ニュース
» 2015年03月23日 14時04分 公開

なにこの良作 「埼玉県のひみつ」が学習まんがとは思えないアツい友情ストーリーだと話題に

「埼玉県ってなに!? そんなところ知らない!」などの自虐ネタも見どころです。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 埼玉県の魅力を紹介する学習まんが「埼玉県のひみつ」がおもしろいとWeb上で話題になっています。学研「まんがでよくわかるシリーズ」として発刊されたもので、自治体が題材になるのは初めて。

 ストーリーは、サッカー少年“シンジ”が、父親の仕事の都合で埼玉県に転校しなくてはいけないことを、母親から知らされるところから始まります。“シンジ”は「埼玉県ってなに!? そんなところ知らない!」「いやだ! 行かない!」と、部屋にこもってしまいます。埼玉県のことを、そんな怪しい秘境みたいに言わなくても……。


画像画像 ヒドい言われようの埼玉県(左:「埼玉県のひみつ」7ページより 右:同8ページより)

 その後は、一緒にサッカーをし続けようと“シンジ”と約束していた“ケイスケ”、クラスメートが、“シンジ”を勇気づけるために埼玉県の特産物や自然などを調べるという展開。最後の第7章「笑顔で埼玉県に行こう」では“シンジ”のお別れ会が行われ、県内に約5000基の古墳があることや、アイスや消しゴムの工場見学が人気を博していることなど、それぞれに埼玉県の魅力を発表します。

 “ケイスケ”はワールドカップの舞台にもなった「埼玉スタジアム2002」を、“シンジ”とサッカーの試合で行きたい場所だと涙ながらに紹介。それまで不機嫌だった“シンジ”も思わず心を動かされてしまいます。2人は握手を交わしながら、いつか一緒に「埼玉スタジアム2002」のグラウンドに立つことを約束。あれ、学習まんがって、こんな感動的でしたっけ……?

 埼玉県の知識だけでなく、シュールな自虐ネタや男同士のアツい友情が楽しめる読み応えのある内容で、Twitter上ではなかなか好評のようです。

 初版が発刊されたのは1月31日。郷土愛を育むことが目的で、埼玉県内の小学校や図書館などに配布されています。店頭での販売は予定していませんが、Web上で無償で全編公開しており、パソコンやスマホから読むことができます。


画像 無料で全編読めますよ!

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声