ニュース
» 2015年10月28日 17時40分 公開

正体不明の物体が13日にも地球に落下の可能性 人工衛星やスペースシャトルの破片「宇宙ゴミ」か

大気圏でほとんど燃え尽きるため、大きな災害は起こらないとのこと。

[高城歩,ねとらぼ]

 人工衛星やスペースシャトルの破片とみられる正体不明の物体が、来月13日に地球へ落下する見込みであることが、欧州宇宙機関(ESA)による発表で明らかとなりました。


画像 欧州宇宙機関(ESA)による発表

 最大でも直径2メートルの「WT1190F」と名付けられた物体は、来月13日に地球へ最接近。その大きさから大気圏で燃え尽きる可能性が高いそうです。なお、燃え尽きず破片が残った場合はスリランカの南端から100キロほど離れたインド洋に落下すると推測されており、地球への衝突・落下時に甚大な災害は起こらないとしています。

 また、大気圏に突入する際には物体が昼間の空に光り輝き、一種の天体ショーのような光景を見ることができるそうです。


画像 地球に衝突の恐れがある小惑星や彗星を検出するイメージ(ESAより)

 元々「WT1190F」は地球の衛星軌道を周回。地球に衝突の恐れがある小惑星や彗星を探索する観測プロジェクト「Catalina Sky Survey(カタリナ・スカイ・サーヴェイ)」により、その存在が確認されていました。当初は小惑星の可能性も示唆されていましたが、現在「WT1190F」はほぼ人工物であることが科学者たちの共通見解となっています。

 ESAは今回の落下に対して、地球上を覆う宇宙にただようゴミ「スペースデブリ」や小惑星が大気圏に入った時何が起きるのかを観察し、そして将来的に同じようなことが起こった際の対応策をテストする機会にしたいとコメントしています。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」