ニュース
» 2015年11月06日 19時55分 公開

ロシアで「おっぱいの大きいチェブラーシカのようだ」と話題に ミスiD 2016一般投票1位が決定

某カリスマハンバーガー店員でもあるらしい。

[大野真樹,ねとらぼ]

 講談社主催のアイドルオーディション「ミスiD(アイドル)2016」で、11月6日に発表された一般投票第1位の長澤茉里奈さんがロシア方面でも話題になっているようです。

長澤茉里奈さん 長澤茉里奈さん(画像出典:ミスiD2016

 ミスiDは「新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子を発掘し育てる」をというコンセプトの超個性派アイドルオーディションで、今回が4回目。過去最高となる約4000人の応募の中からファイナリストとなったのは61人。その中には、元HKT48のメンバーである菅本裕子さんやAV女優の乃亜さんも含まれていました。

 個性派ぞろいの候補者がひしめき合う中、11月6日に「CHEERZのCHEER数」「アー写.comの写真販売数」「YouTubeの自己PR動画再生数」の総ポイント数1位に輝いた一般投票の第1位が発表。選ばれたのは、中学生と言われても信じてしまいそうな童顔にアンバランスな肢体が魅力的な長澤茉里奈さん。その長澤さんの自己紹介PVが、なぜかロシアの人たちからも大人気のようです。

長澤さん自己紹介

 某有名ハンバーガーショップでアルバイトを続けてきた経歴も持つ長澤さん。クルーの接客コンテストで2年連続優勝したというスキルを自己PRとすべく、いかにも接客用のコスチュームで登場しますが、途中からワイシャツを脱ぎだし、水着姿に。

接客スキルの高さが光ります 接客スキルの高さが光ります
途中からバリバリとワイシャツを脱ぎ水着姿に。でも接客はそのまま 途中からバリバリとワイシャツを脱ぎ水着姿に。でも接客はそのまま

 そのまま「いらっしゃいませ、こんにちは! 当店おすすめのこちらのセットはいかがでしょうか?」とハキハキと接客する姿に心を打たれたのか、ロシア語で「奇跡!」「おっぱいの大きいチェブラーシカのようだ!」など絶賛のコメントが寄せられています。

ロシアで最も愛される人形童話、チェブラーシカ(画像出典:チェブラーシカ オフィシャルサイト

 長澤さんは自身のTwitterでも、小学生のようなランドセル姿を披露したり、水着姿を見せてくれたりと、魅力を存分にPR。そんなかいもあってか、中間発表から1位の座を1度も譲ることなく、ミスiD2016受賞をいち早く確定させました。

 一般投票に加え、審査員評価を加えたミスiD2016および個人賞の発表は、11月下旬に予定されています。

大野真樹

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ