ニュース
» 2015年11月04日 11時56分 公開

「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」 ここぞとばかりに埼玉県を否定しまくる伝説の漫画「翔んで埼玉」が復刊

そして茨城も巻き込まれる。

[高城歩,ねとらぼ]

 埼玉県をここぞとばかりに否定しまくる魔夜峰央先生の迷作(?)漫画「翔んで埼玉」が宝島社より復刊します。埼玉県民の皆さんお気を確かに!


画像 「翔んで埼玉」より(Amazon.jp)。ビクッ

 「パタリロ」でおなじみの魔夜峰央先生が埼玉在住だった1980年代ごろに執筆したという自虐ギャクテイストの当作品。舞台は埼玉県民が徹底的に迫害される都市、東京。都内の名門校に転校してきた容姿端麗でスポーツ万能の秀才である主人公(美少年)ですが、実は埼玉県の所沢生まれだった……。

 「埼玉県民にはそこらへんの草を食わせておけ!」「生まれも育ちも埼玉だなんて おお、おぞましい」「埼玉から東京に行くには通行手形がいる」「一生に一度は三越に行くのが埼玉県民の夢」「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」「いたぞ、あいつだ! 埼玉狩りだー!」など、怒濤(どとう)の埼玉ディスが繰り広げられます。


画像 彼女のなにが埼玉をそこまで言わせるのか……

 その上、さりげなく「茨城!? 茨城というと埼玉のさらに奥地にあるといわれるあの日本の僻地!?」と茨城も巻きまれ事故に。あの圏内に一体なんのうらみが……。埼玉に住んでいた頃の魔夜峰央先生の実体験、一体なにがあったんですか……。

 しかしながら、これらのセリフが魔夜峰央先生の作風で展開されるからこそ、独特の空気感と間が生まれ、「残酷」を通り越して「笑い」が完成しているのです。「あなたが埼玉県民でもいい! あなたについて行きたい!」「所沢へ?」「ビクッ」の流れがやっぱり秀逸すぎる。ヒドイ。読みたい。


画像 茨城!!

 ちなみに、この作品は11月2日に放送された日本テレビ系のバラエティ番組「月曜から夜ふかし」でも取り上げられ、SNSを中心に一躍話題となりました。

 「このマンガがすごい! Comics 翔んで埼玉」は12月7日に新装版が復刊予定。現在Amazon.jpにて予約受付中です。

 学研の漫画「埼玉県のひみつ」など、なにかといじられることの多い埼玉県。こうして存在感を増していき、日本人の心に「埼玉」のイメージが刻み込まれていくのかもしれません。このイジラレっぷり。愛されてる。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」