピオンを決定するコンテストです。今年は、ミュンヘン、デュッセルドルフ、フランクフルトなど6カ所のイベントで1年をかけて地方予選が行われ、そこで選ばれた入賞者がフランクフルトの決勝大会にファイナリストとして進むことができます。地方大会は、10万人以上のユーザー数を持つドイツ語圏最大のアニメ漫画ファンポータルAnimexx(アニメックス)が主催し、フランクフルト・ブックフェアが決勝大会を担当します。

ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト アニメックスの代表理事を務めるサンドラ・シェーペさん。オンラインポータルの運営以外にも、各地のオフ会やアニメコンベンションを実施する。ドイツ最大のアニメコンベンション「コンニチ」もアニメックスが実施するイベントのひとつ。理事5人は有料会員1000人による選挙で選出される。任期は2年)
ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト 「ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト」の会場は満員
ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト
ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト
ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト
ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト ファイナリストたちのパフォーマンス
ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト 「ゼルダの伝説」のキャラクター「スタルキッド」で優勝したニコルさん。)

コスプレ・コンテスト開催の経緯とそこに込められた思いとは?

 DCMの主催者の1人でフランクフルト・ブックフェアでの決勝大会を担当するヴォルフガング・シュトリッツさんに話を聞くことができました。

ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト フランクフルト・ブックフェアで決勝大会を担当するヴォルフガング・シュトリッツさん

 「ブックフェアは本を紹介するところ。コミックも本ですよね。そして、日本のコミックである漫画もやはり本なわけです。2002年ごろにコミックエリアで漫画を特集しようということになりました。どうせなら、関連する日本文化も合わせて取り上げよう。そういった流れでコスプレ・コンテストの企画が立ち上がりました。

 決勝大会に参加するファイナリストは、期間中はユースホステルで寝起きをともにします。準備期間中から共同で取り組む課題が与えられます。ライバル同士ではなく、ひとつのグループとしてお互いの理解を深めることを大事にしています。主催者としては、ファイナリストたちにとって参加自体がいい思い出になればと思っています。

 また、ブックフェアのような一般の人の目に触れるような場を通して、コスプレを知ってもらうことが大切なのではないかと考えています。私は現在61歳で、ロック音楽のファンシーンと重ねて見ているところがあります。長髪スタイルなどで世間からよく思われず、認知されるまでに時間が掛かりました。コスプレにはそうなって欲しくないのです。

 ただし、コスプレをメインストリームにしたいというわけではありません。むしろアングラ文化のままでいいと思います。裁縫やメイクといったクリエイティブな作業がこのまま続いて欲しいわけです。メインストリームになると、そういった部分が損なわれるような気がします」

ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト 敷地内ではホールの中も外もコスプレなどを楽しむファンで盛り上がっています
ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト
ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト
ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト
ドイツ・コスプレ・マイスターシャフト

 今回はブックフェアで開催されるコスプレ・コンテストを紹介してみました。取材を通して、小説の読者も漫画の読者も本が好きという共通点では同じなわけで、分け隔てなく取り上げるという考え方、さらにコスプレ文化を温かく見守るような視点の存在を知ることができました。このような「大人」の良き理解者がいる限りドイツのアニメ・漫画ファン文化は一過性の流行に終わらずに着実に根を下ろしていく、そんな印象を受けました。

著者紹介

Kataho:ドイツ、フランクフルト在住のアニメ・ボカロ好き。日本文化を通じたドイツと日本の交流に興味があり、ドイツ各地の日本イベントに参加(Twitter:@sakaikataho


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」